30代からの転職エージェント活用術とおすすめの会社をまとめました

現役転職エージェントからのアドバイス

「この会社で上を目指すか、それとも新天地へ移るか・・・」30代は、多くの方がキャリアの方向について本格的に悩むタイミングです。

現役の転職エージェントとして、また私自身が30代での転職含めた2回の転職成功を約20社の転職エージェントを利用して行った経験から、『30代で転職エージェント利用する際に知っておくべきこと』をご紹介していきます。
キーワードは「戦略的な転職活動」です。

30代におすすめの転職エージェント会社は、記事の終盤にまとめています。会社選びを検討されている方はこちらからご確認ください

30代からの転職エージェントの活用方法|情報収集・面接対策・キャリアパスの相談で活用

同じ転職活動でも20代と30代では、大げさに言うと天と地ほどに転職活動の難易度に違いがあります
20代であれば、一定水準以上の転職エージェント複数社(求人情報量、対応レベル)を利用するだけで問題なく、もしくは転職サイトのみの利用や企業HPへの直接応募等でも転職成功は可能です。

ただ、30代になると戦略的・計画的に転職活動を進めないと、転職成功につながりません。だからこそ、戦略を立てる上で必要な情報を多数持つ転職エージェントをいかにうまく活用できるかが転職活動の成否を分けます

主な転職エージェントの活用方法としては、

  • ①戦略的な転職活動を行うための情報収集
  • ②努力を成果につなげる面接対策
  • ③キャリアパスについての相談
の3つが考えられます。

1.戦略的な転職活動を行うための情報収集

転職エージェントには非公開求人が豊富に存在しているので(大手の転職エージェントで非公開求人:公開求人の件数比率は9:1程度)、幾つかの転職エージェントに登録し、面談を経て情報収集をされることをお勧めします。
ネット上や転職サイトに公開されている情報は氷山の一角に過ぎません。

なお、30代の方は現職が多忙なため、転職エージェントにメール等のみで希望を伝えて「良い情報があれば出してください」という待ちの姿勢の方もいらっしゃいますが、それでは転職エージェント側が本気にならないので、良い情報を得ることは難しいでしょう。
「情報を取りに行く」という攻めのスタンスが必要
です。

また、自分はどういった求人に応募が可能で、年収はどのくらい見込めて、といったご自身の転職市場の市場価値を冷静に分析する作業も必要です。

20代で応募可能な求人が100だとすると、30代前半で60~70、30代半ばで40~50、30代後半で20~30程度まで減少し、かつ企業が求める水準も即戦力ということで選考ハードルが高くなります。

そういった現状・状況を理解した上で、「自分はどのあたりの企業(マーケット)をめがけ、何社くらい応募して、どのくらいの期間をかければいいのか」という、営業活動や業務を進めるのと同じように転職活動の戦略を立てる必要があります。

そこで多くの転職希望者を支援している転職エージェントの客観的なアドバイスが役立ちます。

2.努力を成果につなげる面接対策

現職の業務では自信を持って働かれている方も、いざ面接となると「何を自己PRしたら良いのだろう」となるのは自然です。

むしろ「現職で10名の部下を指導していた方」「社内の研修講師を担当」など、話すことに自信がある方ほど、ご自身の面接になると話せない(他人にアドバイスすることが多くなっているため)ことがあります。

そういった時に、転職エージェントに面接の対策依頼をすることが、非常に重要になります。実際には、企業側の面接官の役職から話す内容や質問する内容を変化させる、自分の主張が偏っていないか客観視してもらう、募集背景の詳細から求めている人物像を分析する、等をやってもらいます。

30代の転職では、20代のようにポテンシャル採用を狙って多数応募し、どこかに採用されたらいいというスタンスでは戦えず、1社1社に入魂して面接にいかないと返り討ちにあいます。

