Tech Stars(テクスタ)の評判は?都内のIT・Web・ゲーム業界のエンジニアに特化した求人サイト

2019年09月20日

Tech Stars(テクスタ)のトップページ Tech Stars(テクスタ)ロゴ
おすすめ度

総合平均4.4点/5

  • 求人数評価5点2.5/5点
  • 求人の質評判3点4.4/5点
  • 使いやすさ4点3.5/5点
  • 履歴書対策3点2.5/5点
  • スカウトサービス4点4.0/5点

求人数実数高収入割合アプリの有無スカウトメール
245件 12.8% ×

Tech Stars(テクスタ)は、株式会社 Branding Engineerが提供する、IT・Web・ゲーム業界のエンジニア向け求人サイトです。

主に東京都内の案件を取り扱い、全体の80%がエンジニアの求人です。求人数は240件余りとかなり少なめですが、GREEやランサーズ、カカクコム、bitFlyer、KLabなど、大きく成長している企業や有名企業の求人を多数保有しています。

年収も800万円までのゾーンにボリュームがあり、中くらい~高めの求人が多くなっています。このため、条件に合えば魅力的な求人が多いのですが、求人検索などにややクセがありますので、サイトの使い勝手も含めて求人の内容などTech Stars(テクスタ)を使う際に知っておきたいことをまとめてみました。

Tech Stars(テクスタ)の特徴をまずはチェック

嬉しい顔

ココがうれしい!

ココがうれしい!

  • エンジニアに特化した求人
  • 年収400~800万円がボリュームゾーン
  • こだわりの検索条件がある
  • 有名企業・成長企業の求人を多数保有

残念な顔

ココが残念!

ココが残念!

  • 求人の絶対数が少ない
  • 年収で検索できない
  • ほぼ東京都内の求人ばかり
  • アプリがない
  • ドライな職場を希望する場合の検索条件がない

IT・Web・ゲーム業界のエンジニアに特化し有望企業の求人が多い

Tech Stars(テクスタ)

Tech Stars(テクスタ)は、東京都渋谷区にオフィスを構えて転職サービスを展開しています。取り扱う職種はIT・Web・ゲーム業界に特化していて、求人数はかなり控えめの245件となっています。(2019年7月調査)

Tech Stars(テクスタ)求人取扱い企業

少ないとはいえ、Tech Stars(テクスタ)が独自に審査した企業の求人案件のみを掲載するというコンセプトで選ばれていますので有名企業やこれからの成長に期待できる企業の求人が多数含まれています

Tech Stars(テクスタ)のWebサイトの求人情報から有名企業をピックアップしてみましたが、かなりの数がありました。

IT・Web・ゲーム業界の特性として、ベンチャーが多くなりがちで経営も雇用も不安定な企業が少なくありません。Tech Stars(テクスタ)の場合、取扱い企業は上記の例のようにスタートアップ期を過ぎ、成長段階もしくは安定期に入っていると判断できる企業が多く、安心して働けそうですね。

これらの求人は、勤務場所で分類すると東京都が96.33%とほぼすべてを占めています。ITやゲーム、Web業界の特徴が東京一極集中ですから、これは仕方ないかもしれません。ごく少数ですが、東京以外の求人も見られました。

Tech Stars(テクスタ)勤務地職種

都内もしくは近郊在住か、これから上京しようとする人以外には登録のメリットはない、ということになります。ただ、地方にも技術力が高く優秀なエンジニアも多数在住していますし、柔軟性の高い業界ですのでスキルによってはリモートワークのオファーの可能性もありえます。ウデに自身のあるエンジニアの方は、腕試しとして登録してみるのもひとつの手ですね。

職種については、大部分がエンジニアになります。その他の職種も一応ありますが、数は少なくなっています。

エンジニアに次いで多いのがデザイナー、さらにディレクター、マーケティング、セールス、コーポレートスタッフと続きます。多いと言ってもデザイナーの18件だけが2桁で、あとはいずれも1桁にとどまります。エンジニア以外の職種の方は、Tech Stars(テクスタ)以外にもいくつか求人サイトや人材紹介会社に登録して、できるだけアンテナを広く張っておくのがムダなく転職活動を進めるテクニックです。

