【DODA/企画・業務調整/男性の口コミ】転職歴が数回あった中で、どの経歴が現在求められているかを見いだし、それに合った案件を紹介してくれるのは便利

21人が参考になったと回答
口コミ評価
合計815
  • 求人満足度3点3点
  • 書類添削度3点3点
  • サポート力2点2点

スカウトサービスはDODAが一番充実していると思います。紹介案件も一番多いです。

求人満足度3点3
書類添削度3点3
対応度2点2
口コミの要約と管理人の感想
ここがポイント

40代後半の転職成功者の口コミです。評価はあまり良くなく合計15満点中8点でした。

感想を読んでみたところ、実際の評価ほど内容は悪くないと思いました。遠距離で、エージェントと電話とメールだけのやり取りの中でも、経歴をかなり読み込んでいる印象を利用者に与えていますし、やる気を引き出すような言葉もかけています。求人もコンスタントに紹介していました。

利用者の方はネットで見つけた転職サイトにほぼすべて登録していたそうで、スカウトサービスはDODAが一番充実していると書いています。一方、良くなかった点として、利用者の転職成功後に会いに来ると言っていたのに来なかったことをあげていました。。

転職活動中に「年齢が高くなると即戦力性を求められるが、前職の成功を全面に出すと煙たがられる。どのように自分らしさをアピールするのか考え、実践するのが大変」という旨を書いています。30代後半から40代にかけての転職の苦労とポイントが伝わる口コミでした

転職を4回されてきただけあり、転職エージェントの使い方や転職活動でのアドバイスが洗練されていました。どの年代の方が読んでも参考になると思います。


DODAのリアコミDODAのリアコミスマフォ用

前職の仕事内容・転職理由・選んだ決め手

前職と勤務歴 企画・業務調整職を1年
転職回数 4回目

人物 <仕事内容>:先端医療技術開発・普及(財団法人)で企画・業務調整職をしていました。その後、仕事を辞めてから転職活動を始めました。

<叶えたかった事>年収アップや労働環境のよいところ(就労場所・厚い福利厚生や年間休日が多い)ところに就職

DODAを選んだ決め手
  1. ネット上で見つけた転職サイトにはほぼ全て登録し、利用していた。興味深い案件を紹介してくれたところを利用しただけで、この会社1社に絞っていたというわけではない。

面談した感想とアドバイス

面談イラスト

<面談の流れ>:転職エージェントが東京勤務だったので、直接会う面談は無く、電話・メールでのやりとりのみであった。

電話でお話された際の、転職エージェントの印象はいかがでしたか?

担当していただいた転職エージェントの印象はとても紳士的な方だと思いました。エージェントは私の経歴をかなり読み込んでいた印象を感じました。また人材紹介会社についてもどんな人材が求められているかなどかなり詳しく説明してもらいました。その上で、お客様に是非応募していただきたいと言われました。

面談に望む際は、最低限自分の経歴と転職歴がある場合は退職理由をスラスラ言えるくらいにしておくことは大事です。さらに転職に際して自分の不安や経歴の弱点も正直に話し相談にのってもらってください。転職エージェントの面談は人事の面接ではないので、不安や弱点をさらけだすぐらいがちょうどいいと思います。これを機に履歴書・職務経歴書の書き方や面接対策を教えてもらえます。

紹介求人数と応募状況

企業募集情報

紹介求人数 0〜1件/1ヶ月 応募数 2件

提供される情報は、DODAから届く一般的な求人情報が載っているメルマガとパーソルキャリア(旧:インテリジェンス) DODAカスタマーセンターから届くスカウトメールがあります。他の転職サイトよりスカウトメールの数が多いと思います

1ヶ月の間に0〜1件ほどコンスタントに紹介がありました。興味が無かったり、技量的に無理な案件もありましたが、興味のある企業に応募し、1次・2次面接を経て採用されました。

履歴書・面接対策

書類通過数 1件 企業面接数 1件

<履歴書・職務経歴書添削>履歴書・職務経歴書は応募企業へ提出する前に、担当の転職エージェントへ送りアドバイスをもらいました。いくつかの経歴がある私の職務経歴書の中で、応募会社の業務内容に関係するところをより詳細に書くようにという提案をいただきました

<面接対策>応募した企業の業務内容に沿った経験を強調し、経験が無い部分は入社してから積極的に身につける、という姿勢を表すようアドバイスがあった。応募企業研究として、その会社のホームページはチェックしておくことを助言されました。

転職エージェントの対応

サポートの速さ 普通
転職を無理にすすめられたかどうか No

<サポートの速さ>その案件の紹介があった時は、私は大阪に住んでおり、紹介された会社の本社は神奈川県で、人材紹介会社も東京にありました。関東圏での就業も可能としていたので案件の内容は問題ありませんでしたが、担当の転職エージェントとは電話、メールのみのやりとりで結局最後まで会うことは無かった。転職してから挨拶に来ると言っていたが来なかった。

転職サポート時の電話やメールのやりとりで不安になった、やりづらさはありましたか?

