これで安心!転職エージェントとの面談の準備や服装・当日の様子を口コミと各エージェントの取材から徹底分析!

転職エージェントの面談

初めて転職エージェント(転職アドバイザー)に登録しようと考えている方で「面談が不安」という意見をよく聞きます。

面談準備や服装、当日の流れ、注意事項など、転職エージェントとの面談(キャリアカウンセリング)についてよく聞かれる質問をまとめました

また、多くの質問が寄せられるリクルートエージェントの面談については別記事にまとめました。リクルートエージェントに登録を考えている方は参考にしていただければと思います。→リクルートエージェントで面談した40人の体験者レポートをまとめました

それ以外の会社については下記のページに詳しくまとめています。

転職エージェントとの面談とは?求職者の転職理由や希望条件の確認の場

ほとんどの人材紹介会社では、登録をした後に転職エージェントと「面談」をする流れになっています。人材紹介会社によっては、面談のことを面接という場合もありますが、内容に差異はありません。

直接(または電話で)話をしながら転職の意志の確認や、これまでの経歴や転職理由、希望条件などをやりとりをします。方向性が決まったら条件に合う求人の紹介があります

※吹き出し リアコミ編集長「裏目的として、転職本気度の確認、どんな接し方がいいのかも見ています」  ※吹き出し内容ここまで

転職エージェントは、求職者の方と信頼関係を築きたいと思っているので、企業面接のような雰囲気はなくフランクな話し合いになります。

転職エージェントのサポートがあるところが、リクナビなどの求人サイトと異なるところです。

転職エージェントと面談ってどんなことするの?流れが知りたい方へ

転職エージェント面談の一般的な流れ

面談は一般的に、①お互いの自己紹介から始まり ②職務経歴の説明 ③転職理由 ④希望の条件 ⑤求人紹介の5つのステップで進みます。

より求職者を理解し満足のいく転職になるように、進学した大学をどうして選んだのか? 生い立ちを聞かれることもあります。考え方や性格の特徴などを見ているので、想定外の質問をされても飾らず素直に答えましょう。

面談はどのくらいの時間がかかるの?対面面談は60~90分。電話面談は30~60分が目安

転職エージェントとの面談は対面では60~90分が目安となっています。ただ、時間は転職エージェントのサポートの姿勢、求人の紹介量によって前後します。当日の予定には余裕を持っておきましょう。電話面談の場合は30~60分程度が平均となっています。

男性評価高い

遠方のため電話面談に、電話があり今までの経歴や転職理由などを具体的にヒアリングされた。約30分ほどだったと思います。→口コミの詳細 
(40代前半/男性/製造業)


面談当日の服装は私服?スーツ?

面談の際の持ち物

転職エージェントとの面談日が決まったら、前もって持ち物などを用意しておきましょう。とはいえ、面談では「自分がどんな転職をしたいのか」「どういう人間か」を話すだけなので、大げさな用意をしなくても大丈夫です。(参考リンク:準備の項目

どんな服装で行けばいいの?スーツ?私服でも可?

基本的に服装は自由

転職エージェントの面談は、どんな服装で行っても大丈夫です。普段スーツを着ている人ならネクタイにスーツでも構いませんし、私服で働いていればその格好で大丈夫です。在籍している会社でクールビズをしていたら、ノーネクタイ・半袖シャツでもかまいません。

強いて言うなら、好感のもてる清潔感のある格好で臨みましょう。汚れている服や、シワシワの服は、人に会うときの常識としてNGです。気になれば、髪型や髭なども整えるとよいでしょう。髪型も特に推奨しているものはありません。

何を着ていけばいいのかわからなければ、男性ならジーンズ以外の綿パン長ズボンと、襟付きのシャツ、足元はサンダル以外が無難です。

男性評価高い

フリーター生活が長かったので、スーツすら持っていませんでした。面談の時も私服だったのでダメ出しされるかなと不安でしたが、特にそういったことはありませんでした。スーツのことを相談してみたら、面接で印象が良くて入社後も使えるスーツを教えてもらえました。→口コミの詳細 
(20代後半/男性/無職)