検索機能で選べる条件は3項目のみだが選択肢はスキル47件など豊富

Tech Stars(テクスタ)サイト

Tech Stars(テクスタ) のWebサイトを見て最初に驚くのは求人検索機能の部分です。Tech Stars(テクスタ)の場合は、検索条件の項目は3つのみ「職種」「スキル」「会社の特徴」だけという、非常にシンプルな作りになっています。それぞれの項目の内訳を詳しく見てみましょう。

職種の項目は、「エンジニア」「デザイナー」「ディレクター」「コーポレートスタッフ」「セールス」「マーケティング」「その他」の7種類だけです。Tech Stars(テクスタ)の業界特化ぶりがうかがえます。

Tech Stars(テクスタ)使用言語

スキルについてはかなり豊富で、JavaやRuby、Amazon Web Service、MySQL、Pythonなど47項目もあります。中にはPhotoshopやIllustrator、InDesignの項目もあり、エンジニア以外の職種への配慮が見られます。スキルから求人が探せるのは、エンジニアに嬉しい検索機能ですね。

他社サイトではこのような大量の選択肢はあまり見られず、比較的エンジニア向けの大手求人サイトでも、スキル項目は多くて12ほどです。業界で必要なスキルのかなりの部分をカバーできています。

最も特徴的と言えるのが、「会社の特徴」の部分です。24項目とこちらも多いのですが、内容がなかなかおもしろいです。

Tech Stars(テクスタ)会社の特徴

「服装自由」などはよくありそうな感じですが、「希望のPC、ディスプレイ支給」という珍しいものもあります。その他には、企業の方向性や成長性、人間関係やワークスタイルなどの内容が具体的に項目として挙げられています。

念のため、企業側の負担が大きそうな「希望のPC、ディスプレイ支給」について、そんな太っ腹な会社があるのか検索してみました。その結果、1件だけ該当しそうなところがありました。

Tech Stars(テクスタ)補足情報

なんでもありではないですが、キーボードやディスプレイが選べるようですし、チェアも良いものになりそうです。かなり魅力的な環境になるのではないでしょうか。

希望する条件は人それぞれですので、この選択肢だけではすべてをカバーできませんが、会社選びの一つの指標としての目のつけどころはユニークですね。

やや気になったのが、ドライな人間関係を希望する場合の選択肢がない、という点です。「社員旅行がある」という選択肢はありますが、「社員旅行がない」という選択肢はありません。「プライベートでも仲間同志で遊ぶ」という項目はありますが、仕事とプライベートは完全に分けたいという希望もあるはずです。

全体の件数が少ないので、ひと通り全ての求人を見ることは可能です。検索の意味がなくなりますが、選択肢にない条件を希望する場合は人力で個々の求人案件を見ていくのが良いでしょう。検証として100件ほどの求人に目を通してみました。全部見たわけではありませんが、個性的な企業が多い業界なので、あまり飽きるということはありませんでした。

不完全なところもありますが、検索機能全体から見えてくるのは、少ない項目ながらエンジニアのニーズに合わせた選択肢を用意してマッチングを図ろうとするTech Stars(テクスタ)の姿勢でした。

ここがポイント

管理人からのワンポイントアドバイス

管理人

・東京都内のエンジニア向けの求人サイト

掲載されている求人数は300に届かず、かなり少ないですね。その内訳も都内の案件がほとんど。エンジニア以外の職種もほぼありません。

見方を変えると、特化しているTech Stars(テクスタ)は余計な情報が少ない分、目当ての仕事を探しやすい、とも言えます。

・求人数は少ないが、検索の切り口はおもしろい

求人数も少なければ、検索条件の数も少ない、というわけではありませんが、検索機能の選べる項目は3つだけで、年収や勤務地での検索はできません。かなり割り切った検索機能だと思います。