多忙な時間の合間を縫い、数時間かけ事前準備して面接に行くことを考えると、事前の面接対策をこれでもかというほど準備されることは、結果的に合理的な選択になります。

3.未来のキャリアパスについての相談

皆さんが、現職の社内で同僚や先輩から入手できるキャリアパス情報は、あくまで社内限定の情報です。また、学生時代の知人友人から得られる情報も同様であり、最もキャリア相談で避けたい相談相手は親世代です。時代背景が違いすぎるので参考になりません。

また出版されている転職関係の本は、転職エージェントやリアルな転職市場の内実は描けない(角がとれた一般的な内容)ため、あまり参考になりません。

その他、非常に素晴らしいキャリアを持つビジネスパーソンが、雑誌やwebメディア、ブログ等で情報発信されていますが、それはあくまで「稀有な経歴・実績を持つ方」から見たキャリアパスで、これまた参考にするのは危険です。

そうなると、多くの方にとって現実的なキャリアパスについて相談するのは、転職エージェントが最も妥当な存在となります。
転職エージェントは、皆さんと近しい経歴や価値観の方の転職支援を数多く経験しており、どのような転職の選択肢があるか、実例をもって提案できます

また、例えば35歳の方が転職してその仕事を5年継続して40歳になった時に、どういった選択肢があるのか、具体的な会社・求人の事例をもって、未来の皆さんのキャリアパスを提示することもできます。

転職支援の専門家として、幅広い視点から現実的かつ客観的に、転職やキャリアパスに関する情報を提供できるのは、転職エージェントしかいないため、まずは相談をしてみることに価値があります

(もちろん、特定の転職エージェントの言うことが正解ではないでしょうし、変化の激しい環境下で世の中から必要とされる業界・業種・職種も大きく変わるため、一つの有力な参考情報としてご活用ください)

ここがポイント
  • ・30代では戦略的・計画的に転職活動を進めないと内定につながらない
  • ・情報を持つ転職エージェントをうまく活用できるかが転職活動の成否を分ける
  • ・主な転職エージェントの活用方法は①情報収集 ②面接対策依頼 ③現実的なキャリア相談の3点

30代の転職成功の事例|監査法人 会計士から最大手ネット企業の経理財務

30代での転職成功事例

30代になると経験が最優先されるので基本的には同業種、同職種の転職が多いです。

非常に良い転職をされた方の例では、監査法人で会計士の方が、最大手ネット企業の経理財務に転職成功された事例があります。
これは会計士の仕事だけではなく、監査法人から事業会社に数年出向して経理経験があったためで、その経験を30代前半に積めたことがカギでした。

また、数名規模のコンサルティング会社を渡り歩き、案件規模は小さいながら飲食店やホテルなどの事業再生をメインで手がけてきた方は、大手ガス会社の新規事業立ち上げポジションや大手コンサルティング会社に経験を買われて多数内定を獲得されました。

経験と実績を20代から積んでおけば、新卒のときには手が届かなかった会社に入ることも可能です。

30代で異業種への転職は、業界や職種の共通点があれば可能

30代で異業種に転職

30代での異業種への転職は「可能」です。

しかしながら、それは全ての方にとって可能かというとそうではありません。例えば、「営業として、商社(自動車部品)からメーカー(自動車部品)へ」や、「経理として、不動産(不動産仲介)から教育(学習塾)へ」等のように、業界(例:自動車)や職種(例:経理)としての専門性・共通点がないと、難しいです。

30代で異業種へ転職成功されるパターンとしては、大きく3つに分類されます。

  • 1.業界経験を活かす
  • 2.職種経験を活かす
  • 3.成長業種や求人ニーズが高い業種へ移る

以下でそれぞれの具体的なパターンを見ていきますが、ご自身がどのパターンに該当するか、どのパターンで転職活動を進めることが出来そうかを検討して転職活動に臨んでいただくと転職成功に近づきます。

