支店の展開と求人のバリエーションに力を入れている『看護のお仕事』に取材してきました

typeの受付け看護のお仕事は多彩なサービスの提供や、給与などの勤務条件交渉を得意としている、看護師さん向け人材紹介会社です。

今回は転職エージェントの特徴や、『お悩み相談室』や『求人リクエスト』といった「看護のお仕事」が独自に行っているサービス・力を入れて取り組んでいるサポート内容に関するお話をしていただきました。また、看護業界の流れや求められている人材の特徴についても教えてくださいました。

type転職エージェントの強みと特徴

インタビューにお応えしてくださったのは、メディア事業部の棚橋さん(画像左)・現役転職エージェントの坂口さん(画像真ん中)・インターネットマーケティング部の田中さん(画像右)です。


⇒ 看護のお仕事の評判と口コミはこちら

【看護業界の動き】看護師不足は継続している。訪問看護の求人も増加傾向

看護師が足りない。といわれる状況が長年続いていますが、今後も看護師不足は続くと思いますか?

【棚橋】看護師不足の状況は続いていますし、今後もそうだと思います。看護を必要とされる方は増えていますが、少子高齢化社会により、看護のできる人が減ってきているためです。

訪問看護の求人傾向や業界の流れはどのような感じですか?

【田中】もともと訪問看護の求人はありましたが、事業所の母数が増えています。いち早くピックアップしていくのが今後必要だと思っています。訪問看護側は看護師さんを欲しがっていますが、看護師さん側は訪問看護のお仕事に対して一歩引いてしまっている方もいます。そのため、どう魅力を伝えていくかが課題ですね。

例えば、子育てなどのブランクをかかえていて、病院勤務への復職が難しいという方には訪問看護や施設勤務がオススメです。

病院勤務の経験しかない方は、イメージがつかめず苦手とされる方もいらっしゃいますが、他の魅力を伝えることによって、復職を機に新しい働き方を楽しんでいただきたいと思っています。

病院や施設・訪問看護を比べると、働く魅力はどう変わってきますか?

【田中】施設勤務は病院勤務と比較すると待遇面で見劣りする部分もありますが、患者さんひとり1人に入り込んだ看護ができます。

一般病院の場合、平均入院期間は2週間や1ヵ月なので患者さんの入れ替わりが激しいです。しかし、施設の場合は長期的に患者さんと向き合うため「患者さんの心の支えになりたい」という看護観を持っている人にとっては、やりがいが感じられる部分が魅力だと思います。

ここがポイント
  • ・看護師不足は現在も含め、今後も続く予想
  • ・訪問看護の求人は増加傾向にある
  • ・病院への復職が難しい方には、訪問看護や施設勤務がオススメ

看護のお仕事の強みと特徴|表面的な情報だけでなく現場の雰囲気や求められている人物像も確認

看護のお仕事の強みと特徴

『看護のお仕事』の特徴と強みを教えてください

【田中】求人エリアが全国対応というところと、『お悩み相談室』というコンテンツです。『お悩み相談室』は、今すぐの転職を考えられていない看護師さんでも利用でき、働くうえでの不満や不安を弊社のアドバイザーが相談に乗らせていただいています

そこから、無理やり転職につなげるということはありません。あくまでも、弊社のサービスの一環として、お悩みをご相談していただければ、という気持ちで行っています。

お悩み相談室では、どのような悩みや相談を受けますか?

【田中】一番多いのは職場内の人間関係で、他は給与面での不満です。

他の紹介会社と差別化をされているところはありますか?

【田中】アドバイザーひとりひとりに、質の高いサービスを目指す心構えが浸透しているかどうかが重要だと考えています
看護のお仕事には、『看護師さんがイキイキと働ける環境をご紹介する』という理念があります。動機をしっかりと押さえてアドバイスをしつつ、ご本人がちゃんと納得してから転職して頂くことを大切にしています。

どのようにして病院や施設の情報収集をされていますか?

