パソナキャリアで転職活動した20代後半Nさん女性の口コミレポートです。

13人が参考になったと回答
口コミ評価
合計515
  • 求人満足度2点2点
  • 書類添削度1点1点
  • サポート力2点2点

転職エージェント担当が合わないと感じたら、その場で担当変更を申し出た方がいいです。(20代後半女性・教育)

求人満足度2点2
書類添削度1点1
対応度2点2
口コミの要約と管理人の感想
ここがポイント

求人満足度・書類添削度・サポート力がそれぞれ2・1・2点と低評価の口コミです。原因は担当の転職エージェントが頼りないからでした。

転職エージェントが新人ということもあり「慌てている様子やあたふたしている様子が見られ、少し不安になりました」や「希望職種や転職が難しい職種を勧められる」など、利用者にとって不安がつきまとう転職活動の最中、エージェントが頼りなく映ってしまいました。これでは低評価も仕方ないと思いました。

このようなときは、担当者の変更を申し入れるか、リスク分散のため他社エージェントとの併用を検討してみましょう。


パソナキャリアの活動証明書パソナキャリアの活動証明書スマフォ用

前職の仕事内容・転職理由・選んだ決め手

前職と勤務歴 教育業界に3年勤務
転職回数 1回目

人物 <仕事内容>:英会話教室で管理職

<転職理由>:前職の英会話教室では、残業で自宅に帰れないことがほぼ毎日でした。

授業準備等も勤務時間中にすることは禁止されていたため、休日に出勤して準備をしたり、自宅に持ち帰るなどで対応していましたが、疲れ果ててしまいました。

また、MGR職についてからは至らない点があると、全社宛にメールを転送されるなどハラスメントがさらに加わり、精神的にも肉体的にも疲れ果ててしまいました。

どれだけ残業しても残業代は支給されない、身内の冠婚葬祭さえ出席を許されず、有休もとれない状況だったため、転職を決意しました。

<叶えたかった事>:職場環境の正常化と福利厚生の正常化です。

<パソナキャリアを選んだ決め手>

  1. 友人が勤めていたからです。
  2. 他の会社も一緒に連絡を取る中で、最初にコンタクトを取ってきたため。
  3. メールや電話での応対が丁寧だったからからです。

面談した感想とアドバイス

面談イラスト

   
担当者名・年代武部知波さん・20代前半の女性
印象 親身になって人の話を聞いてくれる方でした。ですが、面接の日程の連絡が遅かったり、急な出来事への応対はとまどいやおろおろとした様子が見られました。

<面談の流れ>:履歴書を見ての質問(学歴や大学での研究など)⇒転職をしようと思った理由 ⇒この会社で実現したいこと(将来のビジョン)

<面談前後の気持ち>:特に緊張することはありませんでした。

<アドバイス>:福利厚生について話をしないほうがいいということと、志望理由は将来のビジョンも含めて話をしたほうがベターです。

紹介求人数と応募状況

企業募集情報ト

紹介求人数 50社 応募数 5社

今までの経歴から出される求人が多く、求めている職種や業種の求人が少なかったです。

履歴書・面接対策

書類通過数 1社 企業面接数 1社

<履歴書・職務経歴書添削>周りの方はアドバイスをされていたが、私は全く見てもらっていないので1点です。

<面接対策>福利厚生について面接時に話すことは避けるようエージェントの方にアドバイスをされました

転職エージェントの対応

サポートの速さ 速かった
転職を無理にすすめられたかどうか No

<サポートの速さ>突発的な出来事などがなければ柔軟に対応してくれます。若い人だと慌てている様子やあたふたしている様子が見られ、少し不安になりました

<知識とキャリア相談>聞いたことに対して、その場ですぐわからない場合や自分の知識として持っていない場合はその場で上司に質問をしてくれるなどの対応でした。知識自体は薄かったように思います

利用した人材紹介会社の評判

転職紹介会社一覧

登録した数 転職紹介会社1社/求人サイト2社
良かった会社 リクルート,en
悪かった会社 パソナキャリア
また利用したい? No

他企業の利用がなかったため、比較はできませんが、評判通りのところもあれば、そうでない部分もたくさんありました。転職エージェントの当たり外れが大きいです。

<良かった会社>
リクルートエージェント・・・サイトが使いやすかったです。
En・・・サイトから応募した企業の反応が早かったです。

<良くなかった会社>
パソナキャリア・・・担当の当たり外れが大きかったです。

転職活動を振り返る

就活

求人チェック 通勤中・お昼休みにスマートフォンで確認していました。その後自宅のPCで帰宅後に確認。一日に合計で4時間程度です。空き時間はほぼ情報収集に当てました。それでも一日4時間は確実に確保できていたので、やり方としては間違っていなかったと自負しています。
経歴書作成 面接対策は特に行いませんでした。書類の作成に関してはデフォルトの形を整えておき、受ける会社ごとに内容を一部変更していました。また一週間に一度程度の頻度で、作成した書類を見直しました

気になるところを質問!

転職サポートをうけている段階で転職を無理にすすめられたと感じたことはありましたか?

無理にという程ではありませんでしたが、私の気持ちとは別に選考をすすめたがっている印象をうけることはありました。

それを強く感じたのは、応募書類を提出する前段階での会社選定の際です。私が伝えている職種や業種とは全く違っていたり、例えば社内SEなど未経験で転職が難しいと考えられる企業や職種にも応募をすすめられました。

書類添削がなかったということですが、何か理由はございますか?

そのようなサービスがあることを教えて頂いていなかったことと、対策をしてほしいと申し出た際に、「大丈夫ですよ」と言われ、そのままでした。

福利厚生についての話を避ける理由はどのようなものでしたでしょうか?

転職理由として福利厚生をあげると企業からの印象が悪いから」と転職エージェントの方にはアドバイス頂きました。

転職満足度

転職した後の感想

転職有無 他社のサービスを利用して転職に成功。
年収の増減 370万円から340万円に

<転職を考えている方へアドバイス>一つに絞って人材紹介会社を決めるのではなく、いくつか相談にいくことをお勧めします

また担当が合わないと感じたら、是非その場で担当変更を申し出た方がいいです。私は転職エージェントを利用しましたが、結局紹介された求人は合わず、転職サイトからの成功でしたので。

貴重な口コミありがとうございました。


転職エージェントランキング2018年版スマフォ用