ジェイックで転職した20代男性の口コミ|体育会系のノリが強かったです

13人が参考になったと回答
口コミ評価
合計515
  • 求人満足度2点2点
  • 書類添削度1点1点
  • サポート力2点2点

多くの会社と面接をする場を頂けたのは大変ありがたかったのですが、会社案内書と実際の業務体系が異なる会社ばかりでした。営業カレッジは体育会系のノリがかなり強く、常に大声での返事、挨拶、熱血系の講義でした。

求人満足度2点2
書類添削度1点1
対応度2点2

ジェイックのリアコミジェイックのリアコミスマフォ用

前職の仕事内容・転職理由・選んだ決め手

前職と勤務歴 フリーターを2年6ヵ月
転職回数 0回目

人物 <仕事内容>:飲食店における店長候補として、店長補佐及びマネージャーを担当しておりました。
ホール、キッチンの業務、食材管理、売り上げ管理、シフト管理、売上報告、POSレジ等の各種設定

<転職理由>:毎日終電に乗れずに自腹でタクシー帰宅。ワンオペによる肉体的ストレス

<叶えたかった事>:仕事に追われて終わる一日が嫌だったため、仕事以外の時間を持ちたかった。この仕事を続けていて将来に不安しかなかったのでそれを変えたかった

ジェイックを選んだ決め手
  1. インターネットでの広告をよく見かけており、気になっていた
  2. 大学時代の同期生にジェイック卒業生がおり、事前にやる内容を聴けて興味を持った
  3. 20社以上の会社と無料で面接できると聞いてチャンスが多そうだと感じたから

面談した感想とアドバイス

面談イラスト

担当者名・年代 川原 由梨奈さん・20代の女性
印象 元CAということもあり、非常にきれいな方でした。佇まいからして、非常に仕事が出来そうな雰囲気を持っており、少し近付き辛い印象がありましたが、実際に話してみると会話が面白い素敵な方でした。

<面談の流れ>:事前にアンケート回答→回答見ながら各種質問→次の会社に入社してからどのようにふるまうべきか→世間話(家族のことや今後の人生のこと)

<面談前後の気持ち>
(面談前)初めての転職で、不安が非常に強く、どのように振舞うべきかがわかりませんでした。
とにかく不安な気持ちが強かったことを覚えています。

(面談後)アンケート内容を見たうえでどういった業種につくべきかを的確にアドバイスを貰えた。
また、3年未満で退職している点に触れ、次に入社する会社は3年以上働いておいた方が今後、また転職するとなった場合でも有利に働くから頑張って欲しいという激励のお言葉を頂きました。

<アドバイス>包み隠さずに思っていることを伝えることが第一です。転職エージェントの方は常に全力でぶつかってきてくれますが、こちらがそれに応じて隠さず話していれば更に熱を込めて本気で相談に乗ってくれます。

集団面接の状況

求人イラスト

面接数 35社 内定数 2社
集団面接は、一人で転職・就職活動するよりもやりやすかったですか? はい

私が通った時期はジェイックでは繁忙期で、求人数も一年の中で最も多い時期でした。その為、大変多くの会社と面接することが出来、とてもありがたいと感じました。

ただ現在働いている会社も含めてですが、会社案内書に書かれている内容と異なる会社がいくつかありました。現に、書かれている内容と実際の業務体系が異なりすぎてすぐに退職をしたジェイック同期生が何人かおります。

そういう意味では、やはり人集めの為にある程度の改変は行われているなと感じます。

営業カレッジ

ビジネススキルが身についたとお感じですか? はい
体育会系のノリは
ありませんでしたか?
かなり体育会系のノリが強かったです。常に大声での返事、挨拶、熱血系の講義でした。

基本は講師が絶対で、何か癇に障ることをしたら連帯責任で謝る感じでした。
同期の研修メンバーとは研修後も交流があるのでしょうか? 一切ありません。

転職エージェントの対応

サポートの速さ 早かった
転職を無理にすすめられたかどうか YES

<サポートの速さ>就職後の研修の場を設けてくださったり、ジェイック卒業後に顔を出した時でも色々と気にかけてくださり、とても安心感はありました

ただ、入社後の個別のアフターフォローを売りにしていた割に私の時は一切なかったので、その点はマイナスだと思っています。

<知識とキャリア相談>営業カレッジ、と銘打っていることもあり営業のやり方や覚えておくべきことといった内容に関しては色々とご指導いただきました

営業する時の挨拶の仕方や目線、営業の仕方等を教えて頂きましたが、実際に会社に就職してから思ったことは「ジェイックだから学べたことってあったのか?」という疑念に尽きます

