Spring転職エージェント(アデコ)取材レポ3|転職ではアピールできる自分の武器をもつべし

アデコの山口さん

引き続き転職エージェントの福田さんと山口さんに転職サポートの実績の部分とIT業界・管理職で求められている人材について質問をしました。

現在の転職市場では、管理職はマネジメント力、IT業界では新しいスキルに触れているかどうかみられるようです。

(→前回までのインタビュー 前編 中編


現役転職エージェントのサポート実績をズバリ質問!

-キャリア・アドバイザーの勤務歴をお願いします-

アデコ転職エージェント・福田さん

「私は6年です。アデコに来る前は流通業界において、提案営業や人事
(新卒/中途採用、教育・研修、人事制度構築)を担当していました。

アデコでは、前職での業務経験を生かして、主に管理部門系の方を中心に
キャリアコンサルティングを行っています。

アデコ転職エージェント・山口さん

キャリアコンサルティング歴は10年です。
今担当しているIT・インターネット業界の担当も10年になります。

もともとは建設業界において、経理や人事など管理部門を担当していました。
最後に所属していた部署が情報システム部で、
会計システム導入の際の企業側の担当なども行っていました。
技術者という形ではありませんでしたが
情報システム部門において、外部からシステムを導入する舵取り役を
経験したことが現職の仕事につながっています。」

-普段担当されている人数を教えてください-

アデコ転職エージェント・福田さん

40人から50人くらいです。
当然求人の波はありますが、人の波はあまりありませんね。」

-担当された方で、内定まで進んだ方はどれくらいですか?-

アデコ転職エージェント・山口さん

リーマン・ショック前まで年に40人、
リーマン・ショック後だと年に20人から25人くらいです。

2011年後半から2012年は月の平均で2人から3人です。
リーマン・ショック後から少しずつ増えてきている感じを受けています。」

-管理部門系はリーマン・ショックの影響はあまりないですか?-

アデコ転職エージェント・福田さん

あまり影響がなかったかもしれません。
離職者が出ると後任の求人が出てきますので、
そこで離職中の方を中心に求人をご紹介していました。」

-いままで担当された人数はどのくらいですか?-

アデコ転職エージェント・山口さん

「だいたいひと月に30人は会っていますので
1年で360人くらいですね。」

-登録してから内定が出るまでの平均期間はどのくらいですか?-

アデコ転職エージェント・福田さん

「平均期間は離職中と現職中とで違ってきますね。

現職の方だと1年半〜2年など長期間活動される方もおりますが、
全体の8割は登録してから半年で活動が終わります。

離職中ですと2か月くらいで、現職中はプラス1か月ですね。
逆に言うと、それ以上かかる方はこだわりのある方が多いですね。」

-内定まで受ける企業数はだいたいどのくらいでしょうか?-

アデコ転職エージェント・福田さん
「実際に何社受けたかは確認を取っていませんのでだいたいの数ですが、
面接は3社から4社くらいで一区切りというのが多いです。」

-採用が決まっている年齢層はどの様な感じですか?-

アデコ転職エージェント・福田さん

管理部門系は20代の方はほとんどないですね。
求人の傾向としてどうしても経験重視なので、
20代の方の枠はなかなかない状況です。

逆に管理部門系は30代から40代前半の方が中心で、
中には50代の方でも豊富なご経験が評価されて決まるケースもあります。

アデコ転職エージェント・山口さん

「ITの登録者の方は全体的に男性が多く、年齢が上の方が多いです。
決まりやすい年齢層は25歳から35歳くらいまでの方ですね。」

-転職を成功される方と失敗される方の傾向はありますか?-

アデコ転職エージェント・福田さん

「最近の例ですと30代で職歴も経験も悪くないにもかかわらず、
内定を得るまでに1年近くサポートをさせていただいた方がいました。

人柄もまじめで誠実な方だったので、なぜ決まらないのか
こちらも不思議だったのですが、よくよくお話を伺ってみると
面接でのキャッチボールに問題があることが分かりました。

面接では、ご自身のこれまでの経験の話に終始してしまって、
企業が中途採用者に求めているポイントについてのアピールを
欠いていたようです。

この方とは、面接のロールプレイングを5回ほど行い、
面接での受け答えをブラッシュアップ
するべく
アドバイスと修正をしていきました。」

アデコ転職エージェント・山口さん

「ITだからというわけではないかもしれませんが、
もちろん今のエンジニアの採用ニーズが高い経験やスキルをお持ちの
即戦力の方は決まりますね。

また、転職活動がはじまって成功するまでの過程で、
どこのフェーズでどれだけ悩むべきかが
分かっていらっしゃる方は成功すると思います。

逆に、最初から悩んでしまう方は難しいと思います。

これははじめて転職する方に多い傾向なのですが、
応募する段階で、企業の選定に悩んでしまって
最初に出た内定の企業に熟考せずに行ってしまうケースがあります。

転職活動において、書類選考を通過する確率が約30%、
面接をクリアする確率が約50%というのが平均的です。

この確率から考えると、まだどこの会社の内定も得ていない中で、
入口の段階、応募する段階で悩んで、結果絞り込んでしまうと
転職に成功できる機会を自ら減らしてしまう状態になります。

面接で企業から直接お話を聞いてみないと分からないことは沢山あります。
当初は関心が低かったものの、面接で職場上司になる方の人柄や社風に
実際に触れて入社への意欲が大きく変わったケースは何度もあります。

まずは積極的にいろいろな企業を受けてみて、内定を得てから
悩んでいただいても決して遅くはありません。
最終的に内定が出たらご家族としっかり相談して決めて欲しいですね。」

求められる人材はプラスアルファのスキルと即戦力!