女性は、黒髪にする必要も薄めのメイクにする必要もなく普段のままでよいです。服装はオフィスカジュアルの範疇、例えばパンツスタイルでシャツの上にカーディガンやジャケットを羽織るような形で問題ありません。

女性評価高い

スーツに着替え、オフィスへむかいました。そうしたら、「わざわざスーツで来てくださったのですね!」と驚かれました。おそらく、恰好はあまり気にしなくてもよかったのかもしれません。→口コミの詳細 
(20代後半/女性/教育業界)

大切なのは本音で話せるかどうかです。転職エージェントは本音をヒアリングして求人の提案や希望条件を探してくれます。面接ではないので、あなたが落ち着いて転職する動機や経歴を話すことができれば服装は関係ありません。(参考リンク:面談の服装

また、季節によっては面談時にマスクを着用したい方もいると思いますが、面談時のマスク着用はOKです。特に悪影響もなく、面談開始時に一言断れば大丈夫です。

どんな場所で面談するの? 面談場所や電話面談、出張面談の詳細

面談は人材紹介会社の事務所内の面談室での実施が多い

JACリクルートメントの面談室
JACリクルートメントの面談場所:個室タイプの面談室が並ぶ
マイナビエージェントの面談室
マイナビエージェントの面談部屋:パーテーションタイプの面談室
type転職エージェントの面談室
type転職エージェントの面談ルーム:このように何も置いていない事が多い
リクルートエージェントの面談室
リクルートエージェントの面談ブース:パソコンで求人検索をしながら面談できる

面談場所には、机と椅子しかない何もない部屋が多いので、筆記用具や後述する必要な資料などは忘れずに持っていきましょう。

大手転職エージェント会社は下記の写真のように「面談室」と呼ばれる小部屋がたくさんあり、プライバシーが保たれるような作りになっているので、安心して話せるようになっています。


女性評価高い

本社ビルの1Fで待ち合わせをし、中に入れていただき、個室へ向かいます。個室の中でこれまでの経験や希望する職種について話し、お話の中で判断していただき推奨される企業を抽出して応募する企業を選択します。→口コミの詳細 
(20代前半/女性/無職)


転職エージェントが自宅や近所の喫茶店などに来てくれる出張面談とは?

忙しい方のために、転職エージェントが指定された喫茶店などまで来て出張面談してくれることもある

「忙しい方のために」という理由以外にも、会社に面談ルームがないことや、店員に対する態度などを見る(常識があるかどうか)ためとするエージェントもいます。リラックスしすぎないように注意しましょう。

女性評価高い

面談場所は、私の希望で家の近くの飲食店でしていただきました。予め服装やカバンの特徴などを聞いていたので、待ち合わせ場所に行くとすぐに見つけることができました。その後、座って1時間ほど相談に乗ってもらったり、体験談を聞かせてもらったり話をしていました。→口コミの詳細 
(20代前半/女性/医療業界)

地方在住、面談場所が自宅から遠い場合は電話相談でもいいの?

ほとんどの転職エージェントは電話面談にも対応

大手の転職支援会社は、全国に事務所があるので地方在住の方でも大丈夫です。例えば大手の中でも特に事務所数の多いSpring転職エージェント(アデコ)は国内に160カ所の事務所があるので、最寄りの事務所で面談を希望するといいと思います。

また「スカイプ面談」など自宅面談に対応してくれる会社もあります。電話面談の場合は、面談前後に求人の紹介をメールで送られ、履歴書・職務経歴書もメールで添削してもらえます。遠方の方や在職中で時間が全然とれない方は、電話・スカイプでのサポートを利用するのもよいでしょう。地方から大阪・東京などへの上京転職するサポートもしてくれます。

面談は何時まで対応?夜間・土曜日・日曜日・祝日でも予約できる?

