【リクルートエージェント/ECサイト運営/女性の口コミ】転職という人生の転機に多角的なアドバイスをもらえた。心が折れそうなときには励まし叱咤してくれる

9人が参考になったと回答
口コミ評価
合計1315
  • 求人満足度4点4点
  • 書類添削度5点5点
  • サポート力4点4点

頼りになるお姉さんのような転職エージェントのサポートで転職に成功。200件以上の大量の求人紹介と転職エージェントの熱心なキャリア相談で自分の得意分野とやりたいことを発見できました。

求人満足度4点4
書類添削度5点5
対応度4点4

リクルートエージェントのリアコミリクルートエージェントのリアコミスマフォ用

前職の仕事内容・転職理由・選んだ決め手

前職と勤務歴 事務職を1年
転職回数 2回目

人物 <仕事内容>:ECサイト運営会社で事務などの業務から雑務全般をやっていました。

<転職理由>同棲していた彼氏の転勤に伴い地方へ転居しました。彼氏の職場では暴力があったり休日でも普通に呼び出される職場だったこと、また転勤族のため私のキャリア形成が難しいことに負い目を感じていたらしく、関東に戻って転勤のない安定した職につきたいとのことだったので、私も転職活動を始めました。

<叶えたかった事>:引越し先での転職

リクルートエージェントを選んだ決め手
  1. リクルート社の提供サービスであれば、ある程度クオリティが高いのではないかと思ったこと
  2. 口コミ(同時期に転職活動していた彼氏からのおすすめ)
  3. 初回の電話面談で担当の方がしっかりしていて信用できそうだったので

面談した感想とアドバイス

面談イラスト

担当者名・年代 20代後半の女性
印象 しっかりはきはきした方。言うべきと思ったことは直球で発言するタイプの方をお見受けしました。転職活動の不安などを聞いてくれたり励ましてくれたりなど、情にも篤く、信念をもってエージェントの仕事をされているという印象を受けました。

<面談の流れ>:登録すると電話がきて「オフィスに来て面談を」とのことでしたが、転職活動を始めたときは地方にいたので電話での面談でした。この時の電話は受付担当の部署の方で、実際に面談するのは担当のエージェントとのことでした

指定した日時にエージェントから電話が来て面談開始。事前に提出していた履歴書や職務経歴書を基に詳細な説明やスキルの部分を質問され、転職理由やどのような業界に転職したいか、次の仕事ではどのようなことをしたいかなど、雑談を交えながら確認されました。その後、上京のタイミングに合わせてスムーズに転職活動を進めるにはどうしたらいいのかスケジューリングを行い、当面やること(履歴書と職務経歴書の手直し、企業への応募)を確認したら終了でした。

<面談前後の気持ち>:それまでに面談を受けていた2社に対して不安感が大きかったので、いい人に当たったらここを利用しようくらいの気持ちでした。実際面談を受けてみて、育った環境(女子校育ち、大学のレベル、職務経歴)などがとても似ているという話になり、またいいことも悪いこともはっきり言ってくれたので、転職エージェントの方というより頼りになるお姉さんといった印象を受けました。

<アドバイス>:恐らく転職エージェントの方にとって、今までの経歴や転職にあたっての志向性などの他にも、そういう人なのかやどういう考え方をするのか見極めるための面談になるかと思います。下手に取り繕って、自分に合わない職場を提案されるより正直に全部話してしまった方がその後のコミュニケーションが楽になります。

一方、転職エージェントの方もやはり人材が高く売れる業界を進めてくるので、本当に自分が何をしたいのか流されないように伝えることも大事です。

紹介求人数と応募状況

求人

紹介求人数 200社以上 応募数 54社

WEB業界での転職を強く推されて紹介してもらいました。求人の量は多く、また就業条件の面では非常に質の良いものばかりでした。ただ、私の流されてしまった面や説明不足もあり、しっくりくる求人があまりなく、興味はないけどとりあえず応募してみるという形で1か月くらい活動していました。

恐らく転職エージェントの方が私以上に私のキャリアを考えてくれてよさそうなところを選んでくれたようなのですが、私自身としてはスキル面に自信がないにも関わらずレベルの高い求人ばかりで気おくれしてしまい。また実際スキル不足で何社も落ちたので、途中で心が折れました

紹介数はとても多かったですが、自分自身のことだと思い、特に苦には感じませんでした。

転職エージェントを利用すると企業側としてもお金がとてもかかるので、将来性はあるけど直近での生産性を考慮すると経営の観点から雇えないと面接のときに直接言われたこともあります。前職は小さい会社でしたが、SEOや店舗売上アップの企画・立案・進行の面で目に見える実績があったので転職エージェントの方もその部分をとても買ってくれたようでクオリティの高い求人を紹介してくれたようなのですが、WEB業界の大きい会社からの応募者や経歴の長い人と比較すると、やはり劣る実績・スキルなので相当敬遠されたようです。

