業界に精通している転職エージェントは、自分の市場価値を客観的に評価してくれる

転職エージェントが転職の仕方をご案内

人材紹介会社に登録するメリットの1つに自身のキャリアプランの相談があります。どのようなサポートをしているかまとめてみました。

業界に精通し多くの求職者をみている転職エージェントはキャリア相談に最適

自分のスキルがどのくらい他社から評価されるものなのか?これからどのようなキャリアを積んでいくべきか?働いていると気になるところですよね。

ただ、自身のキャリアを設計しようにも、他社の会社情報や業界の動きを全て把握するのはほぼ不可能です。情報源として転職エージェントを活用してみましょう。

転職エージェントは、日々、企業と接しているので業界に明るく、雇用や景気から業界の今後の動きについても熟知しています。また、多くの求職者のサポートをしているので、どういうキャリアアップの選択があるのかも把握しています。

何百・何千というビジネスマンの人生をみているベテラン転職エージェントにもなると、面談で話すだけで「この人はこの先課長止まりになりそうだ」など相談者の人生がみえてくると言っていました。(それが当たるというから凄いと思います。。)もはや職人レベルですね。有効に活用しない手はないです。

キャリア相談をした方がよいと思われる方

下記のようなことを考えたり、悩んだりしたことがある方は、一度転職エージェントにキャリア相談してみると良いでしょう。

  1. 自身のスキルが、どのくらい市場価値をもっているのか知りたい方
  2. 今後のキャリアプランをどう設定していけばいいのか分からない方
  3. 自身のしたいことが将来、実現可能か分からない方

転職が全てを解決するわけではもちろんありませんが、今の仕事の自分の立ち位置、これからのキャリアビジョンを明確にして損はないと思います。

転職エージェントにキャリア相談するメリットは?現役転職エージェントを直撃!

転職エージェントの活用方法について、アデコのベテラン転職エージェント藤田さんに直撃質問してみました。

アデコの転職エージェント藤田さん
Q 転職エージェントにキャリア相談をするメリットは?

「気づき」というところがありますね。我々は日々業界の動きを肌で感じています。例えば、昨年まで求人を探す段階だったのが、今年はキャリアアップを狙えるように変わってきている、という市場の流れが分かります。

現在の市場価値をみながら、転職にチャンレンジした方がいいのかどうかのタイミングを教えることができます。転職をおすすめしないようにアドバイスをすることもあるんですよ。

Q 転職をしない方がいいとアドバイスするのはどんなとき?

求職者の方が考えている自己実現をみたときに、転職というのはリスクもともないますので、今の会社の方がいいのか、新しい会社で進めるべきかを見極めて、アドバイスするようにしています。

Q 自社のことには詳しくなっても、他社のことは意外と分からないですね。

そうですね。転職をされる方は、1社しか経験されていない、多くても2社、3社ぐらいです。転職エージェントとして1年、2年携わっていると、業界のことが横断的にみえてきます。

他の会社がどうなのか、求人がどういうところがあるのか、どういうところが向いているのか、そういうところはお伝えできます。

Q 面談時に気を付けることは?

聞くようにしていますね。折角来ていただいたので、何かの形でお返ししたいと思っています。何か提案するにもお話を聞かないとできないので1時間、2時間とじっくりお話しを聞いて、出来るだけ希望にそったものをご提案しています。中には5時間面談された方もいましたね(笑)

まとめ

仕事柄、様々な場面でビジネスパーソンにお会いしますが「思っていたのと違う」「同僚との飲みは会社の愚痴」など仕事内容や環境に不満や不安をもっている方が思った以上に多いなと感じます。

勤務している企業や仕事内容に不満がありながらも、立ち止まって考える機会をもたず日常を送っている現状がありました。仕事に不安がある方、将来のキャリアアップを目指す方は、一度転職エージェントと面談して、自身のキャリアの棚卸をしてみるのも選択肢としてありだと思います。エージェントに客観的に評価してもらうことで広い視野で今後のキャリアを見つめなおすことができます。

転職はまわりに相談しづらいので1人で抱え込んでしまうケースが多いですが、ひとりでは業界全体の動きを把握するのは難しいです。

登録をしたから転職を強要されることはないので、あまり構えずに一歩進んでみるのもありだと思います。

ベンチャーから大手企業までオールマイティーに求人を揃えているアデコ