【メイテックネクスト/品質保証職/男性の口コミ】他の転職エージェントよりも丁寧な聞き取りで信頼できた

6人が参考になったと回答
口コミ評価
合計1015
  • 求人満足度5点5点
  • 書類添削度1点1点
  • サポート力4点4点

30代でポテンシャル採用を希望する難しい条件の中、丁寧なサポートをしてくれた

求人満足度5点5
書類添削度1点1
対応度4点4

メイテックネクストのリアコミメイテックネクストのリアコミスマフォ用

前職の仕事内容・転職理由・選んだ決め手

前職と勤務歴 品質保証職を9年3カ月勤務
転職回数 0回目

人物 <仕事内容>
車載・民生品用モーター・レゾルバの設計・開発・製造の部署にて
① 製造技術職 5年
② 環境マネジメントISO14001 計5年
③ 部署内安全衛生活動実務取りまとめ1年
④ 必要に応じての製造支援 品質保証
⑤ 製品環境調査 1年
(Rohs・紛争鉱物が自社製品に含有しているかどうかを調査)
⑥ 自動車のリコールに関わる資料のとりまとめ

都内・群馬にて防衛製品を扱う部署にて(9か月)
機密事項のため詳細は伏せます。

普段やっていた業務:
① 治工具設計・設備完成立ち合い・作業手順書・
 メンテナンスマニュアル作成
② 部署内の環境側面調査、目的目標の設定、
 四半期ごとの実施報告、監査対応
③ 安全週間・労働衛生週間の書類取りまとめ、
 照度測定・化学物質使用量調査
④ 海外工場のサポートとして、
 計画を立て期限までにモーターのユニットを製造
⑤ 客先からの調査依頼をサプライヤ様に連絡し、資料を頂く調整

<転職理由>
不満点:
1.パワーハラスメント
それぞれ違う人から計3回も受けたこと。会社としてパワーハラスメントが横行しており、多数の従業員が追いつめられている社風である事、形ばかりの関連するコンプライアンスに辟易としたこと。
2.地方に疲れた
9年近く住んでも言葉の壁、文化の壁、人間性の違いになじめなかったこと。
3.人間関係
会社以外の人間関係が殆どない、バランスを欠いた状態であったこと。 転職理由:社風が嫌いで心が離れたことが大本で、出身の関東(一都三県)で多少なりとも経験のある製造業の品質管理・品質保証職に携わりたいと感じたため。

<叶えたかった事>一都三県で就業する事
パワハラのような、本来仕事をこなすうえで感じる必要のないという意味での無駄なストレスを感じない環境で就業する事。

メイテックネクストを選んだ決め手
  1. 製造業の転職に圧倒的に強いという実績があること
  2. 聴き取りが非常に丁寧であったこと
  3. 複数の『転職エージェント比較サイト』での評判が高かったこと

面談した感想とアドバイス

面談イラスト

担当者名・年代 内藤様・30代の男性
印象 物腰が低く、とても丁寧で、本当に求職者のためになることを教えてくださる信頼できる方。

<面談の流れ>:職務経歴を含めた自己紹介、現状と希望条件を聴きとっていただき、『リスクもあるが休職したという伝えにくいことを伝えることで、将来的にプラスになる企業を見つける』という活動基本スタンスを一致させた。その後で、何件か求人を紹介頂きました。

現状の聴き取り:職務経歴を話し、パワハラを受けて2度休職したことを話しました。

「パワハラという字面で、落とされることもある。それは仕方ないと思っているが、書類選考が通りにくいのはそのせいかもしれない。職務経歴書に書き続けるべきか悩んでいる」という相談をしました。

希望条件:職種について
製造業の品質保証・品質管理の希望が強いことを伝えました。

<面談前後の気持ち>
(面談前)
休職したことを書類に書かない/面接で伝えない。
(面談後)
休職したことを書類に書く/面接で伝える

<アドバイス>:腰が低く、話しやすい方なので、心の奥底にあるものまで伝えてもそれに対する的確なアドバイスを頂ける信頼できる方です。

紹介求人数と応募状況

求人の図

紹介求人数 27社 応募数 19社

非常に多数、大手から隠れた優良中堅まで幅広く揃っている。書類選考合否のレスポンスが早かった。

履歴書・面接対策

書類通過数 1社 企業面接数 0社(※面接日程決定後、自主応募企業に内定し、
辞退したため未実施)

<履歴書・職務経歴書添削>面接を辞退したためアドバイス実施せず

<面接対策>面接を辞退したためアドバイス実施せず

転職エージェントの対応

サポートの速さ 早かった
転職を無理にすすめられたかどうか NO

<評価の理由>他の信頼できる4人のエージェントさんと比べても求職者のウォンツの聴き取りが非常に丁寧。

転職活動で内定を頂くという意味では不利な伝えにくいこと(私の場合はパワハラによる2度の休職)であっても、長い間就業するという意味で転職した後まで見据えて伝えた方が私のためになるというアドバイスを頂いたこと。

