【リクルートエージェント/営業職/女性の口コミ】正社員の事務職を希望し、多く案件を紹介してもらったが、質はあまりよくなかった。派遣や契約社員などの求人も多かった

14人が参考になったと回答
口コミ評価
合計615
  • 求人満足度3点3点
  • 書類添削度1点1点
  • サポート力2点2点

何となく早く転職活動を終了させ成約させたいような感じがエージェントから読み取れた。

求人満足度3点3
書類添削度1点1
対応度2点2

リクルートエージェントのリアコミリクルートエージェントのリアコミスマフォ用

前職の仕事内容・転職理由・選んだ決め手

前職と勤務歴 専門商社の営業を2年半
転職回数 0回目

人物 <仕事内容>:専門商社でB to B営業をしていた。大手メーカーの電子部品を電機メーカーに売り込みをしていました。
新規営業、既存顧客の提案営業。

<転職理由>給与が低かった。結婚も考えていたので、仕事と家庭を両立させるような仕事がしたいと思い、転職することを決めた。

<叶えたかった事>:仕事と家庭を両立させるような仕事がしたかった事。

リクルートエージェントを選んだ決め手
  1. 友人が利用していてよかったと評判を聞いたから
  2. 大手企業で安心できると思ったから
  3. リクルート東京本社が前職の職場と近く、何かと便利かとおもったから

面談した感想とアドバイス

面談イラスト

担当者名・年代 30代の男性
印象 面談では、転職活動の流れとかアドバイスなどをくれた。これをもとにスケジュールも組めたので良い面談にはなったと思う。

面談をしてくれた方と実際にやり取りする転職エージェントは違っていた。リクルートエージェントでは3人でチームをつくっているようで、1人は求人のメールを連絡してくれる事務的な人、転職活動の前に実際に面談をする人、転職活動している際に企業と調整する人がいた

<面談の流れ>:転職活動の流れ、なぜ転職をしようと思ったか、転職したい業界や職種など。

<面談前後の気持ち>:面接前は不安と強気があった。リーマンショックのときに新卒として就職活動をしていたため、転職活動に抵抗があった。しかし、前職でやってきた自負もあったため不安もありつつ、強気で臨んだ。

<アドバイス>自分が何をやりたいか、仕事は自分にとって何なのかを考えると就職活動に失敗しないと思う

紹介求人数と応募状況

紹介案件

紹介求人数 20社 応募数 10社

事務職だったので、求人数が少ないわりには多く紹介していただいたが、質はあまりよくなかった。正社員を希望して転職活動していただが、派遣や契約社員などの求人も多く紹介された。

履歴書・面接対策

書類通過数 8社 企業面接数 8社

<履歴書・職務経歴書添削>あまり役に立たなかった。登録後、エージェントと面談をする際に添削を受けるのですが、とくに指摘もなかったのでそのまま提出した。しかし、最初書類審査で落ちてしまったので、就職活動の本などを購入し分析したところ、受かるようになった。

<面接対策>面接対策セミナーがあったが、本業が忙しく受けられなかった。また面接に進んだときに、どんな面接かと問い合わせたところ、大まかな概要のみで、細かい相談などはあまり対応していただけなかった

転職エージェントの対応

サポートの速さ 普通
転職を無理にすすめられたかどうか NO

<サポートの速さ>スピーディに対応していただいた。正社員の求人数が少ないのはわかるが、何となく早く転職活動を終了させ成約させたいような感じがエージェントから読み取れた

<知識とキャリア相談>あまり相談はしなかった。

利用した人材紹介会社の評判

転職サイト一覧

登録した数 転職紹介会社1社/求人サイト2社
良かった会社 マイナビ転職
悪かった会社 リクルートエージェント
登録できなかった会社 なし
また利用したい? NO

たくさん求人もあり、対応もスピーディでよかったが、評価は転職エージェントの人の良しあしで決まると思う。

<良かった会社>
マイナビ転職:自分で求人を探すことで、本当に何がやりたいか、この会社に入ってどんなことに貢献できるかと考えなおすことができた。

<良くなかった会社>
リクルートエージェント:私の性格上、転職エージェントでの求人はあまりよくなかったです。今回は事務職・正社員で探していたが、正社員は求人が少ないため、派遣社員や契約社員での求人も多く紹介された。

その際に、エージェントに正社員の求人を紹介してほしいと電話で伝えたが、少し皮肉交じりなことを言われ、それからあまり良い印象を持たず、あまりリクルートエージェントの求人を見なくなってしまった。

皮肉交じり、というのは具体的にはどのような内容でしたでしょうか? 事務系の仕事は、派遣社員や契約社員の求人が多いためそんなに正社員にこだわるのであれば、営業職で探すか、契約社員などで妥協して転職するかをすすめられた。現実はそうなのかもしれないが、それでも事務職がよかったため私は少し時間をかけて転職活動をする予定だった。しかしエージェントは早く私の転職活動を終わらせ、利益を取りたいのかなと感じた。そのエージェントは目先の利益にとらわれており、人材サービス会社として必要な"人"を見ていないのかと感じた。

転職活動を振り返る

転職を振りかえった図

求人チェック 平日は通勤中にスマートフォンで確認。
経歴書作成 土日に作成、1日5~6時間かけて練ったこともあった。
面接対策 土日に対策し、1日5~6時間かけて練ったこともあった。

<苦労した点>自己分析。なかなか仕事をしながらだと時間がとれなかった。転職活動をする前にきちんと自己分析をしてから臨んだほうが、もっと効率よく活動できたのではないかと思った

<解決方法>何冊か就職活動の本を購入し、自己分析した。

<求人チェックのアドバイス>求人チェックは空いている時間で確認。

<経歴書のアドバイス>転職活動する前にある程度まとめておくと、スムーズに作成することができる。仕事と転職活動を平行しながらすると、時間がないため、事前に準備できることはしっかりしておくことが大切。

<面接対策のアドバイス>しっかりと自己分析をしてから面接に臨むこと。

転職満足度

転職後

転職有無 他社のサービスを利用して転職に成功
年収の増減 360万円から360万円に

<転職活動前後の気持ち>生活には満足している。しかし、前職が営業職だったので事務職だと物足りない部分が少しあります。

<現在の仕事の満足度>今は仕事と家庭を両立できて、よかったと思っています。

<前職に戻りたいですか?>後悔していないです。まったく違う業界に転職したため、違う世界もみることができとても勉強になっています

<転職を考えている方へアドバイス>転職エージェントと求人サイトにそれぞれ登録をし、自分に合っているほうを利用することをお奨めします。必ずしもエージェントが言うことが正しいと思わないこと。自分が何をやりたいか、自分にとっての仕事の在り方を考えることが大事だと思います。

転職エージェントに合うタイプ→何をしたいかはっきりと決められていない人 求人サイトに合うタイプ→何をしたいかはっきりと決められている人。自分に合った求人を見つけることができる

気になるところを質問!

ご転職はどちらのサービスのご利用でしたか?

マイナビ転職です。

貴重な口コミありがとうございました。


転職エージェントランキング2018年版スマフォ用