【田中】看護のお仕事では支店を展開しています。最近では大阪と福岡ですね。これからも拡大していくつもりです。

各支店を拠点として、表面的な求人情報だけではなく、現場で働いている看護婦長さんや事務長さんなどにヒアリングしています。人材に何を求めていて、どういう方を採用したいのか?という思いの部分をしっかりとヒアリングをしてメンバー間で確認しています。

採用する側の思いをしっかり理解することも、よりよい転職を実現するために必要なことだと思っています。そういう心構えで病院側と向き合っています。外からでは見えない情報をどんどん引っ張り出していきたいと思っています

ここがポイント
  • ・求人エリアは全国対応
  • ・お悩み相談室は、いつでも利用することができる
  • ・寄せられる相談で一番多いのは、人間関係
  • ・求められている人物像など、採用側へのヒアリングにも力をいれている

求人の特徴|求人の割合は関東が多い。40・50代は施設系から求められることも多い

求人の割合ですが、地域別でみた割合はどのような感じになりますか?

【棚橋】割合で行くと一番関東が多いです。やはり人口の多い地域は、クリニックなど看護師さんの職場も多いので求人も多くなります。

助産師さんや保健師さんの転職先はどのようなところがありますか?

【田中】助産師さんの場合は産婦人科で、保健師さんの場合は学校の保健室や、企業の医務室などがありますね。

重宝されるのはどういった人材ですか?

【坂口】夜勤のできる方は重宝されています。やはり求職者側は、不規則な生活になりがちで体力的につらい部分があるので、日勤だけ・昼間だけ、働きたいという方が多く、病院側から「夜勤のできる方はいませんか」と言われても少ないのが現状です。

また、40代・50代の看護経験を積んでいる方は特に人気ですね。経歴が長いため、病院だけでなく施設系からも人気が高いです。

看護師間のスキルの差は大きく違いますか?

【田中】資格上は同じことができるようになっていますが、注射が苦手な方など人によってばらつきがありますね。経験期間で差がでることが多いです。

オペ経験をしている方ですと、心電図などの機器を使えるようになっていますので、そういった得意としたスキルが重宝されます。しかし、スキルの有無が採否に大きく関わるわけではありません

転職のタイミングとして奨学金の支払い期限は関係していますか?

【田中】『看護学校の系列で病院に何年間か働くと、奨学金を返さなくてもいい』という仕組みが、法人と地方自治体でもあります。奨学金の返済免除までは頑張ろうと決めて働いている方も多くいますね。

しかし『あと2年働ければ奨学金を返さなくてもいいけど、でも、転職したい!』 というケースがあり、その時に転職先の病院側が、奨学金の残金を肩代わりしてくれるというのもありました。肩代わりしてくれたのは財源がある大きい病院でしたね。

最近の求人傾向を踏まえて強化しているところは何かありますか?

【田中】求人のバリエーションに力を入れています。子育てをしながら、働いている看護師さんも多いので、『夜勤あり・常勤のみ』といった求人だけではなく、『パート雇用』や『日勤常勤』など、雇用形態や労働条件のバリエーションを充実させることを重要としています。

ここがポイント
  • ・求人割合は、関東が一番多い
  • ・助産師や保健師向けの転職サポートも行っている
  • ・重宝される人材は、夜勤のできる人
  • ・40代50代の看護経験者は、採用側からの人気が高い
  • ・スキルの有無が採否に大きく関わることはない

求職者の特徴|登録者の年代には大きな差はない。勤務条件や人間関係による転職理由が多い

type転職エージェントの面談

登録者はどのくらいの年齢層が多いですか?

【田中】インターネットに触れることの多い20~30代ですが、40代・50代の方の登録者数も大差ありません。年齢ごとで20%ずつくらいです。特にどの年代が飛び抜けて多いということはありませんが、お子さんの育児が一段落する30代は、やや多いです。

看護師の方の転職理由として多いものは何ですか?

【坂口】収入や残業などへの不満や、人間関係などの環境改善を求めた理由が多いですね。

看護師になる方は一般職のような就職活動の経験がなく、ビジネスマナーが身についていない方もいらっしゃると聞いたことがあります。採用側は、その辺は気にされていますか?