あらかじめメールで電話面談の日時を決めてから電話が掛かってきたのですが、やはり顔も見たことがない電話口の相手に自分の個人情報を話すことについてはやはり抵抗があった

<知識とキャリア相談>転職エージェントの業界知識はごく一般的なものだったと思います。紹介された会社は以前から私も知っていたのでこれで特にこれで不便を感じることは無かったです。キャリア形成については、紹介された会社に採用された場合、最初の一年は契約社員で、その後正社員登用されるので、今後の生活を考えてもいい案件だと説明されました。

利用した人材紹介会社の評判

転職エージェント会社一覧

登録した数 転職紹介会社約10社/求人サイト4社
良かった会社 リクナビNEXT,DODAと@type
悪かった会社 PROSEEK,ハローワーク
また利用したい? Yes

既に、転職歴が数回あった私の経歴の中で、どの経歴が現在求められているかを見いだし、それに合った案件を紹介してくれるのは便利である。

<良かった会社>
リクナビnext:情報量が多い。求職者・求人会社共登録数が多い。長年利用しているのでホームページの構成が見慣れていて検索が容易で利用しやすい。
DODA:スカウトサービスは、このサイトのパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が一番充実していると思います。紹介案件も一番多い。
@type:DODAの次にスカウト案件が多い。

<良くなかった会社>
PROSEEK:スカウト案件には、これまでの経歴と全く関係ない会社からのものが比較的多い。中でも保険外交員とタクシー運転手募集の会社から何度もスカウトが来るのが嫌です。
ハローワーク:恐ろしく雇用者側の都合に偏った条件の悪い待遇のものが少なくない。但し、なかなか興味深い案件もある。求人を探すのが多少大変です。

転職活動を振り返る

転職の想いで

求人チェック リクナビNEXTは、毎週水曜日に新着案件を公表するので、毎週水曜日は1時間ぐらいパソコンでじっくり検索してます。また、登録している複数の転職サイトから来る案件を紹介するメルマガはスマホなどでこまめにチェックしていました。
経歴書作成 履歴書・職務経歴書は既に完成されたものを持っています

<苦労した点>情報の洪水に巻き込まれると企業の知名度や給与の高さだけに固執してしまうことが多いです。

<解決方法>求人を見る前に、自分が次にどんな仕事をどの地域、どの業界・職種でするかを明確にすることによって次に就きたい地域・業界・職種を決めました。

<経歴書のアドバイス>経歴や職歴が変更になればその都度変更してサイトにアップしています。

特に、職務経歴書は応募毎に転職エージェントに指摘してもらい、その都度修正して作り上げました。一番最初に職務経歴書を作成した際は3時間ぐらいかかったと思います。

<面接対策のアドバイス>面接対策は、応募企業のホームページをよく読み込みました。IR情報も見てその企業の業績も調べました

転職満足度

転職した後の意見

転職有無 DODAを利用して転職に成功しました
年収の増減 0万円から500万円に

<転職活動前後の気持ち>ある程度年齢が高くなってから転職すると即戦力になることを求められます。但し、あまり前職の成功体験を前面に出すと煙たがられるので、いつ、どこで、どの程度自分らしさを出していくかを考え、実践するのが大変です

特に、転職後〜半年間ぐらいは、精神的・肉体的にもかなりきつい期間です。どの会社で働いても問題点はあります。その問題点について嫌気がさして嫌になるか、それとも解決に導いていくかが、そこでの本人の評価になると思います。

<現在の仕事の満足度>英語を使ったり、ラオスへの複数の出張があり海外色豊かで興味深い仕事であった。

<前職に戻りたいですか?>DODAで紹介してもらった会社は、社風が古い体質の会社だったので、社内での社員同士の意思疎通や決済方法が堅苦しくて苦労しました。このことも原因の一つとなって退職しました。

<転職を考えている方へアドバイス>それぞれの転職エージェントが属している会社には得意な業界・分野があります。先ずは、自分が望む業界・分野に強い転職エージェントであるかを確認し、直接面談して、自分の希望、不安などを全て伝えましょう

その希望が現実的であり、不安などが転職によって解決されるなら、将来的に案件を紹介してもらえる可能性は高いと思います。しかし、希望が非現実的で、不安も的外れだとしても、転職エージェントから指摘してもらえますから、その部分を自分で再考して、次のステップにつなげることができます

貴重な口コミありがとうございました。


転職エージェントランキング2018年版スマフォ用