アクシスコンサルティングの面談内容と準備すべきこと|体験談(口コミ)を元に解説

jacの人材紹介会社のサービスとは

当サイトが独自に募集している、人材紹介会社を利用された方の体験談(口コミ)5件(2018年1月)を基に、アクシスコンサルティングの転職エージェント(アドバイザー)との面談内容や、担当エージェントの印象などをまとめてみました。面談流れや雰囲気・疑問などにもお答えしています。転職エージェントの利用を検討されている方や、これから面談をされる方は参考にしてみてください。

アクシスコンサルティングは、コンサル・IT・ミドルクラス以上の転職サポートに特化しています。サポート力が秀でており、すぐ転職しない方のキャリア相談も受けるなど長期サポートに定評があります。

アクシスコンサルティングを利用された方によると「自分の進むべき方向性がおのずと見えてきた」「状況に合わせて案件を紹介してくれた」といった、サポートの丁寧さに対する評価が多く、安心して利用することができる人材斡旋会社だと、リアコミでは判断しています

アクシスコンサルティングの公式サイトを確認する

対面面談の流れ|在職中でも相談しやすいよう、夜間や休日の面談も可能

対面面談の流れ

登録をすると後日転職アドバイザーから連絡がきて、面談の日程を決めます。登録は簡単で、Webサイトで必須項目9ヵ所を入力するだけ。1分ほどで登録できます。

アクシスコンサルティングは、在職中の方でも利用しやすいように、夜間や休日の面談も受け付けています。面談の所要時間はだいたい60~90分ほどと考えておくとよいでしょう。面談会場は東京本社となりますが、相談をすれば指定場所の飲食店などでも可能です。

面談の内容は、経験や希望のヒアリング・キャリアプランの提案がほとんどで、その後求人紹介や書類添削となります。外資系を目標とされている方は英文レジュメも持参しましょう。丁寧な添削・アドバイスを受けることができます。

アクシスコンサルティングを利用して対面面談をした方の口コミをいくつかご紹介します。

女性評価高い

横浜のルノアールで行いました。まず現在の職務内容を聞かれ、今までのキャリア、これから叶えたいキャリアプランのヒアリングがあり、すでに持ってこられた求人票の内容を紹介していただきました。

エージェントから見た自分自身の人材としての印象や市場価値・人格の印象などをヒアリングできたので、とても勉強になりました。→口コミの詳細 
(30代前半/女性/マーケティング)

男性高評価希望している領域の求職状況を軽く説明した後、企業ごとの特徴を述べ、キャリア相談が10分ほど。その後求人の紹介があり、トータルでは40~50分ほどありました。企業につきましては、コンサルティング業界の領域・専門性別の求人需要、後は企業の社風(アップオアアウトの激しさ等)を教えて頂きました。→口コミの詳細 
(20代後半/男性/経営コンサル系)


ここがポイント
  • ・面談会場はオフィスや飲食店など、都合に合わせてもらえる
  • ・面談時間は60~90分程度

電話面談による流れ|内容は対面面談と大差ない。Skypeでの面談もアリ

電話面談の流れ

電話面談の対象は、アクシスコンサルティングのオフィスから遠い方や地方在住の方、多忙で時間が取れない方などとなります。基本的に対面時と変わらず、転職理由や希望条件などのヒアリングがあります。

Skypeでの面談も可能なので、相手の顔を見ながら会話をすることができます。転職エージェントは転職活動において大切なパートナーです。Skypeだと顔を見て話すことができるため、電話よりも信頼感をもつことができます。

実際に電話面談をされた方の口コミをご紹介します。

30代男性時間がなかったので電話にしてもらった。事前に職務経歴書を送っていたので、経歴について詳しく聞かれた「この会社に転職した理由は?」など。その後求人をメールで紹介してもらった。→口コミの詳細
(30代後半/男性/IT業界)

電話だと余裕のあるコミュニケーションが取りにくいため、必要事項を中心にヒアリングされる形になります。ですので、ご自身の転職理由や希望条件を話せる状態にしておきましょう。


ここがポイント
  • ・電話面談は、対面面談と聞かれる内容は変わらない
  • ・あらかじめ、経歴・転職理由・希望条件をまとめおき、伝え忘れ防止に

面談前に準備しておきたいポイント|伝えたいことはあらかじめ、明確にしておくとよい

面談前のポイント

アクシスコンサルティングで転職活動をした方々の面談アドバイスをまとめました。代表的なアドバイスは『譲れないポイントを明確にしておく』『素直な自分の希望と意見をぶつけたほうがいい』の2つです。

転職エージェントという第三者と話をすることで、自分の進むべき方向性などが見えてきます。自身の市場価値やどういった方向にニーズがあるのかを知ることで、より鮮明なキャリアプランを考えることもできます。

以下、体験者からのアドバイスです。

20代女性好評事前に自分の譲れないポイントを明確にした方が良い。給与面、労働時間、仕事内容、職場の立地など、考えるポイントは多くあるので、優先順位を的確に伝えられるとエージェントも合う案件を紹介してくれることが多いと思う。→口コミの詳細
(30代前半/女性/経営コンサル系) 

40代女性評価高いあまり堅苦しくなく、素直な自分の希望と意見をぶつけたほうがいいと思います。エージェントが、明らかにおかしいこと、無理なことは指摘してくれますが、キャリア方針の最終決定は求職者自身が決めることです。→口コミの詳細
(40代前半/女性/ITサービス)

必ずしも自分の伝えたいことが100%エージェントに伝わるとは限りませんし、確実に条件にあてはまった求人が見つかるとも限りません。そのため、自身の希望や優先したい条件をあらかじめ定めておき、シッカリとエージェントに伝えておく必要があります。具体的な希望条件となると、エージェントと相談しながら決めていくことになりますが、面談を円滑にするためにも、ある程度絞っておいたほうがよいです。


ここがポイント
  • ・事前に自分の譲れないポイントを明確にした方が良い
  • ・素直な自分の希望と意見をぶつけたほうがいい

担当の転職エージェントはどんな人?