【坂口】気にしているところもあります。看護師さんはあまり面接を経験したことがないので、基本的な面接マナー等もアドバイスしています。例えば、面接に行く前には、事前にチェックリストを用意して ポイントを押さえていくようにしています。面接前に対策時間を取って、1〜2回確認作業を行います。

ここがポイント
  • ・20代~50代の登録者数は年代による差は特にない
  • ・主な転職理由は、勤務条件と職場環境への不満

登録後・面談|求職者とのヒアリングから共通認識を持つことを意識している

看護のお仕事では求職者が登録をした後は、どのように連絡を取られていますか?

【坂口】登録後、なるべく早めに電話をしています

対面や電話・メールなど、どういった手段で対応をされることが多いですか?

【坂口】メインは、電話対応です。看護師さんは忙しい方が多いため、お会いするのがなかなか難しいということが理由です。

求人の紹介はメールでの対応も可能ですが、基本的に電話ですね。お話しながら紹介すると、その方の人柄や置かれている状況がよくわかりますし、細かい説明や質問へ即答できるからです。

面談時に、気をつけて聞いていることやポイントはありますか?

【坂口】転職理由や動機を意識して聞いています。今回の転職で何を叶えたいのか、何で転職をしたいのかが一番重要だと考えています。勤務条件などの表面的な部分だけでなく、その方の生活スタイルや、仕事に対する考え方などをヒアリングすることで、その方に合った転職サポートができます

後は、共通認識を持つということですね。
例えば「忙しいのがイヤ」といわれても、僕が思っている「忙しい」と、看護師さんが思っている「忙しい」が違うと、提案内容と噛み合わなくなってしまいます。この場合は、『何を忙しいと指しているのか』が重要です。2時間が残業忙しいのか、それとも事務作業が多くて忙しいのか、その認識を合わせていくことが大切です。

ほかには『勉強したい』と言っても、何を勉強したいのかがわからないとベストな提案ができないと思います。そのため共通認識をしっかりと持つことを意識しています。

ここがポイント
  • ・登録後の連絡手段は、電話がメイン
  • ・面談時では転職理由や動機を意識してヒアリングしている
  • ・求職者と共通認識を持つことを重要としている

サポート体制・実績|転職成功者はしっかりとしたびビジョンを持っていてフットワークの軽い人

看護のお仕事で成功する人

『看護のお仕事』では、求人がない病院でも、転職を希望する看護師側から 希望する病院をリクエストすれば求人を確認してくれるサービス「求人リクエスト」というサポートがありますが、看護師さんから要望を受けることは多いですか?

【棚橋】応募される方はかなり多いです。現在も『求人リクエスト』には力を入れています。

登録してから入職までの転職活動期間は、どのくらいですか?

【坂口】早い人だと1週間、長い人の場合は半年かかることもあります平均は、1~2ヵ月ぐらいですね。長期的になると最初に見た求人の印象が薄くなってしまうので、短期集中での転職活動をオススメしています

転職活動中に紹介する求人は何件くらいですか?

【坂口】こちらがピックアップした求人の中から2~3件選んで、検討をしていただくことが多いです。

病院と施設系などがありますが、紹介される割合はどこが多いですか?

【坂口】6〜7割ぐらいの方が病院勤務を希望されるので、病院を紹介することが多いですね。

転職に成功する方、失敗する方の特徴はどこにありますか?

【坂口】フットワークの軽い方は成功しやすいです。実際に職場を見てみないと、自分に合うかどうかはイメージしづらいので、何件か見学して「ここだ!」と思うところを希望される方は、入職後の満足度も高いです。

それと、転職後のビジョンが明確な方は採用されやすいですね。「こういう働き方がしたい!」という自分の軸がハッキリしている方は、仕事へのモチベーションが高いためです。勤務条件だけでなく、病院や施設で働く時のイメージができるかどうかはとても重要です。 イメージができる方は入職後のギャップが少なく、継続して働くことができます。