その旨をお伝えし何とか他の業界の仕事を紹介してもらいながら(その際もやりたいことがアバウトな私の為に転職エージェントの方が向いてそうな業界をいろいろ一緒に考えてくれました。)引き続きWEBの仕事も応募し続け、なんとかWEB制作系の仕事に就業しました。

履歴書・面接対策

書類通過数 11社 企業面接数 8社

<履歴書・職務経歴書添削>最初の面談で手直ししたもので問題ないと言われていましたが、その後どうしてもしっくりこないという相談をし、自己PRの部分を面接の部分で聞いてもらえるようにぼやかして書くなどのアドバイスを頂きました。その他の細かい修正もとても的確で、細かい部分までよく見ていただけたと思います。

<面接対策>書類選考が通って面接の日程調整メールがくると、その一番下の方に面接のアドバイスが必ず載っていました。対象企業がどのような面接をするのか、質問の傾向など結構細かく対策方法を教えてもらえました。私の場合電話などでの対策は特にありませんでした。 別の担当の方ですが、同じリクルートエージェントを利用した人見知りかつあがり症の彼氏は面接が相当不安だったらしく、色々な資料をもらって面接の対策をしていました。ちらっと見ましたが志望動機や自己PRの作り方などの指南書のようなものでした。また電話での面接対策もしてもらっていたようです。その場に居合わせなかったので内容までは詳しくわかりませんが、ちょっと緊張が直ったと言っていたので役に立ったのだと思います

転職エージェントの対応

サポートの速さ 普通
転職を無理にすすめられたかどうか YES

<サポートの速さ>対応は早い時もあれば遅い時もあるようです。面接を受けさせていただいた企業の担当者いわく、部署や担当がいくつもあるらしく情報の伝達が遅いみたいと言っていました。大きい会社ですし、取り扱う求人や企業の数も多いのでそういうものなのでしょう。

転職エージェントの方も基本的にこちらから電話しても出れないようなので、着信を入れて待つと夜電話がかかってくるような感じです。メインの転職エージェントに何人かアシスタントが付いているらしく、面接の日時などについては基本的にその方たちとメールでのやり取りになります。ただし本命の面接を受けた後などは、すぐに連絡が来て面接の感想・伝え忘れたことなどを確認していただけます。お伝えするとすぐに企業様へフォローを入れてくれるようです。

<知識とキャリア相談>業界知識は多少はあるのだと思います。ただ、レベルの高いところや明らかに必須条件のスキルが足りないところをゴリゴリ推されて「私にこの業務はできないのに分かってるのかな」と思うことは多々ありました。キャリア相談に関しては誰よりも親身になってのってくれました。幅広く色々な業種をご存じなので、私のやりたいことができそうだけど今まで知らなかった仕事もいくつか提案していただきました。

利用した人材紹介会社の評判

紹介会社一覧

登録した数 転職紹介会社4社/求人サイト2社
良かった会社 マイナビ転職
悪かった会社 Green
登録できなかった会社 なし
また利用したい? Yes

あまり評判などを調べなかったのでなんとも言えないですが、サービスに対してはおおむね満足しています。 他の紹介会社の転職エージェントさんからは利用者を商品としてしか見てないなという印象を受け、転職エージェントってそんなものなのかなと思っていました。 リクルートエージェントで私の担当になった方もそうであったかもしれませんが、転職という人生の転機に際し多角的な角度からアドバイスをいただけ、また心が折れそうなときには励まし叱咤してくれるなど、この人が担当でよかったと心から思えました

<良かった会社>
マイナビ転職:エージェントに紹介されるものより、より自分のレベルに適した求人がたくさん載っていた。また勤務地や条件などを絞れるのもよかった。

<良くなかった会社>
Green:送られてくる求人が的外れだった。

転職活動を振り返る

就活の図

求人チェック 気が向いたときに一気に確認し、応募をたくさんしたら結果を待って面接にいって、手持ちの企業が減ってきたらまた確認してのサイクルでした。
経歴書作成 書類の作成は転職活動を始めて最初の1週間くらいで行いました。
面接対策 面接対策は、エージェントから送られてきた対策用のメール本文を面接2日前くらいに確認してブレインストーミングと企業研究をするだけでした。

<苦労した点>志望動機なども口八丁でなんとかなるタイプだったので、面接も相当合わない企業様でない限りだいたい会話が弾むのですが、やはり職務経験の少なさとスキル不足の面で落とされてしまい苦労しました。

