ランスタッドで転職成功!宮城県の飲食求人で年収40万円UP

17人が参考になったと回答
口コミ評価
合計1015
  • 求人満足度4点4点
  • 書類添削度3点3点
  • サポート力3点3点

飲食系求人で年収が40万円上がり満足!メールや電話対応は丁寧で求人紹介はスピーディーでした(20代後半男性)

求人満足度4点4
書類添削度3点3
対応度3点3

ランスタッドのリアコミランスタッドのリアコミスマフォ用

前職の仕事内容・転職理由・選んだ決め手

前職と勤務歴 飲食業に3年
転職回数 2回目

人物 <仕事内容>:飲食店社員

<転職理由>:学校の教員から新卒応援ハローワークの制度を利用して、飲食業界に転職。ただ業務が単調で成長できる環境ではありませんでしたし、従業員が定着せず会社の将来性に希望が持てませんでした。残業も多く、休日も少なかったこともあり、転職を考えました。

<叶えたかった事>休日を土日休みに、よりやりがいのある業務をやり、社会人としてのマナーや心構え、ビジネス的な視点を身に着けたかった。

<ランスタッドを選んだ決め手>
  1. 大手の人材紹介会社である。
  2. リクナビネクストのプライベートオファーがあった。
  3. 紹介の案件が魅力的だった。

面談した感想とアドバイス

面談イラスト

担当者名・年代 佐藤さん・30代の女性
印象 電話やメールの対応が丁寧でとてもよかったです。また、企業との面接の段取りやスケジュールに関しても、どのように進めていくかを詳細まで連絡してくれましたので、助かりました。物腰としてはどちらかというと、ギラギラした感じはありますが、はきはきと元気の良い方でした。

<面談の流れ>:電話予約後、応接間にてマンツーマンで面談します。お茶を出されながら、今に至るまでの経緯とこれからについて履歴書をもとに話し合います。これからに関しては、どんな職種・業種・希望条件について再確認します。

<面談前後の気持ち>:自分が、業種を人材ビジネスで行くのか、教育で行くのか、食品系で行くのかなどいろいろ迷っていましたが、担当の転職エージェントと話した結果、「この仕事をやってみたい」と思うようになり、今後の転職活動に役立てることができました。

<アドバイス>面談は約1時間という限られた時間なので、それを有効活用した方がいいと思います。私の場合はあまり自分の仕事観について考えていかなかったために、あまり密度の濃い話をできなかったように感じます。

そのため、自分の仕事観、希望条件、働きたい業種、その理由などしっかり固めて臨んだ方がいいと思います。その方が転職エージェントも面談者に対していい印象を抱きやすく、しっかりした人だという印象を植え付けることができると思いますし、どういう案件を紹介したらいいか判断しやすくなるので、スケジュールも円滑に進むと思われます。

紹介求人数と応募状況

求人イラスト

紹介求人数 3社 応募数 2社

紹介された案件がリクルート系の求人だけでしたので、ブラック案件ではありませんでした。待遇に関しても、休日、給与は良かったです。スピード感のある、ノルマのきつい会社ですが、やりようによってはうまくできる人もいる会社です。

ただし、いずれも契約社員の募集ということと、離職率が比較的高い会社であることが特徴だったので、4点にしました。

履歴書・面接対策

書類通過数 1社 企業面接数 1社

<履歴書・職務経歴書添削>履歴書・職務経歴書に関しては担当者に提出したものをほぼ修正なしで「OKです」と言われました。そのため、書類に関してのアドバイスはありませんでした。

<面接対策>面接対策に関しては、他の人材紹介会社(dodaパーソルキャリア(旧:インテリジェンス))の退職理由をそのまま使いました。

また、志望動機に関してもほぼOKでしたので、具体的なアドバイスはほぼありませんでした。さらに、SPIに関しては「勉強しておいたほうがいいですよ」という感じで具体的な参考書や勉強法については指示されませんでした。