ここがポイント
  • ・求人リクエストの利用者はかなり多い
  • ・転職活動期間の平均は1~2週間。最短は1週間、最長は半年
  • ・希望される勤務先の6~7割は病院
  • ・フットワークの軽い人や転職後のビジョンが明確な人は採用されやすい
  • ・転職先で働くイメージができるかどうかも重要

転職エージェント|坂口さんのサポート歴と強み

坂口さんの看護のお仕事のアドバイザー歴と今まで担当された人数を教えてください

【坂口】2年ぐらいです。以前は全然違う業界にいました。今まででいうと、350名くらいになると思います。

キャリアアドバイザーは、何人体制でされていますか?また、ひと月に担当する人数はどのくらいですか?

【坂口】キャリアアドバイザー数十人ほどで、ひと月に15〜20名ぐらいの方を担当させていただいています。他のエージェントも月に担当する人数は大体同じくらいです。

坂口さんがこれまでに担当されたなかで、実際に内定を獲得された方は何割くらいですか?

【坂口】7割程度です。

希望があれば、面談の前に求人を紹介する場合もありますか?

【坂口】『先に求人をください』と要望をいただいた方には、メールでお伝えしています。その後、電話で詳細や相談をさせていただきます。

看護師さんのペースに合わせて提案できるよう心掛けていて、連絡方法や時間帯の指定があれば、そのように合わせています。 しかし、人気求人はすぐになくなってしまいがちなので、早めに提案をする場合もあります

ここがポイント
  • ・求められれば、面談前でも求人紹介は可能
  • ・指定があれば連絡方法や時間帯も求職者に合わせている
  • ・人気求人がある場合は、早めに求人提案をする場合もある


看護のお仕事を取材して感じたこと


「看護のお仕事」が取り組んでいる、サポート内容や業界の動きについて伺いました。 病院やクリニックに勤めているイメージの強い看護師さんですが、昨今では施設や訪問介護からの求人も増えていることを知りました。また、他の業種では少ない40・50代の方の転職割合が、20・30代と変わらないくらい高いことも特徴的に感じました。

「お悩み相談室」といった転職以前の職場に対するフォローや、気になる病院や施設にアプローチをしてもらえる「求人リクエスト」など、さまざまな角度から看護師さんをサポートされていることがよくわかりました。年収や待遇面・やりがいなどさまざまな目的がありますが、どんな仕事がしたいのか、転職を機にじっくりとビジョンを思い描いてみてはいかがでしょうか。

介護のお仕事転職エージェント坂口さんからのメッセージ

type転職エージェントの山浦さんにインタビュー【坂口さん】自分自身で仕事探しをすると、転職先の内部の情報はなかなかつかめません。 また、働きながら仕事を探しても、満足のいく転職をするのは難しくなってしまいます。「自分で探したところに転職後、イメージしたものと違っていて結局ダメでした」と、後悔される方は多いですよ。

私達のサービスを使っていただければ、たくさんの求人のなかから希望に合ったものをピックアップしてご紹介するので時間の節約になりますし、外からは見えづらい職場の情報もお伝えすることができます

また転職先との日程の調整や、条件の交渉なども、ご希望を伝えて頂ければこちらで全てやらせて頂いておりますので、転職活動がかなり楽になるのは間違いありません。是非私達に頼って頂いて、ご自身の生活が豊かになるような転職をして頂きたいと思います。サービスは全て無料ですしね(笑)。


看護のお仕事の事業所の様子

看護のお仕事の所在ビル
(東京の本社ビル)
看護のお仕事の表札
(入り口)

看護のお仕事の本社がある渋谷ヒカリエ。看護のお仕事は、レバレジーズが運営しているため、表札にはレバレジーズと記載されています。

今回取材に伺った看護のお仕事の所在地

住所 〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2丁目2-21-1 渋谷ヒカリエ 6F

オフィス入口付近
(看護のお仕事のオフィス内入口付近)
看護のお仕事のオシャレな面談室
(オシャレな雰囲気の面談ブース)

まるでカフェやモデルルームのようにオシャレなオフィスでした。