転職エージェントの選び方ー大手と特化型の活用方法

人材紹介会社のサービスとは

全国には、18000事業者以上(厚生労働省「職業紹介事業報告書」より)の転職エージェント会社が存在します。初めて転職する際に、膨大な数の中から自分に最適な転職エージェントを見つけることは至難の業です。

そこで、転職エージェント各社を比較して最適な会社をみつけるための判断基準として、当サイトで実施している転職エージェント会社を見極めるポイントをご紹介します。

さらに、現役の転職エージェントの方にヒアリングを行い、特徴と選び方のポイントをまとめました。

最適な転職エージェント会社を見つけるために知っておくべき3つの指標

転職エージェントの選び方

「多数の転職エージェント会社の中からどこの会社を選べばいいか分からない」という声をよくお聞きします。

そこで、当サイトでは転職エージェント会社を「求人数」「書類添削と面接対策」「サポート対応」の3つの指標で比較しています。

求人数は、「希望する職種や条件に合致するものが多かったのかどうか」「定期的に求人の紹介はあったか」「適性を見た上で希望外の提案をしてくれるか」などから良し悪しを判断しています。希望条件に合うものがないと転職ができないため重要なポイントです。

また、他業種の求人数も1つの指標となります。実例で、IT技術職の希望の方が転職エージェントから「営業職が向いているのでは?」と提案され、面接にいってみたところ採用担当者と意気投合して転職されたということがありました。

書類添削・面接対策では、転職活動をフォローしてもらう指標となります。初めて転職する方には、経歴書にほぼ100%手を入れていると転職エージェントが回答しています。

経歴書を最適化すると書類通過率が大きく変わるので、添削サポートを受けておくことが転職成功の近道となります。面接は模擬面接の他、面接時に転職エージェントが同行してフォローしてくれるところがあります。

サポート力は、転職エージェントの応対の速さと、スムーズなやりとりができたかどうかみています。転職エージェントも1人の人間ですので、個々の対応に差が出ます。「キャリア相談に乗ってくれるか」「不安な心境を聞いてくれるか」「進捗状況を確認してくれるか」などから判断します。

複数の転職エージェント会社に登録してリスクヘッジ|平均2社から3社

転職エージェント会社への登録は、複数社への登録をおすすめしています。理由は、求人数のバリエーションを増やしていくためと、転職エージェントのあたりハズレのリスクを避けるためです。

転職活動した方にアンケートしたところ(当サイトにて実施している利用者アンケートより:対象者300人:調査期間2014~2017年)、転職に成功している方は平均2社から3社と、転職エージェントを複数利用していました。

様々な職種を持つ大手の転職エージェント会社を1~2社、1つの職種に集中している特化型の転職エージェント会社を同じく1~2社登録するのが賢い選択です。

それ以上になると、転職エージェントとの対応や、面接日が増えて調整が大変になります。登録して一定期間活動をして、新しい情報が出てこない場合や時間に余裕がある方は、適宜追加していくと良いでしょう。

おすすめの会社をランキング形式でまとめました

説明人物当サイトでは、実際に転職エージェントを利用して転職活動をした方から先述の3つの指標で採点した口コミを集めています。その採点結果から各転職エージェント会社のおすすめ度を導きだしました。

点数が高い転職エージェント会社は、多くの利用者から高評価をもらっていて、担当になるエージェントのあたりハズレが少なく、安心してサポートが受けられる可能性が高いです。

どこに登録していいか探したい方は下記のページが参考になります。

転職エージェントおすすめランキング2016-2017|転職活動の実体験談から評価


職種別におすすめの転職エージェント会社は下記のページにそれぞれまとめています。

ここがポイント
  • 転職エージェントを選ぶ3つの指標は「企業求人数」「転職活動スキルを高める書類添削と面接対策」「円滑に進めるためのエージェント対応」ではかる

転職エージェントを選択する際のポイント│大手と特化型の併用で複数利用する

転職エージェントは併用する

年齢層、業界、職種、性別、経歴、志向性、居住地等によって、どのように転職エージェントを選んでいくかの方法論はそれぞれ異なりますが、ここでは全ての方に共通しているポイントをお伝えします。