1.業界経験を活かす

「営業として、商社(自動車部品)からメーカー(自動車部品)へ」がこのパターンにです。

おおよその相手側が考えていることや動き方を理解できている部分を評価されます。この例では、「自動車(部品)業界」という共通点があり、5W1Hの観点で整理すると理解が進みます。

つまり、「誰に、何を、どのように」営業するかにおいて、最も重要な商品・サービスである「何が=自動車部品」をしっかり理解しており、また「誰に(営業先)」と「どのように(営業方法)」においても立場が逆になる違いはあるものの、十分な理解があります。

2.職種経験を活かす

「経理として、不動産(不動産仲介)から教育(学習塾)へ」が、職種経験を活かした転職のパターンです。

不動産と教育という業種は異なれど、経理という専門的な職種における仕事内容における共通点があり、そこを企業側から評価されます

このパターンは、経理・財務や人事、法務等の管理部門系で専門性が高いキャリアをお持ちの方に該当する傾向が強くあります。

3.成長業種や求人ニーズが高い業種へ移る

医療・介護に属する業種は求人ニーズが高く、人手不足の状態にあります。そういった業種に対しては、20代に限らず30代でも業種未経験で募集するケースがあります。

具体的には、例えば製薬メーカーへMR(正社員)を派遣するCSO(コントラクト・セールス・オーガニゼーション)においては、30代でも異業種の営業経験のみで転職が可能です。

3つの成功パターンを紹介しましたが、逆に言うと、これらのパターンから外れてしまうと、異業種への転職は厳しくなります

実際に相当数いらっしゃる方のパターンとして、「20代で成功体験を積んだから、異業種でも自分が求められるはず」という方の場合、20代であればポテンシャルを評価されて可能性はあるものの、30代になると厳しくなります。

ここがポイント
  • ・30代での異業種転職は業界や職種の専門性・共通点がないと難しい
  • ・異業種へ転職成功している人は①業界経験を活かす ②職種経験を活かす ③成長業種や求人ニーズが高い業種へ移るの3つのパターンが多い

30代女性の転職|結婚・出産を経た女性は採用されにくい

30代女性の転職

女性の就業が増加する中(※)、女性特有のライフステージの変化に伴い、30代で転職を考える女性が増えていますが、出産・結婚を経た女性は採用されにくいです。

筆者のところにも、毎月数名の方が「結婚したので、残業ゼロの職場を探したい」や、「育児休暇中に何とか次の転職先を探そう」と転職相談に来られます。

現場でお会いする30代女性の方の希望としては「年収や福利厚生、会社の規模等はこれまでと同じくらいの水準を維持し、かつ残業なしや時短勤務が可能で、女性の働き方に理解がある職場」となります。

しかし、この条件だと応募できる求人がほとんどありません。条件が合致しない状態で無理やり企業に応募しても、ほぼお見送りとなってしまいます。
仮に彼女たちが旧帝大クラスの一流大学を卒業し、大手企業に在籍していても同様です。

企業側として採用しにくい理由が2つあります。①労働時間の制限がある ②今後の出産・育児を含めて長期就業できるかわからない、というものです。
女性の方は不条理と感じられると思いますが、女性活躍を声高に謳う一流企業でもこれが実態です。

ただ、転職という会社を変えてゼロリセットする局面において、現時点では30代女性で結婚・出産を経た転職は容易ではなく、現職の方が恵まれた環境(長年勤続したことによる社内での信頼があり、育児しながらの働き方が理解される)であるケースが多いため、転職よりも現職に残ることをお勧めしています

今後、10年・20年と時間はかかると思いますが、徐々に女性がどのようなライフステージにおいても働きやすい環境へ変わっていくとは思います。
また、現在在籍する企業内であれば、女性ならではの視点や育児中の女性だからこそ独自の活躍ができる部署を設ける企業も出てきてはいます。

(※ 共働き世帯数が約1114万世帯に対して、専業主婦世帯が約687万世帯 独立行政法人 労働政策研究・研修機構、2015年専業主婦世帯数と共働き世帯数の推移より)

