40代の転職活用術│ 人材紹介会社とヘッドハンティングで年収UPも夢じゃない

2020年11月06日

40代となるとそれなりの役職につき、仕事を任されたり部下を指示する立場にあったりすることでしょう。ドラマなどでそういった役職の人たちを見るとかっこよく見えたり憧れたりするものですよね。

しかし実際に自分がその立場に立ってみるとドラマでは見えない悪い部分が見えてくることもあります。以下はリアコミに届いたリアルな40代の会社への不満です。

「40代だけど転職できるのかな・・・」と悩んでいる方もいらっしゃるかもしれませんが、転職に成功する声が沢山届いています。

この記事では40代の転職におすすめの支援サービス、転職活動の注意点、人材紹介会社を利用した体験談、転職失敗した際の対処法を紹介してきます。

40代で転職を考えている方に役立つ情報をまとめましたので、是非ご最後までご覧ください。

1、40代におすすめの転職支援会社┃人材紹介会社とヘッドハンティングの併用

40代で転職する人も多いとは言ったものの、40代は転職が難しいというのも事実です。はやり20代30代と比べると求人数はぐっと減ってしまいます。

専門性が増し、年収も上がるため、ピンポイントのマッチングになるためです。転職を成功させるには、求人の出会いの場をどう増やしていくか?が鍵になります。

求人の数を少しでも増やすために人材紹介会社とヘッドハンティングの2つを活用していきましょう。

人材紹介会社(大手と特化型)

リクルートエージェントdodaといった大手は案件数が圧倒的に多いので、選択肢として外せないかと思います。20代・30代向けの求人が多いので多くは望めません。しかしながら諦めずに話を詰めていけば希望の求人が複数はあるはずですし、企業側に案件サーチもしてくれ、一緒にポジションをつくりにいくこともできます。

職種に特化した人材紹介会社もあります。大手にはない求人をもっていることがあるので、2社ほど登録しておくといいでしょう。

ヘッドハンティング

ビズリーチキャリアカーバーのようなヘッドハンターがスカウトしてくれる場で、コミュニケーションを深めることも意味があります。どちらもハイキャリア・エグゼクティブ向けでスカウト求人にダイレクトで応募ができます。中高年の方を主力にした求人があります

40代のハイクラス人材の転職サポートするビズリーチを取材してきました

今すぐ転職したい!と思ったらどちらの方が早く求人が見つかりますか?

求職者

求職者

リアコミ編集長大森

リアコミ編集長大森

今すぐ転職ならすぐに求人を紹介してもらえる人材紹介会社ですね。
ヘッドハンティング型はオファーを待たないといけないので遅効性の転職活動と言われます。

その他

リクナビネクストのような転職求人サイト、ハローワークも含めて幅広く網を張り並行していく方法があります。

職種別に転職エージェント会社を徹底比較!

他には、社会人材学舎のようなキャリア自体を再検討する場を経て転職支援をしてもらうという方法もあります。

次の項目ではリアコミに届いた人材紹介会社を使って転職した40代の方からの評価の高い口コミから低い口コミの紹介と、それら口コミからの統計を紹介していきますね。

2、リアコミに届いた口コミと統計┃紹介数は少ないが年収UP率は50%超え

求人について

紹介求人数についてまとめたところ、やはり5件以内が半分以上をしめていました。この結果を見ると少し不安になられる方もいるかもしれませんが、求人数が少ない=良い求人がないというわけではないのです。たとえ紹介求人件数が1件だけでも満足された人も多くいました

もちろん「紹介してもらえなかった・・・」という口コミもありました。以下にリアコミに寄せられた紹介求人に関する良い口コミと悪い口コミをまとめています。

良い口コミ

希望に近い求人を丁寧に探してくれた
保健師の求人は多いとは言えませんでしたが、それでもある程度の情報提供はしてくれたと思います。希望に直接沿えなくても、それに近い業務・地域の求人を丁寧に拾ってくれました。→口コミの詳細
我儘な条件でも求人を探してくれた
我儘な勤務条件に対してどう思われるのか不安でしたが、「長く務める為に希望をもっと言ってください。」と肯定的に聞いてくれ、それに合う病院もいくつか紹介してもらえました。→口コミの詳細
障がい者でも有名企業中心に紹介された
藁にもすがる思いで登録しましたが、かなりの有名な企業を中心としたご紹介をいただき、その中の1社が特に採用を急いでいて、私自身もとにかく給料を受け取らない訳には生活が成り立たないところまで来ていたので、渡りに船でした。→口コミの詳細