人材紹介会社のサービスとは

担当の転職エージェントがどんな人になるのか気になると思います。ここでは体験者が感じたエージェントの雰囲気をご紹介します。(※あくまで体験者個人の感想です)

男性エージェント<担当者名・年代>最上裕司さん・30代の男性

<印象>誠実で、候補者(求職者)のことを第一に考えてくれる。クライアントや売り上げのために候補者を無理に動かしたりしない。会社じたい売り上げ重視ではなく「ファンを作る」という人間味のある社風のようです。信頼できます。→口コミの詳細

男性エージェント<担当者名・年代>久保さん・20代後半の男性

<印象>物腰が柔らかく、人を落ち着かせる雰囲気があります。また、案件提案に積極的でした。→口コミの詳細

男性エージェント<担当者名・年代>河東さん・30代前半の男性

<印象>初回の面談時には、自社の案件の提示からではなく、こちら側の状況・希望条件・その意味まで含め「聴く」ということに注力していた。その後、事前情報のみで見繕っていた案件から、希望に合いそうなものを暫定として提示してくれた。希望条件の中でも優先順位や可能なこと・無理なことを正確に話してくれていたので、とても誠実な印象を受けた。→口コミの詳細

人間一人ひとりが異なった性格や考えを持っているように、転職エージェントのタイプも十人十色です。熱心にサポートをしてくれるエージェントもいれば、未熟で頼りがいが感じられないエージェントもいます。

もし、自分のタイプと合わない・頼れない。と感じるエージェントが担当になった場合は、速やかに担当変更を申し入れましょう。人生に大きく関わる転職なのですから、やはりシッカリと相談の出来るエージェントと二人三脚を行うことが大切です。


面談する前によく聞かれる質問と回答

面談前の質問

アクシスコンサルティングの面談前によく寄せられる質問と回答をまとめました。

サポート期限は決まってる?

エージェントの転職サポート期間は平均3年となっています。そのため、長期的なサポート・相談を望む人にとっても利用しやすい人材紹介会社です。

土日も面談できる?

相談をすれば、休日での面談も受けられます。

面談に名刺はあった方がいい?

なくてもよいです。連絡先などの内容は登録したものが、担当者に伝えられています。

服装、準備、持ち物は?

服装は私服やスーツ・職場に通っている服装でも構いません。スーツの方がしっかりサポートをしてもらえるということもないので、面談当日に行きやすい格好で大丈夫です。しかし、常識の範囲内で清潔感のある服装で赴きましょう。
転職エージェントの面談で服装は私服?スーツ?7人の現役エージェントに回答してもらいました

質問したいことや優先順位をつけた希望条件をメモしておけば、当日スムーズに話を進めることができます。

持ち物は筆記用具と上記をまとめたメモです。履歴書と職務経歴書を作成して持っていくと、添削をしてもらうこともでき、より有意義な面談を行うことができます。
転職エージェントとの面談は怖くない!準備から服装など気になる質問18個をまとめました

転職エージェントを複数社利用するメリット

転職エージェントを利用して転職活動をする場合、最も重要なのは「どこの転職エージェントを利用するか?」です。

同時に複数の会社に登録することは、転職エージェントに失礼な事だと思っている方も多いようですが、理想的な転職を叶えるためには、より多くの情報を収集し、的確な取捨選択を行うことが大切です。

実際、当サイトで転職エージェントを利用した方にアンケート調査した結果、平均2~3社の人材紹介会社に登録をしていました。

多くの転職エージェントを利用することには『求人の幅が広がる』『業界知識が得られる』『自分に合ったエージェントを見つけられる』『多くの視点からアドバイスを受ける事ができる』といった様々なメリットがあります。

もちろん、ただ闇雲に複数登録をすれば良いというわけでもありません。各人材紹介会社のサポート体制や得意分野を把握して、自分に合うタイプを見つけて利用しましょう。

始めから人材紹介会社を1社に絞って自身に制限をつけるのではなく、複数の人材紹介会社を上手く利用して情報や活動 範囲を広げることが、転職成功への道です。

下記では転職エージェントを選択する際に目安となる、タイプや特徴をまとめています。
転職エージェントは複数社利用してリスクヘッジ!理由と選び方をまとめました

まとめ|相談ベースでもOK。面談から感じることや気づくこともあります

口コミや公式サイトをみていると『転職を推すばかりではなかった』『将来を見据えたキャリア相談ができた』という方が多い印象でした。アクシスコンサルティングは長期的なサポートを行っているため、スピード勝負の転職支援というよりも求職者のキャリアを考えた提案を大切にしています。アクシスコンサルティングの評判と口コミ

エージェントと求職者との食い違いを最小限に抑えるためには、『何を目的とした転職なのか』『希望条件の優先順位はどういったものか』それらを明確に伝え、エージェントとのトーンをすり合わせることが重要となります。そのために必要な過程が"面談"なのです。円滑で充実した面談を行っていくことによって、自身では気づかなかった方向性や考え方を見つけることができます。