ここがポイント
  • ・結婚・出産後の転職は応募できる求人が少ない
  • ・企業は「労働時間の制限があり、長期的に働けるかわからない」ので結婚・出産後の女性を採用しにくい傾向

35歳限界説はまだ存在する。異業種転職は30代前半が勝負

30代前半が異業種転職の勝負時

転職業界には、35歳を超えると格段に転職しづらくなるという『35歳限界説』があります。

「これだけ生産年齢人口が減少し人材の流動化の必要性が指摘される現状で、すでに過去のものでは?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし転職エージェントとして現場を見ていると、依然、35歳限界説は転職市場の常識として存在しています(2017年時点)

理由は、企業の受け入れ環境や事例がないということに尽きます。

仮に皆さんが<某インターネット企業の営業部長>で営業人材を求めて書類選考をする採用側にいると仮定します。

目の前に2名からの応募書類があり、一人目は「25歳、大手食品メーカーでの営業経験3年、年収450万円」、二人目が「37歳、大手食品メーカーで営業及び課長補佐、年収900万円」だとします。

面接で会いたい人材はどちらかと問われれば、ほぼ100%の方が前者の若手人材を選ぶはずです。もし、後者のベテランは営業としても管理職としても優秀で、他の魅力があったとしても、十中八九、書類選考にて「ご経験を他応募者と比較の上でお見送り」という一文のみで不合格となります。

つまり「若手人材の方が、業種未経験でイチから教え込んでいける。年収(コスト)も低い」=「ベテラン人材は、すでに仕事のやり方等に独自性があり今さら教育なんて難しい。またその割に年収(コスト)も高い」という構図になります。

35歳という年齢の数値自体に大きな意味合いはないですが、一つの目安として区切りの良い35歳という年齢に上限を設定する企業が多いのが実情です。

もちろん、昨今は年齢を理由に合否判断をするのが不可とされているため、表立って企業は合否判断理由として伝えませんが、内実として年齢は判断要素として非常に重要であります。

もし皆さんが30代になって異業種への転職を希望される場合は、可能な限り年齢が若い30代の前半のタイミングで決断されることをお勧めします。

ここがポイント
  • ・異業種転職は30代前半が勝負。35歳限界説は転職市場に存在(2017年時点)

企業が期待している30代は、即戦力である

30代に企業が期待すること

30代の方に転職先企業が期待していることは、ただ1つ。「即戦力」であることです。即戦力とは、具体的には、入社1日目から既存社員と同レベルの業務ができ、かつ数年後には既存社員を超えるパフォーマンスを出してくれること、です。

20代であれば「ポテンシャル採用」が可能であり、数か月~1年間ほどは業務に慣れてもらい、徐々にキャッチアップしてくださいという形で見てもらえますが、30代になると企業側の要求水準が一変します。

また、付随してよく言われることですが、プレイヤーとしての即戦力性だけではなく、マネジメント経験・能力を問われるのも30代の転職ならではです。

これらを採用企業側の目線で解説すると、「35歳の○社の営業の方か。同期に当たるうちの会社で仕事ができるAさんと比較して、どのレベルなのだろうか」といった、既存社員との相対比較で選考を行います。

もし既存社員と比較して同水準であれば、敢えて30代を外部から採用せずに新卒採用や内部対応(若手育成や社内異動)にシフトします。

つまり、30代での転職ではこういった背景があるため、高いレベルでの即戦力性と、自社にない特筆すべきもの(経験・人脈・スキル等)があるか、マネジメント人材として有望か、が問われるのです。

もちろん、転職初日から前職同様のパフォーマンスを出すことを要求されることはありません。
業界・業種・職種・会社が変わると業務システムや仕事の流れが変わるので、そういった業務における基礎部分については入社後に研修等で学び、周囲に教わり、キャッチアップすれば問題ないです。その点はご安心ください。

