介護士の採用面接でよく聞かれる質問と対処方法|現役転職エージェントが徹底解説

介護業界は人手不足ではありますが、他の業界と同様に採用面接は存在し、誰でも簡単に採用されるわけではなく、受け答えによっては不採用、という事も十分にあります。

今回は、介護士の採用面接でよく聞きかれる質問と対処方法を、多くの転職支援実績を基に、現役の転職エージェントに解説してもらいました。採用面接を成功させるために是非ともポイントを覚えておきましょう。

 
求職者

求職者

採用面接で上手く答えられるか不安で...

介護士の採用面接では特に介護のやりがいや、仕事面で今後どのようにしていきたいかについて良く聞かれます。事前にご自身の考えをまとめておいた方が良いと思います。

転職エージェント井村さん

転職エージェント
井村

求職者

求職者

なんて答えればいいんでしょうか?

正解はありませんが、面接官にその施設で勤務している姿をイメージしてもらうことができるような回答をした方が良いです。

転職エージェント井村さん

転職エージェント
井村


介護士の採用面接でよく聞かれる質問ベスト5|押さえておくべきポイント

1.介護職のやりがいは?

NG回答

人の役に立てる事です。

模範解答

ご入居者様・ご利用者様がより良い生活を送ることに直接的に貢献できることだと考えております。日々一緒に働くスタッフともコミュニケーションを取りながら、ご入居者様・ご利用者様の悩みまでも深く入り込み、それを解決することができた時に、とてもやりがいを感じます。

ここがポイント
解説

介護職経験者であれば、まず間違いなく質問されるのがこの質問です。介護業界というのは利益追求を第一とする多くの業界と違い、支援や介助を必要とする方への社会福祉の面が強くあります。

また、仕事自体にきつい面も多くある中で、介護職のどの部分にやりがいを感じる人なのか、施設としてやりがいを叶えてあげることができ、結果的に仕事を長く続けることができそうかを判断されると思っていただいて間違いありません。

常にやりがいを持つことを考え、介護という社会福祉の向上・ご高齢の方々に貢献したいという気持ちをしっかりと伝える必要があるのです。

2.前職を辞めた理由はなんですか?

NG回答

給料が安く、職場環境も待遇面も適切ではなく、上下関係についても思うところがあったので退職しました。

模範解答1

介護福祉士資格を取得することができたため、将来的にはケアマネージャーとして勤務できるところを希望し、退職いたしました。

模範解答2

自身の影響力を高めたいと思い、小さな組織・施設で勤務をしたいと思い、退職いたしました。

模範解答3

将来的には管理者を目指すことが自身のキャリアビジョンにおいて重要であると考え、積極的に施設を展開しておられる貴社で、キャリアアップをしたいと思い、退職いたしました。

ここがポイント
解説

引っ越しや両親の介護などのやむを得ない事情で前職を辞めた場合は別ですが、職場への不満や人間関係の悪さから辞めた方は、例えそうだったとしても面接の場でストレートにネガティブな理由を言うのは控えた方が良いでしょう。

もちろん、面接で嘘をつけというワケではなく、職場への不満なども「待遇が悪かったから辞めました。」とストレートに言わず、「仕事のやりがいは感じていましたが、待遇面で納得の行かない部分があり、上司とも相談を重ねましたが、折り合いが付かずに退職いたしました。」という風に、前職での不満点と合わせて、仕事への意欲と上司とも相談もできるという点アピールをすることで、印象もグッと変わってきます。

3.どんな介護士になりたいですか?

NG回答

一人前の看護師になりたいです。

模範解答1(入居者第一の方針の施設)

まずは入居者様に、より良い生活を送っていただくことができるような、通常の介助プラスアルファを提供できる介護士になりたいです。

模範解答2
(施設スタッフを大事にする施設)

既存スタッフ様ともうまく連携を取り、チームの輪をより良くすることができる介護職員になりたいです。今までの経験を活かし、ベテランスタッフ様と新人スタッフ様との懸け橋になりたいです。

模範解答3(家族様を大事にする施設)

ご入居者様のご家族様にまでも、ご安心いただける介助をすることができる介護士になりたいです。

ここがポイント
解説

「どんな看護師になりたいか?」「どんな介護がしたいか?」などの質問は、介護業界に限らずに面接でよく聞かれます。「立派な介護士になりたい」では、具体性がなさ過ぎて面接官には一体なにを目指しているのか伝えることできません。

このタイプの質問には、より具体的な答えを返すことが重要です。

例えば、「仕事に慣れながら介護福祉士などの資格取得を目指し、管理者として働けるようになりたいです。」このように、具体的な目標などを交えて、入社してからの働き方や目標を答えることで、面接官に好印象を持ってもらうことができます。

4.何故弊社を選ばれたのですか?