無理な転職の勧めがあった場合、具体的内容をお教え下さい。

ジェイック側は人を採用させて初めて売り上げとなる為、営業カレッジに最後まで参加していた就活生に対して「ここで就職しないのはあり得ない」というような雰囲気が出ます。

その為、常々「あなたたちは選ぶ側の立場にいない、来てくれている企業全部に対してマッチングしてもらえるように〇以上を付けてください」ということを言われました

※マッチング...集団面接後、企業側と就活生側とでお互いに◎、〇、△の三段階で評価をしあい、お互いが○以上の評価の場合は個人面接につながるという方式でした。

飛び込み営業

<飛び込み営業前後の気持ち>
飛び込み営業をやる前:非常に緊張しており、正直やりたくない気持ちが強かったです。
理由としては、相手は普通に仕事をしており、こちらは研修中のフリーターという身分であり、また、営業に関する本を押し売りするという内容だったため、非常にやる気を出しづらい環境でした。

飛び込み営業をやった後:言われるままにとりあえず数だけは伸ばしましたが、飛び込み営業をやる間と同じく、相手の時間を奪ってしまって申し訳ないという気持ちが非常に強かったです。

<飛び込み営業研修で苦労した点>
毎月同じエリアで飛び込み営業研修を実施しているようで、多くの会社から「またきたの?」と言われたのが非常につらかったです。 その中で本を売らなければならなかったので、非常に苦しい想いをしました。

利用した人材紹介会社の評判

企業一覧

登録した数 転職紹介会社1社/求人サイト2社
良かった会社 転職紹介会社:なし
求人サイト:DODA
悪かった会社 転職紹介会社:ジェイック
求人サイト:リクナビNEXT
登録できなかった会社 なし
また利用したい? NO

<評判や利用前のイメージとの比較>
事前にジェイックを卒業した大学時代の同期生から話を聞いていましたが、主に悪い意味で想像通りの内容でした。

体育会系のノリが強く、常に大声を出さなければならず、最初からあまり良い印象は受けていませんでしたが、多くの会社と面接できるという事で受けました。

ですが、上記のような体育会系のノリが強く、講師の癪に障るようなことがあれば講義を放棄して自室に戻っていってしまう等、時間を無駄にされた感が非常に強い印象でした。

元々無料の研修という事で受けていましたが、拘束されている時間を無駄にされた感は否めません。飛び込み営業に関しては言わずもがな、研修内容についてもあまりメリットは感じられませんでした。

<良くなかった会社>
ジェイック:多くの会社と面接をする場を頂けたのは大変ありがたかったのですが、会社案内書と実際の業務体系が異なる会社ばかりでした。

また、私は元々新卒入社した会社を退職して、基本的なビジネスマナーは前職で教わっていたので、ジェイックだからコレを学べた!というのは特にありませんでした。

営業職は初でしたが、それに関しても書店で販売されている一般的なビジネスマナー研修と言った予想通りの内容でした。

異なる点は常に大声を出すところくらいでしょうか。

<求人サイトを利用した感想>
基本的にはどういった求人があるのかを眺めるためだけに登録をしました。

元々、ジェイックには「営業ってどんなものだろう?」と勉強するつもりで入ったため、営業職がダメそうならDODAの転職エージェントに相談してみようと思っていました。

リクナビNEXTに関しては、前職の情報を入力した際に「飲食店は希望しない」という内容で登録していましたが、飲食店の求人ばかりが流れてきたため、うんざりして使うのを止めました。

<ハローワークを利用した感想>
失業保険をもらうためというのが最優先ではありましたが、転職に関するセミナーや相談員の方が非常に親身になって相談を受けてくださり、気持ちが楽になったことを覚えています。

転職活動を振り返る

活動の図

履歴書で注意するポイント 修正点
・重要視したい部分は太字でアピールをする
・文章はなるべく「~で」「~から」「~のため」を使わないようにする
・マイナスの部分(転職理由)はなるべく記載しない

内容
・重要視したい部分は太字でアピールする
普通に履歴書を書いているだけでは全く印象に残らないと考えたため、なるべくアピールしたいポイントについては太字にするように気を付けました。