ここがポイント
  • ・30代には即戦力性とマネジメント経験・能力が求められる
  • ・既存社員の能力を上回らなければ採用されにくい

年収アップを達成する30代転職者の割合は1割

30代での転職成功事例

転職理由として年収を上げることが目的の方の割合が多いです。年間400~500名の転職希望者の方の相談を受けている中で、体感値として約80%の方が現在の年収への不満を持っています。

しかし実際に転職をすることで年収をアップされる30代の方は10%に満たないのが現状です。 ※筆者の部署で2015年10月からの半年間の転職実例約50件より

20代であれば年収アップは比較的容易ですが、30代になると現職の給与水準が高いこともあり年収アップが難しい事が挙げられます

会社の評価に対する不満足感、就業環境に対する不満、同年代と比較した年収への焦り、家計を維持するための止むに止まれない思い・・・。
年収を上げたい理由は様々ですが、良くて現職の年収維持、異なる仕事環境で成果を出せるかどうか未知数であるために年収が数十万円程度減少するケースが多くあります

年収アップが起きやすい職種は、付加価値の提供度

年収アップが起こりやすい職種は、より付加価値を提供できる職種です

業種では、営業→コンサルティング、メーカー→コンサルティング、銀行→コンサルティングやPEファンドなど、前職の能力や知識が活かせる職種です。

※コンサルティングなどは年収が高いですが、長い目線で見たら、働き方のハードさや優秀な人が多い故の競争が激しく途中で辞める可能性が高いリスクはあります。
事務系、企画系職種では、現在の会社より上流の会社に行かないと年収は上げづらいです。

30代になるとすでに一定以上の年収になっていてアップしづらいという背景と、企業側も「年収1000万円の35歳を採用して年収に見合わない能力の人材を雇うよりも、コストの低い20代を500万円×2名採用して育てたほうがリスクは低い」と考えるからです。

もちろん、採用企業がどうしても欲しい人材(例:上場前のベンチャーでのCFO人材、アジアに向上を新設するための工場立ち上げ経験者等)の場合は、好待遇で採用されるため年収の大幅アップが見込めます。

30代で転職をされる場合、年収アップを希望されることは自然です。
ただ、同時に転職エージェントからの客観情報を基にご自身の転職市場における価値を冷静に分析し、目の前の年収アップ云々ではなく、転職後の年収アップの可能性や、数年後の更なる転職も視野に入れてご自身の市場価値を高められるかどうかに主眼を置かれるほうが賢明と言えます。

ここがポイント
  • ・年収アップできる30代は10%以下
  • ・企業がどうしても欲しい人材は年収の大幅アップが見込める
  • ・年収軸ではなく転職エージェントの客観情報を基に、将来の市場価値を高められるかに主眼を置くほうが賢明

30代におすすめの転職エージェント 異業種なら大手、希望が明確なら特化型

30代の転職活動におけるお勧めの転職エージェントは、異業種や異職種への転職を希望される場合、方向性や希望が明確な場合の2つに分類されます。

1.異業種や異職種への転職を希望される場合

これまでの業界経験や職種経験をベースにしながらも、異なる分野への挑戦をされたい場合は、応募できる求人数の絶対数が必要十分条件となるため、大手の転職エージェントを活用されることがベストです。

大手転職エージェント(リクルートエージェント、インテリジェンス(DODA)、JACリクルートメント等)は、数万件、数十万件の求人情報を常時保有しているため、担当の転職アドバイザーの方を通じて幅広い情報提供を期待できます。

2.方向性や希望が明確な場合

逆に、「戦略コンサル経験を活かして、次はFAS(ファイナンシャルアドバイザリー会社)で事業再生に取り組みたい」や「経理経験を活かして、財務としての経験を積んでいきたい」等、方向性や希望が明確に決まっていらっしゃる場合は、特定分野に強い転職エージェントを利用いただくほうが効率的となります。

金融関連であればアンテロープキャリアコンサルティング等、経理等の管理部門系であればMS-Japan等、特定分野に特化した会社が複数あるので、複数社との面談を経て比較しながら活用されることをお勧めします。

ここがポイント
  • ・異業種や異職種への転職を希望される場合、応募できる求人数の絶対数が多い大手の転職エージェントを活用がおすすめ
  • ・方向性や希望が明確な場合、特定分野に強い転職エージェントの利用が効率的
  •  
  • ・まずは大手2,3社の利用がおすすめ

30代の転職エージェントおすすめランキング|利用者に支持された4社を厳選紹介!

