【リクルートエージェント/営業職/男性の口コミ】一人ひとりに細かい対応というよりは、お決まりの対応を多人数にしている印象

19人が参考になったと回答
口コミ評価
合計515
  • 求人満足度1点1点
  • 書類添削度2点2点
  • サポート力2点2点

友人の評判が良かったので利用しましたが、求人数は多いものの企業寄りな対応で、早く決めてしまいたいという意図を感じてしまいました。ただ、職務経歴書のセミナーは参考になったと思います。

求人満足度1点1
書類添削度2点2
対応度2点2

転職活動の証明書転職活動の証明書スマフォ用

前職の仕事内容・転職理由・選んだ決め手

前職と勤務歴 営業を8年
転職回数 1回目

人物 <仕事内容>:印刷業で営業をしていました。

リクルートエージェントを選んだ決め手
  1. 転職エージェント最大手だから。
  2. 友人も多く利用経験があり、よい評判を聞いていたから。

ご友人からはどのようなお話を聞かれましたか?案件や登録者の多さでしょうか?あるいはサービスの質や転職に成功されたことでしょうか?

友人からは、エージェントが熱心で親身になって希望にあう企業を探して紹介してくれたり、選考で進むアドバイスを与えてくれたり、ひとりひとりへの個別対応が素晴らしかったという評判を聞いていた。友人はこちらを利用して転職に成功した。

紹介求人数と応募状況

たくさんの求人

紹介求人数 毎日20件以上

面談で詳しく話を聞いてくれて、現状の自分の市場価値に応じた求人を大量に紹介してくれる。取り扱い数が多いため、高望みしすぎなど厳しい助言ももらえる。

一方で求職者寄りというよりは企業寄りの印象が強く、こちらの求める条件に合う企業というよりは、数をこなしてできるだけ早く採用を終了させたいという意図が強く感じられた。

こちらで紹介された案件で内定を得たが、最終的に条件面が折り合わなかった。エージェント側からは雇ってもらえるだけで御の字なので辞退すべきではない旨言われたが、無理やり就職してもマッチしなければ転職活動に成功したことにならないため辞退し、別ルートで転職した。

企業寄りと感じたところは、例えばどんなところでありましたか?内定を辞退された後のエージェントの対応はいかがでしたか?それまで同様のサポートがございましたか?

自分の希望条件に合う会社を探してくれているというよりは、その時募集が多く出ている業界の企業を片っ端から紹介している印象を受けた。当初自分が対象外とした業界の求人ばかり紹介されて、「求人難なので選ぶよりまずはエントリーするべき」といった話をされた。

辞退に関しては「そうですか。」だけのそっけない対応だったが、当初目安にしていた期間の3か月を経過したタイミングとちょうど重なったこともありその後の連絡はなくなった。

履歴書・面接対策

<履歴書・職務経歴書添削>職務経歴書のセミナーがあり参考になった。 職務経歴書の作成ツールが非常に使い勝手がよく、ツールを使って入力するとワード形式で体裁よく出力される。細かな修正であればワード上で可能で非常に重宝した。

作成した内容をエージェントに確認して助言をもらえるとのことで、見てもらったが「いいと思います。」の一言だけで具体的なアドバイスがなくがっかりした。

セミナーでは、どのような内容が参考になりました?

職務経歴書のどこを企業が見るか、何を書いて何を省くべきか。強調文字や固有名詞の使い方など、初めてだったので全てが参考になった。

転職エージェントの対応

サポートの速さ 早かった
転職を無理にすすめられたかどうか NO

<サポートの速さ>一人ひとりに細かい対応というよりは、お決まりの対応を多人数に一律にしている印象だった。案件は即日毎日20件以上送られてきて、とにかくたくさんエントリーするように促された。うまくこちらで主体性をもって選べば役に立つと思う。

<知識とキャリア相談>業界、キャリアの質問は一般論的な回答しか帰ってこない。先方からは遅い時間でもどんどん電話がかかってくるが、忙しいらしく折り返しても連絡が取れない。そのまま無視されることが多い。

電話連絡の内容・用件は役立つものでしたか? 時間帯や頻度は迷惑に感じるところはありましたか?

求人に応募した事への事務的な確認で、急ぎの連絡の必然性は感じなく、正直迷惑に感じた。 転職エージェントは、転職希望者は常に転職活動を最優先にしている前提で連絡をくれ、それくらいの心構えがないと厳しい転職戦線を勝ち抜けないものだと考え、我慢した。

利用した人材紹介会社の評判

人材会社一覧

良かった会社 リクナビネクスト、マイナビエージェント
悪かった会社 リクルートエージェント,ハローワーク
登録できなかった会社 なし
また利用したい? No

転職活動をするのは自分なので、紹介会社などの過度なサポートを期待するよりも情報量を重視して自力で転職するのが一番だと考えられるようになった。

<良かった会社>
リクナビネクスト,マイナビ:掲載企業が多いので効率は悪いが自分で調べて合う企業を探せる。

<良くなかった会社>
リクルートエージェント:こちらの条件と採用市場のトレンドがマッチしていないとあまり積極的な対応は望めない。
ハローワーク:求職票の条件とまったく違う会社が非常に多い。

転職満足度

転職をおえて

転職有無 他社のサービスを利用して転職に成功しました
年収の増減 200万円減少

<転職を考えている方へアドバイス>転職エージェントといえども求職企業側のポジションと捉え、ネガティブな情報をあえて言わない、本音の退職理由は隠すなど、面接が始まっているつもりではじめから接したほうがいいと思う。あくまで決めるのは自分ということで過度なアドバイスや決断をゆだねてはいけないと思う。

貴重な口コミありがとうございました。


転職エージェントランキング2018年版スマフォ用