夜間は20時~の面談が最後の会社が多く、土日祝日に対応しているところもある

また、21時以降の時間帯・土日祝日対応と公表していなくても、担当になったエージェントに相談すれば21時以降・定休日でも対応してくれることもあります。

面談の時間は転職エージェント会社によって違うので確認しましょう。夜間の面談ならSpring転職エージェントは22時まで対応していますし、リクルートエージェントなら土日祝日でも面談が可能になっています。(参考:大手転職エージェント会社の面談時間

キャンセルは何日前まで可能?当日に辞退・断るのは大丈夫?

当日の直前キャンセルも可能。ただし連絡を入れて丁寧に断る

当日になってキャンセルする人は少なくないので、断るくらいで印象はそこまで悪くなりません。しかし、身内が亡くなったなどのウソの理由や、時間が過ぎてからメールで連絡したりする方は、その後の面談設定がしづらくなることもあります。転職エージェントからの信頼も失われてしまいます

断る理由は「現職が忙しくて今日は行けそうにない」などで大丈夫です。いつが空いているかなどを聞いて、別日に面談の予約をすると、やる気がアピールできます。遅刻しそうな場合は「一報を入れる」「理由を話す」などすると印象は悪くならず、通常のサポートが受けられます。

転職活動中に面談する回数は?

通常は1回のみ

会社や業界によって違いますが、大手の転職支援会社の場合は始めに面談をして、その後は電話やメールでの連絡になります。履歴書・職務経歴書の添削はメールで、模擬面接は電話でするという流れです。対面での模擬面接は、依頼すればほぼすべての会社が行ってくれます。

医師・看護師・薬剤師・アパレルなどの専門職では2~3回面談をしてくれる会社もあり、求人探しから履歴書・面接対策まで対応しています。

面談で準備すること、持ち物は?名刺はいる?

資料が入る鞄・メモ用紙・筆記用具・あれば職務経歴書・履歴書、名刺はいらない

職務経歴書や履歴書が苦手、という人は面談しながら作成していくこともできます。もし事前に作成できるのであれば、事前にメールなどで送っておきましょう

エージェントが求職者のことを理解した上で面談に臨めるので、話がスムーズに進みますし、紹介できる求人も正確になります。書類は、この時点ならしっかり書き込む必要はありません。

メモは転職エージェントに伝え忘れないように、前もって書いて行くと便利です。質問や相談したいことなどをまとめておきましょう。

転職エージェントと面談した人の感想を教えて?

緊張や不安を感じている人も、前向きになれる

当サイトによせられた実際に転職エージェント会社を利用した方の口コミをみると、面談前は緊張されてのぞむ人が多いです。

ただ面談後は「親しみを感じた」「転職活動のモチベーションがあがった」「不安な気持ちが払しょくした」という好意的な意見が多いです。転職エージェントは、これから一緒に転職活動をしていくパートナーとして接してくれると思いますので、あまり気負いせずにのぞんでください。

女性評価高い

新卒で入職した職場での人間関係に疲れ切っていましたが、とても優しく話かけてくださり、「(私)さんが4月から笑顔でお仕事できるように、僕が全力でサポートします!」と言ってくださったことが本当に嬉しく、思わず泣いてしまいました。→口コミの詳細 
(30代前半/女性/医療)


当日の流れと面談で失敗しない3つのポイント

JACリクルートメントの面談室
面談場所は最寄りの人材紹介会社ビルが多い
マイナビエージェントの面談室
受付でゲートパスを貰うことも

面談会場は、高層オフィスやセキュリティの厳しいビルのときもあります。その場合、建物についてからの移動にも時間がかかります。建物には15分前にはついておきましょう。面談の当日は、持ち物を確認して少し早めに出発しましょう。

対面面談の当日の流れ

JACリクルートメントの面談室
エレベーターに乗り指定のオフィス階へ
マイナビエージェントの面談室
オフィスの入口・ここから受付に連絡します

エレベーターで指定の階まで上がり、電話で受付に面談にきたことを伝えましょう。後ほど、担当のエージェントさんが案内してくれます。

面談の流れは文頭の図ように進んでいきます。落ち着いて話せば問題ないです。面談の流れは下記の動画でも解説しています。

※youtube動画(準備中)