<知識とキャリア相談>具体的なキャリア相談等はしませんでしたが、言葉の端々から知識がある方だという実感はありました。

利用した人材紹介会社の評判

会社一覧

登録した数 転職紹介会社4社/求人サイト2社
良かった会社 人材紹介会社:メイテックネクスト
転職サイト:品質管理,品質保証転職ナビ
悪かった会社 人材紹介会社:パソナキャリア,インターワークス,サムライズ
転職サイト:リクナビnext
登録できなかった会社 マイナビエージェント(紹介できる求人がないため)
また利用したい? Yes

聴き取りが非常に丁寧で評判以上の良さを感じました。

<良かった会社>
メイテックネクスト(内藤様):聴き取りが丁寧、本当に自分のためになることを教えて頂けた。

<良くなかった会社>
パソナキャリア(板倉氏):職務経歴書の書き方の指導は有益だったので評価するが、徐々に志向から離れた求人の紹介が多数となった。志向の変化を伝えると『ご年齢では即戦力』と言い、紹介が激減した。元々派遣の会社なので、ノルマ第一と感じた。

担当者が休み(月曜の代休が異常に多く不便)の日に、面接日程調整の段階で、企業がその日の翌日面接を希望しているのにアシスタントはそれが分からないひな形メールだけよこして終わりだった。翌日担当者に電話で『メールすれば済むと思ってるんじゃないのか』というと、謝罪もなく、「私に言ってくれればいいです」という。あんたは休みだっただろうがと心の中で呆れて、この会社駄目だと感じた。

サムライズ(荒金氏):職務経歴をろくに読みもせず、電話で二言目には『品質保証の経験がおありで・・』となってもいないおべんちゃらをいう。

インターワークス:1~2社紹介して、その後紹介が途切れた。

転職活動を振り返る

転職活動の図

履歴書で注意するポイント 修正点:志望動機の記載を気を付ける
内容:ネガティブな内容が転職動機の大本にあると思いますが、それを意識的にポジティブな内容に変換して記載する。
悪い例:CSRに関わる仕事は結果が出にくい。出しても評価されない
良い例:現職では製品に関わる仕事に携われないので、経験を活かし、携わりたい
職務経歴書で注意するポイント 修正点:3行程度の職務要約を冒頭に書く
内容:ポイントが分かりやすいようにすることで、差別化できる。
面接で受けた質問と回答内容(メイテックネクスト経由の企業ではありません) 修正点
内容:
・静岡からということで今日はどのように来ましたか?
「新幹線と在来線で所要時間は何分です」と回答。

・経歴を説明してください。
職務経歴を回答 現職企業は東南アジアに生産拠点があることと、現職拠点の位置づけも含め、説明。

・転職の動機・志望理由
現職では製品に関した仕事ができず、転属希望も通りにくいので、経験を生かし、自動車業界で働きたい、品質に関する経験 はほとんどないが積極的に身に着けていきたい。

・製造技術職の仕事のチームでの進め方について
それぞれの人員が得意分野があり、複数のモデルをカバーしている。

・年間立ち上げモデル数は?
守秘義務につき回答を伏せます。

・海外出張の回数
東南アジア拠点は一度しかありません。臨時で中国客先倉庫に2週間選別に行きました。

・現職での経験が(すべてそのまま活かせるわけではないので)
無駄になってしまうと思うがよいですか積極的に質問し、新しく経験を積み上げていきます。

・品質改善の経験はありますか?
ISO9001の実務経験はほとんどありませんが、品質保証課に属しており、ベースとなる知識はあるつもりです。ISO14001の経験も生かしていきたいです。

・今後どのようなことを身に着けていきたいかまずは○○○についての知識を身に着け、いずれは国内は元より、海外でも主体的に品質に携われるようになりたいです。

・現職での残業はどれくらいか?
現職ではしないように言われており、0です。去年も年間■時間です。(驚かれたので)ただ、製造技術職のときは新入社員の時一晩でモーターを300個製造したこともあります。その時の月35時間が最高です。2011年当時は、年間200時間ぐらいはしていました。業界ですし納期がありますので必要な残業はしますし、抵抗はありません。

・将来の海外赴任についてはどうか?
業務ではメール・電話だけですが、プライベートでアメリカにキャンピングカーに乗ってキャンプをしながら一週間旅行したことがあり、日常会話には自信があります。

・車は好きか?
父が良く、車に乗せて色々なところに連れて行ってくれましたので車は好きです。クーペが好きです。イチローの『もし車がただの便利な乗り物だったらクーペなんていらない』というCMが好きでした。

・何のCMだっけ?
日産のスカイラインです。

<苦労した点>自分の中での希望職種の決定、2つ目は34才で品質保証ポテンシャル採用希望であることを聴きいれてくださるエージェントさんが想像以上に少なかった事です。