<解決方法>転職エージェントの方にもこういう状況だからWEB業界での転職は諦めると何回も言いましたが、スキルが足りないだけで人物的な評価はどの面接でも頂けているから大丈夫です。将来性でとってくれるところが絶対あるし、そういうところに就職したほうが絶対にいいからというアドバイスと励ましをいただき、当時は納得できませんでしたが、とりあえず応募を増やすことで本当になんとかなったので、エージェントの方ってすごいなと感じました。

<求人チェックのアドバイス>真剣に求人を確認するのは週に1度、1日おきくらいに軽くチェックして明らかに受けたくない企業のそぎ落としだけはしておき、すぐに応募しなければいけない企業があったらその時に対応していました。

<経歴のアドバイス>最初の1週間くらいで作ってから特に変更は加えていません。

<面接対策のアドバイス>基本的に「何のために転職するのか」「転職してどういう仕事をしたいのか」「将来どういうキャリアを積みたいのか」は一貫したものを初期の段階に考えていましたので、それぞれの企業に合わせて話すことだけを意識していました。

転職満足度

転職beforeafter

転職有無 リクルートエージェントを利用して転職に成功しました
年収の増減 180万円から300万円に

<転職活動前後の気持ち>頂いた求人の求めるスキルが高かったので、自分になんのスキルが足りないのか、何から勉強を始めたらいいのかしっかり見極める経験になりました

また、自分のやりたいことがWEB業界の他にどの業界にあるのかや、エージェントの方を話しているうちに自分の得意なことを改めて発見し、今まではWEB業界だったらとりあえず足りないスキルを身に着けてディレクションとかできたらいいやと思っていたところを、ディレクションのスキルを身に着けて何がしたいのかまではっきり明確なビジョンを持てるようになったと思います。

転職にあたり地方から地元に帰っていた形になるので、古くからの友人に会う機会も増えました。高校の同級生など何故か意識が高い人ばかりなので、今の仕事の状況ややりがい、将来の展望などを聞き、自分のモチベーションや危機感が高まりました。

転居と転職が重なったからこそ、友人がわざわざ会いに来てくれたり話を聞かせてくれるのだと思いますが、時期が重なってよかったと思います。またエージェントの方以外にも友人と話すことで自分がなににやりがいを感じるのか、どういった形で社会に関わっていきたいのか、また仕事以外のも日常生活とのバランスをどの程度に保ちたいのかビジョンがはっきりしました

また25才という年齢的にも自分がどの業界でキャリアを積むのかそろそろ見極めなければいけない歳だと改めて感じ、そういった危機感が転職活動での企業選定にも活きたと思います。

<現在の仕事の満足度>4月からの就業のため、まだ仕事をしていません。ただ、現場の方とはすでに顔を合わせたりしているので、不安もありますが前職よりフォロー体制などは充実している印象をうけています。

<前職に戻りたいですか?>ありません。 前職は給与や待遇面で結構なブラックなところだったので、ワークライフバランスが改善されることへの安心感。また、小さい会社だったのでやりたいといえば勤務期間に関わらずどんな大きいプロジェクトでもさせてもらえましたが、その分知識や技術を持った人がいなかったので、一から全部調べて独学で学んでいかなければいけない環境でした。 これからはまず周囲の指示に従って仕事をする必要がありますが、その分技術を持った人に囲まれての業務になるので、自分の偏った知識などをまず矯正すること、新しいことを吸収することを目下の目標に頑張りたいと思っています。

<転職を考えている方へアドバイス>転職エージェントはどの会社というより、どの担当の方にあたるかが大事だと思います。私がダメだと思ったギークリーやワークポートも評判の高いエージェント会社ですが、どうしても担当の方と合わないと感じたので今回特に応募などの利用はしませんでした

業界に強いエージェント会社もありますが、担当エージェントが合わないと感じた際は交代してもらえることもあるそうなので、そういういった手を考慮するのもありだと思います。私の場合、交代してもらうのも面倒だしなんだか悪い気がするしで合わないエージェントさんにあたった会社は利用しないという選択をとりました。

また運よくリクルートエージェントの担当の方はすごく親身な方でしたが、アドバイザーの方も複数の方を受け持ちますのでこちらからアクションをしない限りは結構放置されます。前職の社長は「うるさいお客様は優先される」と常々言っていました。エージェントの助力を最大限利用したいのであれば、図々しいくらい連絡して構ってもらうこと、また嘘偽りなく自分の要望を伝えることが重要です。

貴重な口コミありがとうございました。


転職エージェントランキング2018年版スマフォ用