強いて言えば、受ける会社の社風について説明を受け、私の趣味の「バンド活動」や「英会話」などに関して、そういう趣味はあの会社は好きですよと言われました。

転職エージェントの対応

サポートの速さ 速かった
転職を無理にすすめられたかどうか No

利用した人材紹介会社の評判

紹介斡旋会社一覧

登録した数 転職紹介会社4社/求人サイト2社
良かった会社 マイナビ,DODA,ハローワーク,ナスキーアデコ
悪かった会社 リクナビネクスト,ランスタッド
また利用したい? No

自分の市場価値とはなんなのか、それを意識することができたと思います。今後転職する上でそれがもっとも大切なことだと気付いたので、今後転職をする際は自分の市場価値を高めてからにしたいと思います。

また、人材紹介会社は慈善事業ではないので、数字を挙げることに重きを置く転職エージェントも多いということを知りました。担当者が合わない場合は変えてもらった方がいいと思います。

<良かった会社>
マイナビ・・・求人サイトのマイナビです。リクルート系の求人よりも広告費用が安いので、大手から中小までの求人案件が幅広くあり、スカウトサービスもあるので、当初考えていない職種や業種も検討することができました。スカウト利用はしていて、そこから人材紹介会社(中小企業)への接続もありました。

DODA・・・非公開求人の中には優良案件もあり良かったです。また、コンサルタントとのキャリア面談や面接時のアドバイスにより、就職活動がやりやすくなったので良かったです。

ハローワーク・・・求人費用が無料なので、その分利益をハローワークは出す必要がないので、相談員と綿密に話すことができます。求人案件も中には良いのもあるかもしれないが、どちらかというとメンタル面のケアや履歴書などの書類関係で非常に役に立ちました。

ナスキー・・・一部事業で人材紹介をやっている会社だが、仙台の中堅どころの案件も扱っており、良い案件を紹介してくれました。また、案件紹介時にその会社の悪いところも包み隠さず教えてくれたので、リスクヘッジができました。

<良くなかった会社>
リクナビネクスト・・・求人案件がいつも偏っていて、新着以外は常に求人が同じものしかなかったです。また、ネットで調べると「○○ ブラック」とグーグルで予測変換されるものが多かったです。

ランスタッド・・・担当の転職エージェントの態度が良くありませんでした。案件紹介などの流れに関しては早かったが、その他のサポート面や今後のキャリア面でほとんどアドバイスをくれなかったので、あまり信頼できませんでした。

なんとなですが、とにかく求職者を内定させ、その際のマージンを稼ぐためにやっていた印象を受け、求職者のために本気で取り組んでいたかというと、そうとは言えなかったような気がします。

転職活動を振り返る

就活の図

求人チェック 転職エージェントからの紹介メールを受信次第チェックしていたのと、求人サイトのチェックは更新時にまとめてしていました。
経歴書作成 約10日くらいかかりました。

<求人チェックのアドバイス>新着求人の中でいいものはすぐに応募されてしまうので、もし「これだ」というものがあったらその時にすぐに応募していました。その際、職務経歴書や履歴書の概要やひな形は作っておかないとかなり時間がかかるので、あらかじめ作っておきます。そして、受けたい企業の事業内容や概要、職種を踏まえた書類にして、応募メールまたは書類を送っていました。

<経歴書・面接対策のアドバイス>書類作成は、まず自身のキャリアの見直しから行いました。自分は転職続きでロクなキャリアがないと思っていましたが、やってきたことは無駄ではなく、自分の力になっているんだという名目のもと行いました。

特に自己PR作成に関しては大変でしたが、「自分が、どこで何をやってきたか、だから何ができるか」をもとに自分の出来ることを列挙し、考えていきました。時間からすると3日くらいで、1日6~10時間ほどやっていました。