悪い口コミ

面接した会社が明らかにミスマッチだった
ご紹介いただいたすべての会社で面談していただけるわけではない点や、面接していただいた会社が明らかにミスマッチだった点など、求人そのものについてはやや不満でした。→口コミの詳細
年齢的、職業的に転職は無理と言われた
年齢的、職業的に難しいと言われてしまい、サポートはありません。別の切り口の職業の提案をして見たのですが、転職は無理と言われました。→口コミの詳細
募集企業の人事に精通していなかった
募集企業の人事担当者に精通しておらず、直ぐに連絡が取れる関係ない先を紹介してきました。また社内での情報共有がなされておらず、登録された情報だけで紹介企業をマッチングさせていることが丸わかりで、気分が悪かったです。→口コミの詳細

転職成功率と満足度について

転職成功率は男女ともに80%越えでした。女性の方が成功率が高いように見えますが、男性の方が20件ほど口コミが多かったための結果であって、決して男性が転職しにくいというわけではありません。

そして大切なのは転職できたかどうかではなく、転職先の企業に満足できているかどうかです。せっかく転職できてもそこがブラック企業だと残念ですよね。

転職後に関して満足した口コミと不満足だった口コミを集めてみました。

良い口コミ

いい刺激があり満足のいく転職だった
満足度80点。機密事項の多い職場なので、気を使うこともまた多いです。でも得意とするクリエイティブに関われていることとクリエイターたちとのコミュニケーションは良い刺激があり、満足のいく転職です。。→口コミの詳細
成長を感じれるが社風があわない
満足度は50点。新しいことを学ぶことはできる環境なので、成長を感じることができる点は良いと感じています。しかし、社員の面例が若く、企業風土が自分とは合わないと感じることがあるのがマイナス要因です。
正社員になれ希望通りの職につけた
満足度100点。市場に出回らない業務で、もっとも希望していた業務だった。現在正社員として働いている。翻訳を辞めて自然言語処理の仕事がしたかったのですが、まさにその仕事だった

悪い口コミ

聞いていた環境と全く異なっていた
満足度20点。化学系を活かせる経験があると伺っていたものの、実際にはそのような環境はなかった。また、定常業務が多く、自身にとって働くメリットがあまりない点で満足しておりません。(アージスジャパン┃男性
予定されていたポジションがなかった
満足度20点。オファー内容のポジションが入社したら用意されていなかった。ステップアップが理由の転職だったので、ギャップに苦しんでいます。(ギークリーを利用┃女性)
福利厚生以外の希望叶わずでした
満足度50点。福利厚生がしっかり整っていること以外の希望はかないませんでした。
・年収UPせず
・入社後体制が変わり残業ありに
・引継ぎがなく誰に聞いてもわからない
・残業代が出るというのは求人の記載ミスだった
クリーデンスを利用┃女性)

自身の専門性やこれまでのキャリアが評価されたことに対し自信がついた。この業界でこれからも頑張っていこうという気持ちになった→口コミの詳細

転職成功者

転職成功者

転職に成功した方の中で年収の増減を見たところ約半数が年収UP、30%が年収減、13%が増減なしという結果が出ました。それぞれの結果について説明していきますね。

年収アップについては100万円以上アップした人が半数近くいます。

年収ダウン率を見るとアップ率と同じくらい今度は100万円以上ダウンした人が目立ちます。この理由としては、家族の転勤や介護のために正社員からパートになった女性が多かったからです

もちろん男性でもかなり年収ダウンした人も多いのですが、思いのほか後悔している人は少いという結果が出ました。

その理由は主に3つで

・家族との時間を大切にしたかった
・無理して働かず自分の体を大切にしたかった。
・自分のやりたいことを求めた

これらを叶えた人たちは年収ダウンもあまり不満を持っていません。しかし、中には「家族との時間は取れたが転職したことが正解だったのかはわからない」と言われている方もいました