エンジニアに特化しているだけあって、検索できるスキルの数は豊富。大手でも比較的スキル項目が多い@typeでも12なのに、その4倍の47もありました。自分のスキルを基準に転職先を考えるエンジニアのニーズをよく汲み取ったシステムですね。

会社の特徴の部分は、どちらかと言うと企業側の「うちは明るい雰囲気ですよ」「コミュニケーション活発ですよ」「フレンドリーですよ」といった「アピールポイント」を検索する内容に感じました。ユーザー寄りで考えたら、その逆の選択肢もあっていいと思います。この項目は改善してほしいところですね。


ここまで、Tech Stars(テクスタ)の求人の傾向と検索機能について解説してきました。クセのある求人サイトですので、しっかりと理解してから利用していきたいですね。続いて、Tech Stars(テクスタ)での転職後の年収やその他の機能について解説していきます。

400~800万円が年収のボリュームゾーン。平均で83万円アップ

Tech Stars(テクスタ)平均年収

Tech Stars(テクスタ)のWebサイトでは、「掲載されている求人について」というタイトルで以下のように記載されています。

「TechStarsでは、架空のダミー求人はなく、厳しい審査に通過した厳選された求人のみを用意しています。そのため、従来の媒体より高いマッチング精度を誇り、スピーディで納得のいく転職が可能になります。また、TechStars経由でしか出会えない職場も多数あるので、幅広い選択肢の中から、働きやすい職場のご提案をいたします。このため、TechStarsでは平均して年収83万円UPを実現しています。」

ちょっと日本語的に何言ってるんだかよくわからない文章ですが、最終的に転職で年収がアップした実績をアピールしています。

そこで、Tech Stars(テクスタ)の求人情報の年収欄について、ひと通り調査してみたところ、スタートラインが500万円からとなっている高額求人は40件、割合では16.33%とそれほど高い水準ではありませんでした。

ただ、年収の表示は幅をもって記載されていますので、最も多い年収のゾーンをチェックしていった結果は400~800万円がボリュームゾーンになり、これは他の業界と比べても遜色のない年収水準ですね。

1分間診断は2択で簡単。結果画面ではマッチング度の高い企業を表示

Tech Stars(テクスタ)診断トップ

Tech Stars(テクスタ)では自分に最適の求人が見つかるという1分間診断を提供しています。診断は2択の設問に答えていくだけの簡単なもので、会員登録しなくても利用できますので、Tech Stars(テクスタ)で自分向きの求人にはどんなものがあるのかお試しで使ってみるのにいいですね。

Tech Stars(テクスタ)診断内容

設問は全部で6問あり、一部は求人検索の「会社の特徴」の内容と同じでした。途中から検索条件にない「フルスタックで働きたいかどうか」などの項目が入ってきて、絞り込んできているのがわかります。

Tech Stars(テクスタ)診断結果

結果はすぐに表示され、簡単な解説と、マッチした求人と、関連するおすすめ求人が表示されます。ただ、実際にやってみた感想は、「無理に診断しなくても、求人検索したらいいんじゃない?」でした。

検索条件にない項目が多ければ個人の志向がよりよく現れるためマッチング精度は上がりますが、テクスタの場合は設問数が少なすぎるため求人検索と変わらない結果になるように感じます。もうひと工夫ほしいと思えるポイントです。

アプリや書類作成機能はありません。他社の併用で作成するのがおすすめ

テクスタでは、求人検索などができるようなスマホアプリの提供は行っていません。公式webサイトがシンプルな作りですし、スマホ対応していますので求人検索などはWeb経由で支障はありません。

書類の作成機能もありませんので、他社のサービスを利用するといいでしょう。多くの大手求人サイトでは履歴書や職務経歴書の作成をサポートするシステムを提供していますので、そちらを利用して作成しましょう。テクスタで応募する企業に、テクスタ以外のサービスで作成した書類を持っていっても何ら支障はありませんので、ガンガン利用して作ってください。