体験者のコメント

男性評価高い

エージェントの自己紹介から始まり、職務経歴の話を後、転職理由・希望条件など簡単な質疑応答を経て、求人案件の紹介を受けました。その企業に関する興味についてヒアリングを受けた後、今後の進め方についての説明を受けました。職務経歴書などは事前に送付しており、その上での面談でした。→口コミの詳細 
(30代後半/男性/通信事業者)

女性評価高い

当日はまず、簡単なアンケートとして転職理由や希望条件・性格(長所短所等)を記入し、それを基に担当者と詳しく話をしていきました。求人1つ1つについて仕事内容や待遇の詳細・担当者が企業訪問したさいの印象を教えていただきました。応募はその場でする必要はなく、後日メールにて応募する意思を伝えました。→口コミの詳細 
(20代後半/女性/経理)

失敗しない面談のコツ①面談では本音で話すべき?嘘はつかない方がいい?

本音で話し、ウソをつかない

自身の評判を気にしていたとしても、職歴やスキルをごまかしてはいけません。ネット上には「転職エージェントに正直に話すといい会社を紹介してもらえない」という情報がありますが、これは半分ホントで半分ウソです。

転職エージェントに正直に話すことえで「転職に不利になる経歴」と「転職に有利な経歴」を上手く仕分けができます。また、自分の経歴や希望に合わせて求人を探してきてくれます。

正直に話していけないのは、会社の不満や悪口などネガティブな情報。また、転職理由(退職理由)に「ラクしたいから」などを話すのはNGです。後ろ向きな人だと捉えられてしまいます。

転職エージェントも仕事なので、転職できるよう志望動機をネガティブな情報からやる気のある前向きなものに言い換えてくれます。ただ、エージェントは多くの求職者を抱えているので、やる気がなさそうな人には手厚いサポートをしてくれる可能性が減ります。

面談する前に、「楽したい」⇒「ワーク・ライフ・バランスの調整するため残業時間を減らしたい」などに言い換えておきましょう。

コツ②リラックスして話そう

対面なので緊張すると思いますが、リラックスして話せると◎です。緊張しがちな人は事前に聞かれることを考えておくと、心づもりができるのでやってみてください。

<準備すること>

・前職の何がいやだったのか?(転職理由)
・会社選びの優先順位は?(給与・やりがい・人間関係など)
・趣味・好きなこと・休みの日にすること(自己紹介)

コツ③面談後にお礼のメールを送ろう

転職エージェントはひとりで多くの転職希望者を抱えています。多くの求職者の中に埋もれないように、報連相(ほうれんそう)とアピールは心がけた方がよいです。

お礼のメールや、日ごろの連絡の早めの返信を心がけるだけで、エージェントの印象を高めて手厚いサポートを提供してもらいましょう。

サービスを提供してもらうからといって、「お客様」という態度はよくありません。また、面談で伝え忘れたことなどを追記しておくとよいでしょう。

面談のことで求職者の方からよく質問される内容と回答

キャリアプランのアドバイスは必ずしてくれる?

基本的に面談をした全ての方に実施

転職エージェントは、第三者の目から客観的に利用者を見てくれるため、今まで自分では気づかなかった問題や長所を教えてもらうことができます。

求職者自身が強みだと思っていることが実は弱み(不利になる項目)だったこと、あるいは逆に本人は弱みだと思っている点がアドバンテージになったりすることもありますのでキャリア相談をすることで今後の戦略を立てやすくなります。

キャリアプランについては下記に詳しくまとめました。転職エージェントを利用するメリットなど、あわせて解説しています。
⇒ 業界に精通している転職エージェントは、自分の市場価値を客観的に評価してくれる

求人はどのくらい紹介してもらえるの?