年収別に口コミを集めてみたので参考にしてみてくださいね。

年収がアップした人の口コミ

年収+10万┃現場は楽しいが、前職と変わらずサビ残あり
満足度83点。職員はとても丁寧に教えてくれて保育現場は楽しいですが、やはり園長先生は年配の方なので古きを重んじる方針が根強く、現場の意見が取り入れてもらえなかったり、サービス残業は当たり前といった現状はどこも同じだと思いました。(保育士バンクを利用┃女性)
年収+100万┃残業がなくなり人間関係もいい職場です
満足度95点。給料の大幅アップには繋がらなかったが、現状に満足しています。
以前の会社は残業をしないと評価されないためなかなか帰れず、家族との時間を持つことが出来ませんでした。
今の会社は、終われば帰宅してOKで、自身の趣味に充てる時間が出来ました。
人間関係では悪口をいう輩がいないので、のびのび出来ています。(レバテックキャリアを利用┃男性)
年収+160万┃過去の自分のスキルが役に立つポストだった
足度80点です。未経験の業種でしたが、職務的には自分の過去のスキルが役に立つポストだったため、社員として十分貢献できたと思います。
また、それまで縁のなかった業界だったため、そこにいる人たちの考え方などが新鮮で、自分を見直すいい機会になりました。(ギークリーを利用┃男性)

年収がダウンした人の口コミ

年収‐500万│自分のキャパシティを考慮して働けている
満足度100点です。年収-500万でしたが自分のキャパシティを考慮して働けています。平日に休みが取れて、当直をするかしないかの自由度が高いです。役職もつきました。→口コミの詳細
年収‐300万│年収は妥協しましたが職場環境はいい
満足度50点です。年収-300万とかなり妥協しましたが職場環境は良いので普通の評価です。(メイテックネクストを利用┃男性)

年収が変わらなかった人の口コミ

年収±0万┃新しいことを学べるが企業風土が合わない
満足度50点です。新しいことを学ぶことはできる環境なので、成長を感じることができる点は良いと感じています。しかし、社員の年齢が若く、企業風土が自分とは合わないと感じることがあるのがマイナス要因です。(ギークリーを利用┃男性)

なるほど、なるほど・・・
しかし、実際に自分はどの統計結果に当てはまるかは転職してみないとわからないですよね

求職者

求職者

リアコミ編集長大森

リアコミ編集長大森

そうですね、あなたが転職したら確実にいい企業に勤められる!という約束はできません。

転職すべきかどうかすごく悩んでいるんですが、転職エージェントに相談だけというのは可能でしょうか?

求職者

求職者

リアコミ編集長大森

リアコミ編集長大森

はい!可能ですよ!
転職エージェント(人材紹介会社)に登録したからと言って、必ず転職しないといけないというわけではありません

40代での転職はリスクが高いと思われる方が大半だと思います。
もし転職すべきかどうか悩まれている方はまずは転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントへの登録=転職しないといけない、というわけではありません。相談だけして今の環境にいた方が良いとなったら現職に留まればいいのです。実際に転職しないという結論に至ったという口コミも各年代から何件も届いています。

家族や友人に相談するよりも、プロの転職エージェントに相談し方が自分を客観視することができますので、自分の価値を見直すことができるチャンスですよ。気軽に相談してみてください。

3、もし、会社を辞めることができない時は・・・┃退職代行を利用するのも手

転職しようにも、会社を辞められないかもしれない・・・という方もいらっしゃるかもしれません。そういう方には退職代行をお勧めします。

退職代行とはその名の通り、あなたの代わりに会社に連絡をして退職の手続きをしてくれるサービスです。

退職代行サービスとは?気になるサービス内容や評判を徹底解説

退職代行を使うなんて情けない・・・と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、20代~40代、サービス業から医者まで様々な人が使われているサービスで、リアコミに寄せられた口コミでも大変評判がいいです。

引き止めにあい辞められず困っていましたが、退職代行を利用したおかげで有休を消化した上で退職することができました!
(川越みずほを利用┃40代┃男性)

求職者

求職者

弁護士が対応してくれたので会社から嫌がらせを受けることもなく退職できました!退職できた日の空はとても綺麗に見えました!
(みやびを利用┃40代┃男性)

求職者

求職者

4、まとめ┃まずは人材紹介会社に登録して求人があるかを確認する

何度もお伝えしてきましたが、40代の転職は厳しいです。しかし、ここ最近の新型コロナウイルスの影響や様々な理由から、転職をせざるをえない状況の方もおられるでしょう。

転職に悩んだ時は、まずは転職エージェントに相談して自分自身と周りの環境について見なおしてみましょう。それから転職するかどうかを決定するのも手です。

実際に人材紹介会社を利用して真剣に真摯に転職活動をされる方は、かなりの確率で転職成功をされています。(一定の経歴をお持ちの方という前提条件はありますが)

「どこか自分を高く買ってくれるところがあれば転職してもいいですよ」といった考え方だと転職成功は厳しいので気を付けてください。