【メイテックネクスト/事務職/男性の口コミ】転職エージェントがやる気のない対応で低評価

13人が参考になったと回答
口コミ評価
合計315
  • 求人満足度1点1点
  • 書類添削度1点1点
  • サポート力1点1点

私が特許技術者という職歴で、紹介できる求人がないことを告げるだけの面談だった。もうエンジニアには戻れないと嫌味を言われた

求人満足度1点1
書類添削度1点1
対応度1点1

メイテックネクストのリアコミメイテックネクストのリアコミスマフォ用

前職の仕事内容・転職理由・選んだ決め手

前職と勤務歴 事務職を1年
転職回数 4回目

人物 <仕事内容>:特許調査会社に勤務、特許調査業務に従事。クライアントから依頼があった案件に対する新規性等の調査業務。

<転職理由>:同僚や間接的な上司からパワハラを受けていた

<叶えたかった事>:通勤圏内の事業会社の知的財産部員として業務を行いたかった

メイテックネクストを選んだ決め手
  1. 過去にメイテックに在籍していたことがあり、製造業と強いつながりがあることを知っていたから。
  2. エンジニアに特化していることを知っていたから。
  3. 当時は広告、宣伝に熱心だったから。

面談した感想とアドバイス

面談イラスト

担当者名・年代 佐藤 泉さん・40代の女性
印象 いやいや面談をしていたようでやる気のなさを感じられた。

<面談の流れ>:電話面談では、まず簡単な自己紹介があり希望職種について問われました。

私が特許技術者を志望していることを語るとメイテックネクストには 技術者の求人しかなく特許技術者は技術者といえども紹介できる募集職種として除外していると言われました。

紹介できる求人はないことを告げられ電話面談は終了となりました。

<面談前後の気持ち>
(面談前)特許技術者という特殊なポジションでも紹介して頂けると期待していた。
(面談後)エンジニアでも特許技術者は除外という事実を知り愕然とした。

<アドバイス>:上流工程の技術者に特化している感じがするので技術的な経験が重要視される。

紹介求人数と応募状況

募集情報

紹介求人数 0社 応募数 0社

私がエンジニアから特許技術者という職歴で、紹介できる求人がないことを告げるだけの面談だったので、紹介担当者もやる気がない様子で、「エンジニアから転職しちゃってこれではエンジニアに戻ることはできない」と愚痴を言われた。

自宅からなのか電話の向こうで犬が吠えているときに電話をかけてきた。

履歴書・面接対策

書類通過数 0社 企業面接数 0社

<履歴書・職務経歴書添削>送付書類について指摘はほとんどなかった。

<面接対策>対策もなかった。

転職エージェントの対応

サポートの速さ 早かった
転職を無理にすすめられたかどうか NO

<サポートの速さ>申し込んでからの応答速度は早いですが担当者の対応に遺憾でした。 業界知識についてはわかりかねます。

<知識とキャリア相談>キャリア相談として、これからはずっと特許技術者でいることを勧められた。業界知識について、「特許技術者」という職種を知っているため必然的に考えられる。

利用した人材紹介会社の評判

転職エージェント会社一覧

登録した数 転職紹介会社3社/求人サイト3社
良かった会社 人材紹介会社:リクルートエージェント,doda
転職サイト:リクナビNEXT,doda,マイナビ転職
悪かった会社 人材紹介会社:メイテックネクスト
登録できなかった会社 なし
また利用したい? NO

過去にも利用回数があるので利用前後で変わりがなかった。

<良かった会社>
人材紹介会社:リクルートエージェント・・・希望に合った案件があった場合にとりあえず紹介してくれ採否について応募先企業にきちんと問い合わせをしてくれていた。

<良くなかった会社>
人材紹介会社:メイテックネクスト・・・やる気がないうえに不平不満まで言われた。

<求人サイトを利用した感想>
求職者が多いのでどのサイトも一般的な対応がほとんどだった。

転職活動を振り返る

転職の想いで

履歴書で注意するポイント 修正点:志望動機について
空白だったことを指摘され、以下のように修正した。
近年、消費電力化が問題となっている。貴社は発光素子を扱う会社であり、青色発光ダイオードの研究開発にも力を入れている今後知的財産部員が不足し、貴社にとっても人員不足は急務であることが考えられる。私の長年の経験が貴社で活かせると考え応募致しました。
職務経歴書で注意するポイント 修正点:特になし
面接で受けた質問と回答内容 修正点:特になし

<苦労した点>不必要な求人も紹介してくること。

<解決方法>条件を厳しく設定する。

転職満足度

転職した後の意見

転職有無 転職はしませんでした。

<転職活動前後の気持ち>転職先が見つからないからといって面接時に違和感のある会社に入社するべきではない。そのまま入社したが、案の定、ブラック企業だった。仕事をしている時に一時的な上司から「無能って最強だよな・・・」と耳元で語られたこともあり、無理な転職をするべきではないと感じた。

<転職を考えている方へアドバイス>有名な企業に応募するのであれば、大手の転職エージェントを勧める。マニアックな業界であれば直接応募した方が良い。

貴重な口コミありがとうございました。


転職エージェントランキング2018年版スマフォ用