応募できる求人の数を増やす意味もありますので、テクスタの他、大手や専門求人サイトを2,3社併用するのがおすすめです。

ここがポイント

管理人からのワンポイントアドバイス

管理人

・年収は上がるらしいです、一応。

Tech Stars(テクスタ)のWebサイトで記載されている文章では、なんとなく意味がわからなかったのですが、一応平均で年収は上がるということのようです。このあたりの、年収が上がる理由などがわからなかったのでTech Stars(テクスタ)に問い合わせのために2回メールを送ってみましたが、1週間以上待っても残念ながら返信はありませんでした。

連絡があるなどの動きがあり次第、記事を更新していきます。

・診断機能は無理に使う必要はなし。書類は外部サービス利用推奨

1分間診断は本文でも触れたように、検索とあまり変わらない結果になりますので、特段の理由がない限り無理に使う必要性を感じませんでした。

また、書類等の作成サポートはありませんので、他社のサービスを利用しましょう。おすすめは、dodaや日経キャリアNETです。書類作成のためだけの利用でも問題ありませんし、ひょっとしたら魅力的なオファーがあるかもしれませんから併用しておきましょう。


Tech Stars(テクスタ)のまとめ|メインで使うのは苦しいが、求人品質は高めなのでサブとして登録しておきたい

Tech Stars(テクスタ)は、IT・Web・ゲーム業界のエンジニアに特化していて、求人数自体は少ないものの、安定した大手のものを含む厳選された良質な求人を紹介しています。

独自案件もあるとはいえ、絶対数で大手求人サイトには劣ります。例えばリクナビNEXTだと該当するジャンルの求人は5000件近くありますので、20分の1のボリュームです。

Tech Stars(テクスタ)にピンポイントで自分にピッタリの求人があればよいのですが、求人数の少なさがネックです。転職したいタイミングで良い求人がある保証はありませんので、そこは数でカバーしておきたいですね。検討できる求人を増やすためにも、他の求人サイトや転職サービスを併用しておくことがおすすめです。

また、Tech Stars(テクスタ)の求人は東京都内のものにかたよっていますので、地方在住の方の利用は厳しいですね。リモートワークでのワンチャン狙いで登録するのは良いですが、確実に転職ができるように、やはり大手を複数併用しておくことが大切になってきます。

メイン利用は厳しいですが、サブとしての利用を考えた場合、うまくハマれば目覚ましい結果を残せる求人サイトですので、IT・Web・ゲーム業界のエンジニアの方は登録しておくのがベストです。

編集後記|管理人のひとりごと

Tech Stars(テクスタ)はIT・Web・ゲーム業界に特化した求人サイトですが、調査して感じたのは「割り切りまくった求人サイト」という印象です。

都内以外の求人はほぼありませんし、エンジニア以外の求人もほとんどありません。このためか、検索条件に勤務地もありません。さらに年収で検索することもできません。良くも悪くも、余計なものをスッパリと割り切って削ぎ落とした求人サイトと言えます。

他社にはあまり見られない検索条件の「会社の特徴」はおもしろい切り口ですが、企業側のポジティブアピールを検索するような項目設定はよろしくないと感じました。「別に残業が多くてもいいから、飲み会とか社内交流会とかはマジ勘弁して」「たとえ業務時間に繰り込まれても、河原でBBQ大会とか自分やりたくないっす」というエンジニアは一定数いると思いますが、そういう条件の項目はありません。利用者目線での項目の追加を期待したいですね。

業界に特化している分、エンジニアの方には利用価値の高い求人サイトですので、今後の求人数の増加とWebサイトの使い勝手の向上があれば、知名度や利用者はもっと伸びそうです。まだまだ伸びしろがありそうですので、登録して様子を見ていく、という使い方もアリだと思いました。