面談の最後の方で紹介されるケースが多いです。件数は紹介会社と希望条件により左右されます。数件から十数件が目安。あらかじめ、職務経歴書や希望条件を伝えておくと、面談前、メールやLINEで紹介されることがあります。

アピールする必要のない強み・ポイントはある?

事実の裏付けがないアピールはしない

1つはリーダーシップ、協調性、行動力、深耕力、向上心、達成意欲等を、事実の裏付けなく言葉だけで話す場合です。もう1つは「表彰された」「〇〇%で達成した」という事実だけ話す場合です。その事実は評価されますが、その背景や創意工夫が大事であり、その事実結果自体はそれほど評価されません。

書類添削や模擬面接のタイミングは?

書類添削は、面談時や後日メールや電話で添削された方もいるので、人材紹介会社によってタイミングは異なります。大抵は、採用企業の社風や求められている人物像に合わせた書類にするために、応募求人を決めた次のアクションとして行われることが多いようです。模擬面接は企業面接日直前に実施されることがほとんどです。

女性評価高い

様々な質問が終了した後、エージェントの方に記入してきた職務経歴書を見てもらい、アドバイスをもらいます。期日を決めて職務経歴書の再提出を求められ、初回の面談は終了しました。→口コミの詳細 
(20代後半/女性/金融業界)

女性評価高い

対面面談のあと、メールと電話で細やかにフィードバックいただきました。→口コミの詳細 
(20代後半/女性/製造業)

電話面談と対面面談で内容に違いはある?

電話面談と対面面談の内容に大きな差はありません。

しかし、電話の場合は必要事項のヒアリングにフォーカスを当てた流れとなります。そのため、対面面談より所要時間は短めとなっています。

[電話によるスピーディーな対応=淡白な対応]というイメージでしたが、口コミによると「励ましてもらえて勇気がもてた」「緊張したが優しく対応してもらえて落ち着いて会話できた」と、電話面談でも対面面談でもリラックスした雰囲気づくりや信頼関係が築けるよう努めているエージェントが多いようです。

転職エージェントと面談した体験者のレポートを人材紹介会社ごとにまとめました

実際に人材紹介会社を利用された方々の口コミを参考に、登録から面談までの流れや面談当日の様子・担当エージェントの印象などをまとめています。各企業ごとに分けて精査しご紹介をしていますので、自身に合った人材紹介会社探している方や、これから面談を受けられる方は参考にしてみてください。

総合(全職種対応)Spring転職エージェント(アデコ) DODA 

マイナビエージェント パソナキャリア

外資系 JACリクルートメント ランスタッド

まとめ 転職エージェントに直接会う面談は必要なもの?

転職エージェントの相性が確認できるので電話よりもオススメ

転職エージェントとの面談は、電話やスカイプでも可能ですが、できれば直接会って面談をしておいた方が信頼関係ができますし、求人の細かな情報をその場で聞けるなど対応の速さが違います

また、転職エージェントも人間なので、利用する方との「性格の相性」が出てきます。面談は担当になった転職エージェントがどんな人なのか知るチャンスでもあるので、積極的に話した方がその後の転職活動がスムーズになります。

もし、面談してみて「担当が自分に合わない」と感じたら、早めに担当の変更を申し出るか、別の転職支援サービスに登録を検討した方がよいでしょう。転職は人生を左右する出来事なので、いいなと思える転職エージェントと転職活動をすすめてみてください。

転職エージェントの併用は効率的で、最大限利用できる

転職活動をすすめるにあたって転職エージェントを利用しようと思っているなら、あなたは転職の成功に近づいたと言えます。ただ、あなたの目的は転職ではないですよね?

「自分にとってより良い環境で働きたい」「より充実した日々を送りたい」などが目的であり転職活動のゴールだと思います。そんな希望を叶えるため、転職エージェントを最大限利用できる人材紹介会社の選び方、併用のメリットを紹介します。

これからエージェントに登録する方 登録してこれから面談をされる方