全国25拠点!MCドクターズネットの特徴と評判は?

2020年09月16日

MC-ドクターズネット HP MC-ドクターズネットロゴ
会社の評判

総合平均3.4点/5

  • 求人満足度評価3点3.0/5点
  • 経歴書の添削評判3点3.3/5点
  • エージェントの知識とサポート口コミ3点4.0/5点

◎MCドクターズネットの強みはコレ!◎

  • 医師専任コンサルタントが担当
  • 医療機関との広いコネクション
  • 全国25拠点で地方の転職もサポート

△いまいちポイントはコレ!△

  • 求人数が少ない
  • 受付窓口は平日のみ
  • スポット求人の種類は少なめ
ここがポイント

医師のニーズに応えるMCドクターズネット

MCドクターズネットは医師専門の人材紹介会社です。母体であるメディカル・コンシェルジュは、全国で看護師や介護士の派遣サービスを展開してきました。そこで培った医療機関との信頼関係と全国25拠点という大きなネットワークは、MCドクターズネットの転職支援においても強みのひとつとなっています。

MCドクターズネットは業界トップクラスの拠点数を生かした、地域密着型の転職支援が得意です。Uターン・Iターンで働きたい医師へのサポートも行っており、求人の紹介だけでなく周辺地域や住居の情報まで教えてくれます。このような心強いサポートができるのも、全国の拠点ごとに地域在住スタッフがいるMCドクターズネットならではですね。

常勤求人のほか非常勤・スポット求人も扱っているため、低給与になりがちな20代~30代医師のアルバイト需要にもマッチ。様々な働き方を選べるので、ライフスタイルを変えて働きたい医師にもおすすめです。また必須要件を満たした医師であれば、産業医の求人も紹介してもらえますよ。

総求人数は約10,000件と少なめですが、病院やクリニックの求人はもちろん、企業、訪問診療、医師相談コールセンター、船医など医師を必要とするあらゆる現場の求人を扱っているのが特徴。医療機関とは違った環境で働きたいという医師も、一度相談してみると良いでしょう。


MCドクターズネットの登録前に最低限おさえておくべき5つの項目

公開求人数 2,276件(※企業名非公開)
非公開求人数 約8,000件
業種
  • 内科:
    内科・呼吸器内科・腎臓内科・循環器内科・内分泌内科・血液内科・老人内科・心療内科
  • 外科:
    外科・消化器外科・心臓血管外科・呼吸器外科・脳神経外科・整形外科・形成外科・乳腺外科・泌尿器科・麻酔科(ペインクリニック)
  • その他:
    リハビリテーション科・小児科・産婦人科・婦人科・精神科・眼科・耳鼻咽喉科・皮膚科・放射線科・人工透析・救命救急・緩和ケア・健診・人間ドック・産業医・美容外科/美容皮膚科・歯科・その他
求人地域 全国(公開求人は東京・大阪に多数)
拠点エリア 恵比寿・新宿・札幌・仙台・さいたま・池袋・柏・千葉・町田・横浜・静岡・浜松・名古屋・京都・グランフロント大阪・大阪梅田・大阪難波・神戸・岡山・広島・高松・松山・北九州・福岡

※求人数は時点調査のものです。

年収1,500万円以上の常勤求人が充実!スポットは健診が10割

公開求人の特徴

  • 関東圏と大阪府に多数
  • 年収1,500万円以上の常勤求人が充実
  • スポット求人は健診が10割

公開求人は関東圏と大阪府に集中しています。とくに中国・四国・九州地方においては公開求人のない県もあるので、登録時に非公開求人の有無を確かめてみる必要があります。

常勤医の求人は一般病院、クリニック、企業、老人保健施設のものが中心です。給与(年収)の価格帯は880万円~3,000万円と平均的。そのなかでも1,500万円~2,000万円の求人が最も多く、約4割と充実しています。経験年数が必要な求人もありますが、収入アップの転職も十分見込めるでしょう。

全国の大手健診機関との取引数が日本一というMCドクターズネット。スポット求人における健診業務の割合は、現在なんと100%。外来や病棟管理、産業医業務のスポット求人もカテゴリーとして用意されていますが、調査時点の求人は健診業務のみとなっていました。スポット求人で選べる仕事の幅は少々狭い印象です。

スポット求人の内訳

非常勤求人では外来業務が52.22%と約半数を占めます。そのほか人間ドック、訪問診療、当直などの業務も一定量の求人がありました。

スポット求人の内訳

公開求人について一点気になったのが、期間指定のある求人に「2019年〇月まで」など古いものが混在していたこと。最新の求人は常時更新されているのでサイト自体は機能していますが、求人全体の更新がまちまちのようです。(この点については当サイトに問い合わせて確認中です。)

求人閲覧の際には、期限や期間に注意して見る必要がありそうです。


働く医師の現状に精通したコンサルタント

コンサルティングの特徴

  • 医師専任コンサルタントとのマンツーマン制
  • 窓口は平日のみ
  • 個々に合わせたサポートが得意

MCドクターズネットのコンサルタントは医師専任です。ヒアリングから書類の作成、施設の見学や面接同行、条件の交渉など転職に欠かせないサポートをマンツーマンで行ってくれます。

働く医師のニーズをよくとらえており、スポット求人の応募者にはスピーディなサポートを心掛けています。また登録当初はスポット求人の紹介を受けていた医師が、ライフスタイルの変化から常勤・非常勤の転職に切り替える場合も対応可能。コンサルタントがすでに、登録医師の人柄や診療履歴を把握しているのでサポートもスムーズです。

個々に合わせた柔軟なサポートが魅力のMCドクターズネットですが、コンサルタントとの相談窓口が平日のみという点では、働きながら転職を進める医師にとって「利用しづらい」という意見もありました。

しかし、他の医師専門の人材紹介サービスを見ても、MCドクターズネットと同様に、「電話窓口の受付時間は平日の日中のみ」というところがほとんどです。この点では競合他社と比べても大きく遜色はないでしょう。

ここがポイント

系列サービスは低評価?人対人にこだわったサポートがモットー

今回MCドクターズネットの調査を進めるなかで、メディカル・コンシェルジュの派遣業など他サービスについては、利用者からの低評価がしばしば見られました。しかしMCドクターズネットに対する評価は総じて高いものとなっています。

メディカル・コンシェルジュの登録者は8割が看護師・保健師・助産師で、医師の登録者は2割以下と少なめ。グループ内では比較的小規模なMCドクターズネットのサービスですが、医師専門のコンサルタントが担当している点や、小規模だからこそ煩雑にならず丁寧な対応ができる点が高評価に繋がっているとも言えます。

「医師一人一人の人柄を重視した人材紹介」をモットーに掲げているMCドクターズネット。登録をする際にも「サービスの内容を説明後、納得していただいた上で登録となります」という記載が見られました。

よくあるネット登録主体の機械的な人材紹介サービスとは一線を画し、登録する医師個人と向き合ってくれる人材紹介会社です。