年齢別に転職エージェント会社を徹底比較!

転職エージェント比較

転職エージェントを選ぶ際に「年代」も意識してほしいポイントです。20代と30代では業務上の立場が違いますし、40代ではより、責任のあるポジションになっている方も多いでしょう。女性の場合は20代から30代にかけて結婚から出産とプライベート環境が大きく変わります。

転職エージェント会社も正社員の転職から派遣まで取り扱っているところ、ハイキャリアを得意としているところなど様々あります。ここでは、年代を軸として、どんな仕事観をもって、どう転職活動をすすめていくべきか、また、強みをいかしてくれるおすすめの転職エージェント会社についてまとめました。

20代はフリーターの就活から第二新卒の転職まで利用者に合わせた転職エージェント会社を選びましょう

20代内定

社会人未経験のフリーターや、社会に出始めた第二新卒枠など、20代は勤務経験の有無で利用できる転職エージェント会社が変わってきます。

ハタラクティブや無料でビジネス研修が受けられるジェイックなど若手層に就活支援に特化した会社も増えています。また、アイデムスマートエージェントやSpring(アデコ)のように、勤続年数が3年未満の第二新卒を積極的にサポートしている会社もあります。

スキルや経歴書づくりに不安がある方は、プロのエージェントに相談してみるといいでしょう。アピールの仕方がわかれば、就職・転職のチャンスが広がります。チェックしてみましょう。

⇒ 20代・第二新卒におすすめの転職エージェント会社ランキング

30代 転職しやすい最後の年代 どう働くか考えましょう

30代内定

30代は転職できるラストチャンスと捉える人が多く、もっともキャリアについて考える年代でもあります。企業からは即戦力として求められるため、異業種への転職は厳しいです

人材紹介会社の大手であるリクルートエージェントやDODAなどの大手は、求人の豊富さや情報の蓄積があります。一方、特定職種に特化したサポートをしているエージェント会社は、独自のネットワークを築きレアな求人を持っていたりします。

求人以外の面でもそれぞれの紹介会社に特徴があります。 自分に合う会社を見つけましょう。

⇒ 30代からの転職エージェント活用術とおすすめの会社をまとめました

40代・50代 長期的な利用を視野に入れる

40代50代内定

中高年になると、求人数が激減し超即戦力で豊富な経験が求められます。そのような求人はそうそうないため転職が難しい年代です。転職エージェント会社ではパソナキャリアとマイナビエージェントは40歳より上の求人はほとんどないので選び方を見極めましょう。

基本的に求人が少ないので、長期的な転職活動になる可能性があります。市場の動きや最新の求人情報などフォローしてくれる転職エージェントとの出会いがあることが望ましいです。求人数だけでなく、地域や専門性でも比較してみましょう。

⇒ 40代・50代からの転職エージェント活用術とおすすめの会社をまとめました

女性 ライフステージを含めたキャリア形成を考える

女性の転職の悩み

女性の場合、結婚・出産によるライフステージの変化、配偶者の異動・転勤に伴う環境変化などがあります。ワークライフバランスを意識して働きたい方もいますが、一方で男性と同等以上のキャリアを目指したい方もいます。

女性が30代になると、結婚や出産で退職してしまうのではないかという不安が企業側にはあり、産休明けなどのブランクがあることも転職を難しくしています。そのためライフステージの変化とキャリア形成を考えておく必要があります。

現在は、どの大手転職エージェントも女性の転職支援に力を入れてきており、求人だけでなくノウハウも溜まってきています。これらの会社をうまく使いこなし、自分の市場価値を知って転職に臨みましょう。

⇒ 女性におすすめの転職エージェント会社と選び方をまとめました

まとめ

年齢と仕事は切っても切れない関係です。ニートや第二新卒など労働環境の違う20代、結婚・出産などでライフスタイルが大きく変化する30代、管理職や役職など立場が変わる40代・50代などなど・・・ 年齢と経験を天秤に乗せて転職するかどうかも考えた方がいいかもしれません。

当サイト(リアコミ)ではヤラセのない利用者からの口コミを掲載していますが、その中で、転職エージェントに登録した会社数は平均2.3社と複数利用されている結果でした。1社だけだと、相性や転職エージェントの当たり外れがあり、その点を指摘される方が多かったです。

比較検討して、いくつか併用してみるのも良いと思います。