アパレル業界の転職で年収アップを実現するためには転職エージェントの活用がおすすめ

年収が低い

アパレル関係の仕事で働いている人で、年収に不満抱えている方は多いです。なぜなら、他業種と平均年収で比較したとき、アパレル業界の平均年収は低いから。激務の仕事量と給料が見合っていない会社もあります。

こちらが平均年収のデータです。

2016年 年代別平均年収(単位:万円)

  20代 30代 40代
平均 354 467 564
374 501 616
324 390 425
(引用:平均年収ランキング2016「年齢別」

2016年 アパレル業界の職種別平均年収(単位:万円)

  25-29歳 30-34歳 35-39歳
販売 292 332 354
店長 331 380 445
デザイナー 305 372 406
生産管理 324 374 453
MD・バイヤー 370 411 520
VMD 324 427 505
営業・店舗管理 358 421 490
プレス 359 430 511
パタンナー 288 339 389
OEM営業 384 401 571
(引用:アパレル業界の平均年収と転職動向

20代の平均年収を超えているアパレルの職種は4つありましたが、30代前半になると0になり、昇給スピードが遅いことがわかります。

それでもアパレル業界で年収アップしたい方は多いでしょう。 実現するためには、同じ会社でキャリアアップする方法と、転職するという選択肢があります。

●同じ会社でキャリアアップしたい方

身近に社内でキャリアアップし、年収をあげることに成功した方がいれば、その先輩に話を聞いてみるのも一つの手です。ただ、個人の意志がだいぶ左右されてしまうため、意見は参考程度に聞くようにしましょう。

●別の会社でキャリアアップしたい方

アパレル業界にあるたくさんの企業の中には、あなたの実績やスキルで年収アップする可能性があります

マッチする会社の探し方┃まずは自分を知ろう

パソコンで調べる

「アパレル業界で、自分のスキルを求める会社がどれだけあるのか?」調べるのは大変な作業です。もし年収アップすることができる会社が見つかっても、福利厚生はどうなのか、社風はどうなのか気になると思います。

そんなときは業界に精通している転職エージェントに相談することをおすすめします。

逆に、ある程度のスキルや実績がない方は、できるだけ現職で経験を積んでおくことをおすすめします。転職では即戦力を求められている場合がほとんどだからです。

ただ、「他社でも通用する力」が自分に備わっているのかよくわからないですよね。市場的にどんなスキルが求められているのか、どんな経験が役立つのか、自分にはそれが備わっているのか、 現在の自分のスキルは第三者に評価してもらいましょう

もし、信頼できる同業界の先輩がいない場合、転職エージェントに相談してみるのをおすすめします。転職エージェントというから転職が必須のように感じますが、転職を決める前の相談ベースで利用することも可能です。


年収アップしたい方にオススメの転職エージェント3選

年収アップグラフ

下記に、アパレル業界で年収に悩んでいるあなたにおすすめの転職エージェントをまとめました。それぞれ特徴が異なるので、2,3社に登録されて活動される方が多いです。

クリーデンス
特徴:アパレル業界に特化しており、転職大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループの1つ。求人数が豊富で、アパレルから別業界への転職もサポートしてくれる。

20代男性満足度高い <仕事内容>:アパレルのディストリビューターをしていました。

<叶えたかった事>:それまでの年収に満足できていなかったので、年収アップを目標としていました。

転職有無 クリーデンスを利用して転職に成功しました
年収の増減 250万円から280万円に

<転職活動前後の気持ち>様々な仕事を任せられて、今まで分からなかったこと、気にしなかったことが見えてきて非常に自分自身の成長につながったと思います。
口コミの詳細 

⇒ クリーデンスの口コミや特徴をもっと知りたい方はこちら


ファッショーネ
特徴:アパレル業界に特化しており、現在急成長中の人材紹介会社レバレジーズが運営。距離の近い親身なサポートが特徴で、書類通過率が約8割
⇒ ファッショーネの口コミや特徴をもっと知りたい方はこちら


リクルートエージェント
特徴:国内最大の人材紹介会社で、アパレルを含む豊富な求人を持っている。内定をもらうためのノウハウが蓄積されており、情報に基づいたサポートを受けられる。
⇒ リクルートエージェントの口コミや特徴をもっと知りたい方はこちら


→ アパレル転職エージェントランキングについてさらに詳しく知りたい方はこちら


まとめ┃世の中の流れを読もう

服は生活に欠かせないため、アパレル業界は安定感があります。ただ、流行や気候に左右されやすく、売り上げにつなげるには一筋縄ではいきません。

アパレル業界の流れだけでなく、世の中の流れをみることも大切です。インターネットの発展で通販が普及し、店舗に足を運ぶ人が減りました。フリーマーケットアプリや服のレンタルサービスも流行っています。

流れさえつかむことができれば、アパレル業界でも年収が上がる仕事ができると思います。流れに沿った転職をするために、市場を観察している転職エージェントの利用が役立つでしょう。