それによって、流し読みをされたとしても記憶に残りやすいように配慮しました。

これはジェイックで指導されたことではなく、私個人のオリジナルです。
・文章はなるべく「~で」「~から」「~のため」を使わないようにする
ジェイックで指導を受けた箇所です。
文章が長いと読み手が非常に困りますし、内容に飽きてしまいます。
また、同じような履歴書を一度に何十枚も見させられるため、なるべく文章を短くして要点だけを伝えるように書けと言われました。
・マイナスの部分(転職理由)はなるべく記載しない
これもジェイックで指導を受けた箇所です。
基本的に履歴書は、面接時の補助書類と言う立ち位置の為、実際に話の中で出てきそうなことは書かなくてよいと言われました。
職務経歴書で注意するポイント 修正点
・前職で具体的に何をやってきたのか
・前職での立ち位置、普段から気を配っていたこと
内容:基本的に、転職ということでジェイックを受けている人の場合は前職で具体的に何をやってきたのかを細かく書くように指示を受けました。 企業側は、前職でどのような活動を行ってきたのかを知りたいので、その部分を重点的に記載すると印象が良くなるとのことでした。

私の場合は飲食店だったため、ホール・キッチンでの仕事内容をそれぞれ記載し、売上報告や店舗運営に関して考えていたことを記載しました。 また、面接時に改めてその部分を押して話をしました。
面接で受けた質問と回答内容 修正点
【個人面接】※1時間程度
・前職のこと(やってきたこと、退職理由)
・実際の仕事内容に関して
・次回社長面接時のこと
【社長面接】※20分程度
・前職のこと (同上)
・世間話
内容:個人面接では、現在所属している法人営業部の部長との個人面接でした。私の場合、通常は集団面接を経て個人面接、社長面接と進むはずのところを書類選考のみで個人面接に進むという特殊なケースだったため、これが初めての面接でした。

基本的には前職のことを色々と聞かれ、その後に実際の仕事内容について話を聞いて、その場で次回の社長面接の日程や内容などを伺いました。後から聞きましたが「履歴書提出の時点で書き方や内容が群を抜いていた為、ほぼお前で決まっていた」という話を聞きました。社長面接では、前職のことを同じように聞かれ、その後は世間話を少し下程度で終わりました。世間話の内容は「お酒は飲めるの?」といったような話から、退職した後にやっていたインストラクター業について聞かれたりしたくらいで、特に困るような内容の質問はありませんでした。

これも後から聞いた話ですが、法人営業部の部長が推薦してくださったおかげですでに内定は決まっていたようです。「どういう人間をここまで推しているのか気になった」ということで社長面接を行ったようです。

<苦労した点>特にないです。強いて言うならば就職してから見えてきた内容と、研修中の会社案内書の内容が異なる部分でしょうか。

転職満足度

転職前後

転職有無 ジェイックを利用して転職に成功しました
年収の増減 350万円から300万円に

<転職活動前後の気持ち>主に生活面が変わりました。今までは毎日深夜2時、3時に帰宅して10時には店舗に出勤するという生活でしたが、現在は9時~18時の勤務体系です。

どんなに遅くとも20時には自宅に帰ってきているため、自己投資するための十分な時間の確保が出来るようになったのはとても大きなメリットであると言えます。

<現在の仕事の満足度>前職と比較して、18時には仕事が終わって20時までには自宅に帰れるので自分の時間が非常に多くなったのは大変満足度としてはポイントが高いです。

仕事の内容としては、待っていれば勝手にお客さんが来た店舗と比較して、自分から動かなければお客さんが見つからないので、自主的に動かなければならないという意味では面白みがあります

<前職に戻りたいですか?>前職に戻りたいとは一切思いません。給料は下がりましたが、それは残業代がなくなっただけの話なので、確実に今の生活の方が幸せに感じます。

休みもなく、常にストレスを抱えながら生きていくことに意味はありません。前職はそういう場でした。

今では比べ物にならないほどの自由な時間を手に入れることが出来たので、そういう意味では大満足です。

<転職を考えている方へアドバイス>通常の転職サイトの場合、自ら応募して面接までこぎつけなければなりませんが、ジェイックに関しては1週間から2週間の研修を受けさえすれば何十社もの会社と面接をすることが出来ます。自分一人だけではなかなか出来ないことなので、それだけを目的として受けるべきです。

研修内容自体は営業本に書いてあるような内容ばかりですし、大声を出して返事、挨拶、意気込みを語る等の体育会系なノリが非常に強いです。それを乗り越えることさえできれば、多くの会社と楽に面接をする機会が与えられるので、ぜひ頑張って欲しいと思います。

貴重な口コミありがとうございました。


転職エージェントランキング2018年版スマフォ用