NG回答

自宅からも近く、待遇面でも条件にあっていたからです。

模範解答1(大きな法人の場合)

経営基盤がしっかりとしている貴法人にて、安定的に長期就業をすることができればと思い、志望いたしました。

模範解答2(小さな法人の場合)

これからまだまだ発展するであろう貴法人にて、自身の経験を最大限活かすことができればと思い、志望いたしました。

ここがポイント
解説

数ある介護求人の中から「なぜ弊社を選んだのか?」という質問は、面接において必ず聞かれると言っても過言ではありません。応募する介護施設を選んだ理由が、給料や待遇面であるというのが悪いワケではありませんが、それを素直に言ってしまうと、面接官の印象は悪くなってしまうでしょう。

多くの場合に、このタイプの質問をする面接官が聞きたいのは、事前に自分が働く場所の情報などをしっかりと調べて、「施設の強みや特徴などを把握しているかどうか」と言うことです。求人票の情報だけでなく、ホームページ情報や実際に施設にまで足を運び、事前に応募先の情報を知っておくことは、非常に重要です。なによりも自分が働くかもしれない場所のことを何も調べずに面接に臨むことは絶対に避けた方が良いでしょう。

5.夜勤や残業はできますか?

NG回答

子供が居るので残業はできません。

模範解答1(夜勤ができない場合)

夜勤に入ることは現状は難しいです。現時点では子供が小学校に通っており、夜間帯に1人にすることに不安が残ります。ただし、子供が中学校へ通い始めたら、夜勤に協力させていただきたいと思っています。

模範解答2(残業ができない場合)

現在は残業に協力することが難しいです。現状は、子供が小さく、家事等する必要があるためです。ただし、可能な限り、両親へ協力依頼をし、皆様と同じシフト条件で勤務させて頂くことができればと思っております。

ここがポイント
解説

介護という仕事では、夜勤での勤務や残業を求められることはよくありますが、「できない」のに「できる」と答えることは、その場は良くても採用後にトラブルとなってしまいます

「夜勤も残業もできます」と答えるのが、ベストであるのは確かですが、不可能な場合は正直に「できない」と伝える必要があります。しかし、「やりたくない」と答えては面接官の評価は大きく下がってしまいます。

夜勤や残業ができない場合は、「できない理由」を正確に伝えて、相手に理解をしてもらうことが重要となってきます。

求職者

求職者

なるほど。面接ではこういうことが良く聞かれるんですね。

採用面接で聞かれる質問には、ある程度の傾向がありますが、時には思っていなかった質問も飛んできます。そんなときは回答し辛いことでも、はっきりと伝えた方がいいでしょう。

転職エージェント井村さん

転職エージェント
井村

求職者

求職者

上手くできるか不安ですが、がんばってみます。

まとめ

介護士の採用面接でよく聞かれる質問についてご紹介してきましたが、重要なのは正しい答えを言うことではありません。一般的に正しい答えであっても、それが本人にとって嘘であれば全く意味がなく、採用されたとして後ろめたさを感じてしまうでしょう。

面接というのは、面接官の望む答えを言う試験ではなく、人柄やコミュニケーション能力を見ているのです。

面接官の立場になって、「どんな人と一緒に働きたいか」を考えるようにすれば、採用面接での受け答えも自然と見えてきます

もしも、毎回緊張して面接がうまく行かいないとお悩みの方なら、転職エージェントでは模擬面接などの面接対策も行っているので、活用してみることをオススメします。

この記事を解説してくれた転職エージェントのプロフィール|介護ワーク 井村 雅昭さん

人材業界での営業・コーディネーターとして約5年のキャリアがあり。担当した求職者の面接通過率は約80%を誇る

施設側には、希望を最大限理解していただいた上での面接、求職者側には、面接前から通過するイメージができる面接を調整することに定評がある。

その結果、就業継続率も業界水準より大幅に高い状態を維持している

井村さんから求職者へのメッセージ

井村雅昭さん

転職には不安がつきものですよね。

行ったことのない施設で面接を受ける事も、とても不安に感じられると思います。

その不安を取り除き、良い面接ができた上で、長期的に活躍することができる職場を紹介させていだきます!

介護ワークの口コミや取材レポートを知りたい方はこちら

介護士の転職を考えている方におすすめの転職エージェント「介護ワーク」正社員転職で年収100万円アップも

介護ワーク

転職エージェントは一般求人サイトとは違い、求職者1人ひとりに専任のエージェントが付いて転職活動をサポートしてくれるサービスです。基本的に求職者は無料で利用することができるので、1人での転職活動がうまくいっていないのであれば、是非活用してみることをオススメします。

 

介護士の転職エージェントなら、今回実際に職務経歴書添削を指導してくれた介護ワークは転職支援実績も豊富で、はじめての転職でもしっかりとサポートを行ってくれます。

介護ワークは、年収アップ交渉に強みがある転職エージェントです。転職サポートで最大年収100万円アップさせた実績があります。介護経験のある方は高時給が狙えると思います。

サポートしてくれるエージェントの中には、人材業界歴10年以上の方や介護福祉士の資格を持つ方が複数在籍。介護業界や施設1つ1つを熟知しているので初めての利用でも頼りになります。

正社員の転職サポートは5拠点で提供。派遣に関しては全国43か所で地方の方もサポート対応

正社員の転職サポートの拠点は東京・大阪・福岡・宮城・新潟の5拠点なので、サポートを受けられるのは首都圏・関西圏・福岡県・宮城県・新潟県で転職を希望する方になります。派遣は全国43か所に拠点があるので、地方の方でも利用できます。

正社員の求人は5,500件以上保有。正社員希望・資格なし・未経験で働ける求人が2,000件以上と豊富で、ブランクがある方やキャリアチェンジしたい方にも向いていますね。

未経験の方や、経験を積んだので年収アップしたい方にオススメの転職エージェントです。