34歳で品質保証課所属ではあるが、ベースの知識はあるつもりであるものの、品質保証の実務経験はほぼないが希望、という事情を汲んでくださる方が少なく、また、希望職種を自分の中で定めるのに9か月かかりました。

活動序中盤の9か月は、ISO14001や安全衛生活動など、実務経験はあるものの、自分でも中々気が付かなかったのですが心の底から望んでいない職種を志向して活動をしていました。

終盤でも職務経歴書の品質保証課という字面で、ろくに読みもしないで(活動終了後指摘したら認めました)品質保証の実務経験が豊富であると即断して、自分たちの営業先の即戦力を求める企業を紹介するエージェントさんもいたので、年齢とエージェントさんのノルマ事情を感じてうんざりしました。

相談しても、『あなたのご年齢では即戦力でないと...』とやんわり否定しサーチすらしなくなった方や、初めて希望を話す段階にも関わらずものすごく不機嫌になる方がいて、特に後者は『こいつ、めんどくさい』というオーラが言葉の端々から伝わってきて非常に不快でした。

<解決方法>私の場合、一次面接で落ちることが殆どでした。

割合を解析すると、職務経歴書の書き方が悪かったのが期間としては最初の3か月で、パーセンテージ的には25パーセント、本当にやりたいことではないと伝わってしまった事が60%、残りは緊張して話が長くなってしまった事、企業とのお互いのニーズとウォンツが合致しないミスマッチと感じました。

落ちた経験を自己分析して原因を理解し、志向を変える(職種を絞る)ことで解決しました。

また、34歳×ほぼ未経験だが、最終的に知識はあるつもりだからやりたいということを、そのまま聴きいれてくれるエージェントさん5人だけとコンタクトするようにしました。

カスタマーサティスファクションが高いという実績があり、実際信頼できると感じられ、営業先に押し込むのがすべてではなく、求職者の希望を聴いて求人企業との橋渡しをしてくれると感じられる5人のエージェントさん以外とは連絡を取らないことにしました。

頭の中が非常にクリアになり、終盤は手ごたえを感じることが多く、解決できたと感じました。それはエージェントさんに遠慮せず、ニーズ、ウォンツを伝え、汲み取って頂き、その企業はどういう人材を求めているのかという背景まで教えて頂くという本来の意味での求職者とエージェントの関係が作り出せたからだと感じます。

転職満足度

転職満足度

転職有無 自主応募した企業に内定、転職
年収の増減 400万円から348万円(予定)に

<転職活動前後の気持ち>活動前は会社(組織)に変化を期待している部分がほんの少し、まだ少し残っていたと感じた。活動してみて、外面だけが綺麗な会社に何かを期待しても徒労に終わることを再認識し、サラリーマンは求められる仕事のクオリティとスピードさえ満たせばそれでいいのだと感じた

何より収入が下がっても、『本来感じる必要のないストレス』を感じないで済む環境が大切であると再認識できたことが大きい。

<現在の仕事の満足度>転職先での就業はまだです。

<前職に戻りたいですか?>転職先での就業はまだですが、現職企業では絶対にこんな酷い思いをさせられることは2度とないと思えることをされたので、少なくとも精神的な意味では現職企業を離れたことに後悔することはあり得ません。

<転職を考えている方へアドバイス>エージェントさんの見極めが大部分を占めます。自分の価値観に沿った求人を紹介してくれる方なのかどうかをまず見極めることです。履歴書・職務経歴書を事前に送信してから面接というスタイルが多いと思いますが、特に電話面接ではちゃんと読んでから電話してこない劣悪な人もいます。

そういう人からは「履歴書・職務経歴書記載内容の字面」と『自分たちの営業先にいれたいというノルマを安易に結び付けてくる匂いが感じられると思いますので、それを感じたら即切ることを勧めます

また途中で方針変更希望を伝えたら態度が変わるなどの違和感を感じたらもう自分からは連絡しなくてよいです。メールも無視でOKです。自分の希望が活動を続けると変わっていくこともあると思いますが、それを含めて企業名や、こういうことがしたい、ここだけは譲れない等の具体的な希望を伝えることです。

希望を言わず、活動が長引けば、疲れてきて妥協し、私の実感で5割以上を占めるノルマ第一のエージェントの口車に乗せられてしまう可能性が高いです。私のような、同一業界でも30代であまり経験のない職種に挑戦したいという方は稀だと思いますが、20代の若い方でも、絶対に企業の求人の背景を必ず確認したほうがよいです。

大別して即戦力とポテンシャルどちらを求めているのか、将来的にその時の募集職種以外でも活躍できる見込みはあるのか等、活動の成功は書類に書かれていない部分をどれだけ聴き出せるかということにかかっています

貴重な口コミありがとうございました。


転職エージェントランキング2018年版スマフォ用