総合型の大手転職エージェント会社から情報収集を開始する

最も情報量が多いところを見て全体像を把握します。転職市場の相場観を養うこともできます。

気をつける点が2点あり、大手の場合は求人数が複数の職種の合計値であるため、例えばアパレル1つの職種にしぼってみると、アパレルに特化した転職エージェント会社の方が求人数が多いことがあります。

もう1つは、フリーター求人や、転職支援が最近活況になってきた保育士、介護士などの職種は大手の転職エージェント会社で扱っていない、または弱いことがあるので、特化型の転職エージェント会社を探しましょう

転職エージェントの両手型、片手型を使い分ける

転職エージェントの業務形態には2種類があり、「両手型」と「片手型」に分かれます

  • ・両手形:1名の転職エージェントの担当者が、企業側と転職希望者側の両方に対応する。
  • ・片手型:転職エージェントの中で、企業側担当者と転職希望者側担当者が分かれている。
それぞれメリット・デメリットがあります。選択肢を広げたい・幅広く求人を見たい場合は片手型を選ぶ方が良く、これまでの経験が活かせる会社に入りたい・この職種をしたいと決めている場合は両手型の方がスムーズに進みます。

  • 両手型のメリット:個別企業について詳細な情報を持ち、連携がスムーズ。
  • 両手型のデメリット:転職エージェントの担当者の力量や担当業界によって選択肢が狭まるリスクがある。
  • 片手型のメリット:幅広い業界・職種をフラットに検討できる。
  • 片手型のデメリット:情報連携や情報の深さが相対的に劣るリスクがある。
ここがポイント
  • ・転職エージェントは総合型の大手から情報収集を開始する
  • ・転職エージェントの両手型と片手型を使い分ける

職種・UIターン別にみる転職エージェントの選び方

人材紹介会社のサービスとは

職業別・UIターン別に転職エージェントの選び方をまとめました。

営業職の場合

最も募集が多い職種なので、どの転職エージェントでも比較的豊富に案件を保有しており対応しやすいです。そのため幅広く登録し、相性を見ながら転職エージェントを選択するのが良いです。

専門職の場合

ITエンジニア、技術職、金融、コンサル、保育士、薬剤師、看護師などの専門職の転職では、業界に特化した転職エージェントの台頭がみられます。大手以外に業界専門の転職エージェント会社も登録し、複数登録で情報をおさえておくようにしましょう。

一般事務職の場合

大手型と、リクナビネクストのような転職求人サイトを併用した探し方がおすすめです。採用企業側は「一般事務は派遣社員でも可」という選択肢があり、「契約社員もし良い方がいれば正社員」というくらいのスタンスです。あまり採用コストはかけたくないという事情があります。

転職エージェント側も採用成功報酬が低額であまりうまみがないので積極的に対応しづらい裏側があります。大手総合型であれば、人員的な余裕もあるので比較的まっとうに対応してくれるでしょう。

Uターン・Iターン

地方での転職(UIターン)は、想像以上に転職成功の難易度が高くなると見込まれるため、事前準備と情報収集、じっくり探す必要があります。

総合型・大手転職エージェントは、求人数が圧倒的に多いため、そこを押さえることから始めます。ただし、大手企業の地方支店が多いため、あまり選択肢が多いとは限りません。

そのため、各地に根付いた転職エージェントにもコンタクトをとりましょう。ただし、地方に行くほど優良な案件は少ないので、多くを期待せず1件でも該当する案件があれば良しとするスタンスで臨みましょう。

より情報を集めたい方は転職エージェントで情報収集しながら、転職したい県や市に足を運び、地元の情報(自治体、友人知人、商工会等)を集めてください

首都圏で情報を集めたい場合は、地方自治体と連携したNPO法人 ふるさと回帰支援センターの活用も良いと思います。

ここがポイント
  • ・営業職・一般事務・専門職で転職活動のスタンスを変える
  • ・地方の転職では大手・総合型を押さえ、地元の転職エージェント会社へのコンタクトをとり、自治体、友人知人、商工会等の情報を集める