30代におすすめの転職エージェントをランキング形式でご紹介します。転職エージェントのリアコミでは、実際に転職エージェントを利用した方々の口コミを集計しランキングを作成しています。

今回は30代の口コミだけを集計しランキングにまとめました。どの転職エージェントも求人数、経歴書チェック、サポートの3つの評価が高く、安心してサポートをお願いできると思います。

ランキング1位 1位 Spring転職エージェント(アデコ)


Springのロゴ
総合評価 4.56 公開数/求人合計 13.0千/6.6万件

<特徴> 60か国・5100の拠点がある世界最大の人材紹介会社。国内に160カ所の拠点があり若手からミドル層の専門職求人に力をいれています。派遣・パートのサポートの繋がりから他社にない独自の求人があります。
(2017年5月8日から、アデコの転職エージェントサービスの名称がSpring転職エージェントに変わりました。サポート内容に変更はありません。)
⇒Spring(アデコ)の評判をみる


ランキング2位 2位 リクルートエージェント


総合評価 3.90 公開数/求人合計 17.0千/12.0万件

<特徴> 15万件以上の求人をもつ国内最大手。職種・地方カバー率がダントツで高いです。サポート期間が3か月限定なので短期間に集中して取り組みたい方に向いています。
リクルートエージェントを利用した30代の評判をまとめたページはこちらです。⇒ 利用した30代の94%が「また利用したい」
30代に限らず、評価を包括的にまとめているページはこちらになります。⇒ リクルートエージェントの評判をみる


ランキング3位3位 マイナビエージェント


総合評価 3.83 公開数/求人合計 3.0千/2.4万件

<特徴> 求人は首都圏に集中しているので東京近郊の方におすすめ。書類添削のサポートに定評があり企業ごとに対策をたててくれます。女性の転職サポートにも力を入れています。 ⇒マイナビエージェントの評判をみる


ランキング4位4位 DODA


総合評価 3.81 公開数/求人合計 2.4万/10.1万件

<特徴> 全国に12万件以上の求人があり全職種に対応している最大手の大手人材紹介会社です。エージェントの指摘を受けて書類の通過率、面接の通過率が上がったという声も多く、履歴書や職務経歴書の作成に自信がない方はおすすめです。 ⇒DODAの評判をみる

ここがポイント

まとめ

30代の転職活動について、リアルな情報をここまでお伝えしました。「戦略的な転職活動」の重要性が少しでも伝わりますと幸いです。

現在でも「35歳転職限界説」が常識として存在し、30代半ばから後半になればなるほど転職難易度が上がる(=採用企業側の求める水準が高くなる)状況下で、いかに効率的かつ目指す方向での転職を成功させるか。

これをクリアするためには、転職市場の状況・情報を把握し、ご自身の転職市場における市場価値を分析してどのように転職活動を進めていくかの戦略策定をしていくことが必須です。30代の転職においては、戦略的に転職活動を組み立てないと転職成功は叶わず、また仮に短期的に年収が上がっての転職ができてハッピーでも数年後にキャリア価値が下がって中長期的には息詰まるということもあり得ます。

転職活動においても、また今後のキャリア形成においても、戦略的に物事を進める上で必要不可欠な情報を持つ転職エージェントを上手に活用していただくことが、皆さんにとっての成功への第一歩になります。

参考:
総務省 日本標準産業分類(平成25年10月改定)(平成26年4月1日施行)-分類項目名