ゲームプログラマーの転職活動で知っておくべき対策をまとめました

業界未経験のゲームプログラマー志望者から経験者まで、役立つ情報をまとめました。業界の転職事情から給与にまつわること、書類の書き方、面接のポイントなど9つの記事があります。少なくともどれか1つは転職活動に役立つ情報があると思います。一部記事では、人材紹介会社ワークポートの転職エージェントにインタビューしています。ブラック企業があるのかどうかなど、聞きづらいことも聞いてきました。ぜひ、転職活動にお役立てください。


見本回答付・ゲームプログラマなどエンジニアが面接対策で気を付けるポイントまとめ

ゲーム業界の面接
著者:尾田 栄一郎 引用:ワンピース

ゲームプログラマーやシステムエンジニアなどのエンジニアが、企業面接の際に注意する点や実際に面接で聞かれた質問をまとめました。採用担当者に『よく面接に来るダメな人の例』も聞いてみたので参考にしてみてください。プロジェクト単位で作る業界だからこそ、面接でコミュニケーション能力を問われることが多いです

>> 「見本回答付・ゲームプログラマなどエンジニアが面接対策で気を付けるポイントまとめ...」続きはこちら

サンプル付き・ゲームプログラマーなどエンジニアが職務経歴書を書く際に気を付けるポイントまとめ

ゲームプログラマー専用!職務経歴書の書き方サンプル 著者:うめ 引用元:大東京トイボックス

ゲームプログラマーなどのIT系エンジニアが企業に応募する際の職務経歴書の書き方をまとめました。職務経歴書はこれまでの経験をいかに志望動機や自己アピールにつなげるかが重要になります。見本の職務経歴書と悪い例の職務経歴書を作ったので参考にしてみてください。

>> 「サンプル付き・ゲームプログラマーなどエンジニアが職務経歴書を書く際に気を付けるポイントまとめ...」続きはこちら

元ゲームプログラマーが語る転職前に確認しておきたいゲーム業界の仕事内容

ゲーム業界の仕事内容
著者:うめ 引用元:大東京トイボックス

ゲームプログラマーは深い専門知識が必要な分、幅広い業界知識や業界の動向を知らない方が多いかなと思います。 転職活動では、業界の動きやトレンドを知ることが重要です。ゲームプログラマーの仕事内容や、ゲーム業界で転職をする際のポイントをまとめてみました。

>> 「元ゲームプログラマーが語る転職前に確認しておきたいゲーム業界の仕事内容...」続きはこちら

ゲームプログラマー・ゲームプランナーに捧げる転職活動で注意しておくべきポイント

ゲームプログラマー・ゲームプランナーの転職活動

ゲームプログラマーが転職する際に注意しておくべきポイントやゲーム業界の転職市場の動向をまとめました。

ゲーム業界は専門化が進んでいて自分の専門分野を活かすための転職活動が必要になっています。また、転職を有利に進めるために「自分の持っている技術を他の業界で生かせられるかどうか」という幅広い業界知識も求められます。

>> 「ゲームプログラマー・ゲームプランナーに捧げる転職活動で注意しておくべきポイント...」続きはこちら

ゲームプログラマー・ゲームプランナーの年収は518万円でした

ゲームプログラマー・ゲームプランナーの年収

ゲーム業界で働くPG年収(給与)の実態と転職事例を調べてみました。ゲームプログラマー、ゲームプランナー平均年収は518万円でした。年収について記載している資料をみていくと「あれ?これってどうなの?」と思うものがあったのでまとめてみました。

>> 「ゲームプログラマー・ゲームプランナーの年収は518万円でした...」続きはこちら

未経験者がゲームプログラマーになるには? 有利な資格は?

ゲーム業界の資格
著者:うめ 引用元:大東京トイボックス

未経験者がゲームプログラマーになる方法をまとめました。ゲームプログラマーの仕事内容や難易度は、ゲームの種類によってかなり違ってきます。未経験者の転職事例をゲーム業界の転職サポートをされているワークポートの村上さんに聞いてきました。未経験者でも転職に成功されている事例を紹介しているので参考にしてみてください。

>> 「未経験者がゲームプログラマーになるには? 有利な資格は?...」続きはこちら

ゲームプログラマーの志望動機のポイントと最近の転職理由をまとめてみた

ゲームプログラマーの志望動機のポイント
著者:うめ 引用元:大東京トイボックス

ゲームプログラマーの仕事で転職する人の志望動機と、転職理由でアピールすべきポイントをまとめてみました。志望動機ではゲームプログラマにかける情熱や感動、そしていかに企業に貢献できるのかが焦点となっています。

>> 「ゲームプログラマーの志望動機のポイントと最近の転職理由をまとめてみた...」続きはこちら

ゲーム・スマホ制作会社を調べると思ってたよりいい仕事でした

ゲーム・スマホ制作会社のブラック判定
著者:うめ 引用元:大東京トイボックス

長時間勤務などでブラック企業と思われがちのIT業界だけど、よくよく調べると意外と良い仕事じゃないか!ということが分かってきたので、まとめてみました。

>> 「ゲーム・スマホ制作会社を調べると思ってたよりいい仕事でした...」続きはこちら

ゲームプログラマーにおすすめの転職エージェントまとめ

ゲームプログラマーの転職
イラスト:シェゴ twitter:@syego

ゲームプログラマーにおすすめの転職エージェントをまとめました。それぞれの会社の強みやサポート内容、どんなタイプのゲームプログラマーに向いているのかなど、特徴もまとめたので参考にしてみてください。

ゲーム業界ではプログラマー不足が続いているので、完全に売り手市場になっています。特に経験者であれば、転職で年収アップができるチャンスです。転職エージェントを上手に活用して、転職を成功させましょう。

>> 「ゲームプログラマーにおすすめの転職エージェントまとめ」続きはこちら

まとめ ゲームを作ることが好きですか?

ゲーム業界は未経験者からでも入ることのできる業界で、やる気・技術・経験で評価されます。ただ、コンシューマゲームは未経験からでは厳しいです。 未経験者の場合は実際にゲームを作り「ゲームが好きなのか」「ゲームを作ることが好き」なのか見極めましょう。作ることも好きならば、そのゲームは書類・面接に活かせます。

未経験者もですが、特に経験者は転職エージェントを利用した方が良いと思います。自分のスキルが業界的にはどの程度なのか、需要がどれくらいある技術なのか、そのあたりがわかると転職もしやすいでしょう。エージェントはそれを教えてくれます。それに 転職して年収アップすることはざらにあると、転職エージェントの方がおっしゃっていました。

ゲームを作ることが本当に好きな人が多い業界だと思います。なぜなら仕事の満足度が高い人が半数を超えており、労働時間が長くてもゲームを作るのが好きだから続けられるという声もあったからです。しかし、好きでいられなくなるかもしれません。そんなときどうしますか。好きであり続け、好きなことを続けるために、自分のキャリアを考えた選択をしてほしいと思います。