転職エージェントのサービスとは?│企業と転職希望者を繋ぐ転職情報のプロフェッショナル

転職エージェントの仕組み

転職エージェントというビジネスは「転職情報の仲介業」です。転職情報に関わる商社、ととらえていただければ理解しやすいかもしれません。

基本的な登場人物は、採用したい企業・転職エージェント・転職希望者の3者であり、企業と転職希望者の間にいるのが転職エージェントです。転職エージェントは各種の情報を「企業」と「転職希望者」の双方に提供し、最適な情報マッチングを図ります。

ビジネスモデルとしては、転職希望者側は無料で、採用企業側から採用の成功報酬として転職エージェントが料金を受け取ります。

非公開求人の情報提供

一般的に非公開求人は、転職サイトに掲載されている求人の2倍から3倍ほどを転職エージェントが保有しています。大手企業の求人情報は公開されずに転職エージェントのみに開示されることも多く、仮に企業HPや転職サイトに募集が出ていない企業でも転職エージェントに問い合わせると見つかる可能性があります。

※企業が非公開にする理由は、ネット等に公開すると採用対象とならない方(憧れ応募等)からの応募が大量に発生し、採用業務がスムーズに行えなくなるためです。1次スクリーニング機能を転職エージェントが担っています

キャリアカウンセリングサービス

問いに答えるなど、転職エージェントと話し合うことで、転職理由、経歴、経験業務内容等の棚卸ができます。

書類添削サービス

誤字脱字、職務経歴書の見せ方やアピール内容などの添削を受けられます。

面接対策サービス

模擬面接をして、話す内容へアドバイスしたり仕草を見たりします。また、面接NG回答等の情報提供を通じ、面接で力を発揮できるようサポートします。

面接日程調整等のサービス

個人で1社ごとの面接日程の調整や各社とのやりとりを行うのは非常に負担ですが、その事務的・心理的な負担を転職エージェントが肩代わりして一括して対応します。

心理面のサポート

優秀な方でも、内定までの間に書類選考で半分以上がお見送りとなり、落ち込む方もいらっしゃいます。そういったとき、数多くの転職成功を支援してきた転職エージェントが相場観や解決策を提示するなど、心理面のサポートをすることで、次のアクションをとれるようになります。

他にも細かいサービスはありますが、独自に転職活動をされることと比較すると「情報の鮮度や質の高さ」「ご自身の強みの明確化」「選考を通過するための具体案の提供」「心理面のサポート」の面で転職エージェントをご利用する価値はあります。

ここがポイント

転職エージェントと他の転職サービスを比較したメリットは下記の4点

  • ・非公開求人の情報提供
  • ・キャリアカウンセリングサービス
  • ・面接対策サービス、面接日程調整等のサービス
  • ・心理面でのサポート

まとめ

基本的には大手と特化型で3~4社ほどの複数利用で、求人や情報に漏れがないように補足していく形がベストです。両手型・片手型の違いもあるので、その組み合わせを考慮しつつ選択するとより良い結果が待っています。また、転職エージェントを選ぶ際は「求人数」「書類添削と面接対策」「サポート対応」の3つを指標で比較してください。 転職エージェントは無料で利用できるため、得することはあっても損することはありません。転職エージェントを使い倒して転職成功を目指しましょう。

参考サイト:
厚生労働省 有料職業紹介事業所数

転職エージェント会社に登録する前に読まれているコンテンツ

よく質問される内容や、転職エージェントを活用するメリット、登録後の面談についてなど、転職エージェントを初めて利用する人に質問される内容をまとめています。

転職エージェントの面談は怖くない!準備や服装等気になる質問13個をまとめました

転職エージェントの登録を考えてる人に頻繁に質問される内容まとめ

転職エージェントの添削は必須!履歴書・職務経歴書の通過率が上昇

人材紹介会社の登録から内定までの流れと気を付けるポイント