-転職市場で求められている人材像はありますか?-

アデコ転職エージェント・福田さん

「管理部門系は人事も管理も普遍的な部分がありまして、
そこは絶対条件になってきます。プラスアルファとしまして、
最近のトレンドを分かっているかどうかが一つの焦点だと思います。

最近は草食系の男性が増えてきているため、
関係部署を巻き込んで自ら率先して動く積極的なタイプの方がくると
すぐに内定がでて決まったりします。

営業職ではその傾向はより顕著ですが、
管理部門でも、攻めの会計をできる方が求められています。
数字を取りまとめるだけではなくて、情報もどんどん発信していくような
マネジメント力やコミュニケーション力がある方は決まりやすいですね」

アデコ転職エージェント・山口さん

インターネット業界では
仕事以外の所で何をやっているかがキーワード
になっています。

例えば副業でiPhoneアプリサイトを作っている方の場合は、
『経歴よりも、自分のサイトを検索してください』
というアピールの仕方もありました。

このサイトをどうやって自分で作って、どれだけ売れているか、
などの情報を伝えると喜んで会ってくれる会社もあります。

今は自宅で無料のソフトウエアをインストールして
誰でも技術を身につける事ができますから。

スマートフォン用のアプリ開発などプライベートでやっていることが、
実は求人企業がほしい経験、スキル、実績だった、
というケースもありますので『プライベートでも何かやっていますか?』
を必ず伺うようにしています。

-最後に転職活動をされる方にアドバイスはございますか?-

アデコ転職エージェント・福田さん

何のために転職をするのか、転職する目的を見失わないで欲しいと思います。」

アデコ転職エージェント・山口さん

「転職する際にはメリットとデメリットがありまして、
シーソーに乗せてどっちに傾くか?を
一つ一つを整理して分析していく必要があります。

自分の会社の常識だけではなくて
社外の事も聞きながら整理していかなくてはならないので、
転職エージェントがそれを一緒にできたらいいと思います。」

−いろいろとお話をお聞かせいただきありがとうございました―

アデコ取材した内容のまとめ

このたびインタビューした内容をまとめました。

アデコの特徴と強み
  • 企業担当は派遣と転職双方を担当。大手企業に独自のパイプをもっている
  • 60か国の地域に展開し欧米以外にアジア圏にも強い
  • 海外の専門部署があり海外企業、海外へ支店を構える企業とスムーズに連携
  • 九州・四国・中国地方の求人枠が増加している
  • 求人割合は営業職4割、IT・製造系エンジニア3割、管理部門系が2割
  • 業種の割合は、首都圏はサービス業が強く、それ以外の地域は製造業が強い
  • 採用が多く決まっている年齢層は20代後半から30代前半
  • 転職活動期間は8割が半年以内
  • 女性の登録者の割合が高い
  • 転職サポートの期限がない
アデコ管理部門と登録者の特徴
  • 担当制がなく複数の転職エージェントから求人を紹介
  • ここ数年は、すでに離職している人が多い
  • リーマンショックの影響は少ない
  • 採用が多いのは30代から40代。50代も事例も
  • 面談では、経験をもつ求職者側が話すケースが多い
  • 最近のトレンドを理解している人が求められている
  • 数字以外にマネジメント力やコミュニケーション力がある人材が強い
IT・エンジニア部門と登録者の特徴
  • 担当制で転職エージェントがつく
  • 2011年は登録者の8割が現職者
  • 自社で働きたいという転職理由が多い
  • リーマンショック後に減少した転職数が少しずつ回復
  • 採用が多いのは25歳から35歳
  • 即戦力が求められている
  • 新しい技術を実際に試してスキルを身に着けている人材が求めれている
転職成功のポイント
  • 転職で実現したいテーマ決めをして目的を定める
  • 転職エージェントを信頼して「本当の転職理由」を話すことで
    ぶれない転職活動ができる
  • 転職活動の入口の部分で悩みすぎないこと。書類成功、面談、内定と
    出口に近づくにつれて検討する時間を割くこと
  • 勤めている会社の常識にとらわれないこと

取材を終えて

会社全体の特徴や、転職エージェントのサポートなど
色々な視点で話していただきました。

ここでは書けないような内容もあり(笑)
裏表のない会社で好感をもちました。

アデコのグローバル企業で会社の規模は大きいですが、
フットワークの軽さを残している印象を受けました。

例えば、個人情報の兼ね合いから一定期間が過ぎると
登録情報を破棄する会社もあります。

アデコでは期限を設けず、登録情報を保管し
人材バンクのような機能を担っています。

そのため、すぐすぐ転職という状況でなくても
キャリアプラン相談をして、現職の仕事をしながら機会があれば
転職相談するというスタイルがとれます。
他の人材紹介会社にはなかなかありません。

アデコは、もともと派遣の分野に力を入れていて
他の人材紹介会社とは違う企業とのパイプ、情報網をもっています。

他の人材紹介会社がもっていない大手企業の求人案件もあり
海外案件に強い
ので興味のある方は、聞いてみてください。

⇒ アデコの無料転職相談

アデコの面談ブースの紹介

最後にアデコへ転職サポートを登録した後に
面談会場となるブースの写真を撮りましたのでご紹介します。

  • アデコのビル
    建物
  • オフィスの入り口の様子
    6階がアデコのオフィスです
  • アデコの受付
    受付の様子
  • アデコの相談ブースの様子
    面談ブースです。白基調で落ち着いた感じでした

⇒ アデコの無料転職相談はコチラ

- 関連記事 -