そのあとは、ネットにある「職務経歴書」「履歴書」などのテンプレートを使い作成し、転職エージェントに添削もしてもらいました。書類作成は一から作ると時間がかかるのでテンプレートを使いましょう。ただし、自己PRに関してはコピー&ペーストは絶対駄目です。人事もそこは見ています。あなた自身の性格や経歴をもとに自己PRは考えましょう。

面接に関しては、とにかく想定される質問を自分でまとめ、それに答えを用意していました。特に退職理由やなぜその会社なのかなどは重要な問題だったので、何度も考え、校正していました。その際、転職エージェントやハローワークの相談員に添削してもらうのと同時に、実際に面接練習をしてもらったりしていました。

面接対策はまず、自分で聞かれそうな質問を列挙しましょう。そして、それに対する答えを書いていくと、自分の答えが甘いのではないかなどが分かるようになります。その後。相談員など第三者と面接練習をすると思った以上にうまくできます。うまくできないまま、面接練習をすると自信がなくなるのでまずは練習とはいえ、準備していったほうがいいと思います。

気になるところを質問!

ランスタッドでの転職では人材ビジネス、求人広告営業の会社に入られたのでしょうか?その後、もう一度転職をして食品卸売業、営業の仕事をされているのでしょうか?

ランスタッドにおいては、求人広告営業として、リクルートジョブズに入社しました。しかし、契約社員のため、契約が更新されず、やむなく食品卸売業の営業に転職しました。

書類添削は別の人材紹介会社ですでに添削指導があったので、もう修正する箇所がないレベルに仕上がっていたのでしょうか?

添削が、ほとんどなかったのはパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)(doda)で一度添削があったためです。ある一定のクオリティまであったために、ランスタッドの添削がなかったと思われます。
しかし、職務経歴書が三枚にもなっている、体現止めで記載していないなど、今考えればもう少し改善の余地があったと思います。そういった点を踏まえると、さほど書類に対して重要視されてはいなかったのではないかとも思われます。

面談場所は、ランスタッド本社(事務所・営業所)でしょうか?

面談場所は、ランスタッド仙台オフィスの応接間でした。 (仙台市青葉区中央1-2-3 仙台マークワン15F)

転職満足度

転職の合否

転職有無 自分で応募した会社に転職
年収の増減 280万円が320万円に

<転職活動前後の気持ち>転職することは悪いことではないですが、してみないと分からないものです。現在は、転職先の企業から別の会社に移りました。以前より収入や休みも減り、正直がっかりしています。しかし、精神面の健康から考えると、今までのピリピリ感はなんだったんだというくらいゆるいです。

ただ、やはり健康の方が大事という自分としては、良かったのかもしれません。何をもって幸せとするか、それが問題だと思います。

<現在の仕事の満足度>現在は、ランスタッドに紹介して頂いた求人広告営業から離れて、食品卸の営業をやっています。フードビジネスに戻った感じではありますね。ここへは、雇用推進センターのような公共施設での企業説明会を利用して、自分自身で応募して採用されました。

<前職に戻りたいですか?>現在の食品卸の営業では収入が下がったので、収入面で少なくなったのは後悔していますが、前職に戻りたいとは思いません

<転職を考えている方へアドバイス>転職エージェントは、ビジネスなので紹介する会社に満足してもらえる人材を紹介したいと思っています。そのため、「キャリアが浅く、転職が3回以上」「30歳以上でキャリアがあまりない」などの人材は敬遠される可能性があります。 そういう人材だと紹介を受けられるのは少なくなってしまうのでそこは注意です。ただ、もしかしたらできる可能性もあるので、登録はしてみてもいいと思います。

逆にキャリアも、スキルも私は自信があるという人はぜひ登録してください。思ってもいないホワイト案件に出くわすかもしれません。

ただし、受け身の就職活動ではうまくいきません。転職エージェントにすべて任せるのではなく、「自分が、どういう仕事で、どんなキャリアを進んでいくか」をしっかり吟味し、自分から仕事を本気で探していくようにしていきましょう。

貴重な口コミありがとうございました。


転職エージェントランキング2018年版スマフォ用