転職エージェントの面談で服装は私服?スーツ?7人の現役エージェントに回答してもらいました

2019年10月24日

転職コンサルタント面談の時の服装

人材紹介会社を利用すると、最初に面談(キャリアカウンセリング)がありますよね。企業面談とは違うので、どんな服装でいけばいいのかわからないと悩む人も多いです。

実際に転職エージェントに聞いてみると、すべての会社が「服装は自由」と答えていました。

そこで今回、面談するときの服装について直接転職エージェントを取材し、意見をまとめました!
自分の希望をきちんと伝えられるようにリラックスした状況で面談するのが理想的です。男女別のコーディネートアドバイスも紹介していますので、どんな服装が望ましいのか一緒にチェックしてみましょう。

服装は私服でOK!

仕事の都合で着替える時間が取れない場合は、最低限の身だしなみを整えれば着替えずにそのままの服装でも大丈夫とのことでした。

面談では、転職理由や希望年収の話もあるので、人間関係や家族のことなどプライベートな部分、心情的な部分の話をすることもあります。

あなたがリラックスして今の悩みを自然に話せる状態がベストです。

ただスーツを着て面談に行くと、採用面接するときの服装をチェックしてもらえます。もし服装について自信がないなら、スーツを着ていくのも一つの手ですよ。

リラックス&清潔感のある服装で望むことで情報共有できる良い面談ができる

転職エージェントとの面談の目的は、求職者と転職エージェントとの間で情報を共有して、的確なカウンセリングをすること、その上で求人紹介をすることです。

あなたが抱える問題を聞きだせれば、エージェントもミスマッチのない求人を紹介することができます。

とはいえ、転職エージェントも人ですので、服装によってあなたに対する印象が変わるケースもあります。あなたも「楽だから」という理由で友人が不潔な格好で食事に来たりしたらちょっと嫌ですよね。

ラフすぎるものを避けつつリラックスできて清潔感のある服装がおすすめということになります。

アパレル業界は服装のテイストをみられる

アパレル業界は少し特殊で、あなたの服のテイストからエージェントは求人を探してきます。なのでスーツはNG。

希望するファッションジャンルがある場合、それに近い洋服を着ていくことをおすすめします。


ここまでで転職エージェントとの面談では服装は私服で大丈夫、ということをお伝えしました。続いて、実際に転職エージェントの方々に服装について聞いてみたインタビュー内容を見ていきましょう。

転職エージェントに聞く!面談の服装はどこまで大丈夫?

転職エージェントは「面談時の服装について」どう思っているのか? 日々、転職のサポートをしている現役エージェントに聞いてみました!

様々な業界の転職エージェントさんに聞いてみても、全員が「私服でOK」の回答でした。一方で、どのくらいの服装まで許容されるかは、業界によって特徴が見られたので下記にまとめてみました。ご自身の職種と照らし合わせて参考にしてみてください。アパレル業界は、面談時の服装で、その方のテイストやセンスを見られるので注意しましょう。


転職エージェント斎藤さんの回答(itエンジニア/アデコ)

アデコの転職エージェントの斎藤さん

基本的に服装は自由です。面談はラフな格好でも大丈夫。Tシャツ短パンだとちょっとひきますが(笑) リラックスできる私服で来てください。企業面接の対策のときは、出来ればスーツで来ていただけたらと思います。応募する企業によってスーツ、ビジネスカジュアルがあるのでその辺をアドバイスできます。

⇒ Spring(アデコ)の評判・口コミはこちら


転職エージェント高相さんの回答(マーケティング/パソナキャリア)

パソナキャリアの転職エージェント高相さん

面接ではないので、話しやすい服装でOKです。スーツで来られた方には「私服でいいですよ」と言ったこともあります。

⇒ パソナキャリアの評判・口コミはこちら


転職エージェント今澤さんの回答(20代第二新卒/ハタラクティブ)

ハタラクティブの転職エージェント今澤さん

面談は私服でOKです。スーツを着ると緊張してしまう・・という方はカジュアルな服装で全然構いません。

⇒ ハタラクティブの評判・口コミはこちら


転職エージェント永井さんの回答(ITWEB/レバテックキャリア)

レバテックキャリアの転職エージェント永井さん

面談は私服でOKです。緊張して固まってしまうといい面談ができないので、カジュアルな服装で来てください

⇒ レバテックキャリアの評判・口コミはこちら


転職エージェント岩崎さんの回答(ITフリーランス/ギークスジョブ)

エンジニアナビの転職エージェント岩崎さん

ラフな格好で問題ないですね。それこそ、夏はTシャツでも大丈夫です。固くならない方がいいですね。

⇒ ギークスジョブの評判・口コミはこちら


転職エージェント大門さんの回答(薬剤師看護師/メディカル・プラネット)

メディプラ薬剤師の転職エージェントの大門さん

服装は何でもOKです。ジャージでも問題ないです。転職エージェントの面談は採用を決めるというものではないので話しやすい恰好で来ていただけたらと思います。面談の際の服装をみて、ノリよく話した方がいいかな、などを参考にさせていただいています。

⇒ メディプラ薬剤師の評判・口コミはこちら


転職エージェント大谷さんの回答(アパレル/スタッフブリッジ)

スタッフブリッジの転職エージェント大谷さん

普段の私服で構いません。その方に良く似合っていれば、自身のセンスをアピールする良い機会だと思います。私服のバランス、テイストが大切です。また私服からその方のブランド適正をみることができます。着ている服装から好みのブランドなどが分かるので、提案の幅を広げています。

⇒ スタッフブリッジの評判・口コミはこちら


結論:アパレル業界以外では面談の服装はなんでもいい

上記のように、転職エージェントさんは全て「服装は私服で大丈夫」だと言っています。中には「普段着の方がいい」という意見もあるくらいです。ただし、Tシャツ短パンだと引いてしまう転職エージェントさんもいるので、長ズボンが無難です。

アパレル業界の場合、私服のセンスでその人の適正を見られるので、自分が働きたいブランドのテイストに合った服装・髪型を心がけましょう。


【男性版】迷ったらコレ!転職エージェントの面談でおすすめの服装

転職エージェントとの面談でおすすめの服装は、オフィスカジュアルです。

普段からスーツを着ない方は、スーツを着ると緊張してしまい固くなりがちです。

そこで、下図の【2】や【3】のような服装を参考にしてみてください。

面談に使える男性オフィスカジュアルの例

襟つきのシャツにパンツ、靴というスタイルが一般的です。赤や黄色などの色は控えましょう。どんな業界やシチュエーションでも使えるのが、オフィスカジュアルの利点です。

何を選んでいいか分からない方は、紳士服店のオフィスカジュアルコーナーに置いてあるマネキンを参考にしながら買うといいでしょう。

もちろん、普段からスーツを着る方はそのままで問題ありませんよ。

好印象を与えるポイント

好印象を与えるなら、スラックスのボトムを選びましょう。スラックスのボトムは、ジーパンよりも上品に見えますし、スーツほど固くなりにくいです。

またシャツやポロシャツ、革靴にも合わせやすく、ジャケットを羽織るだけで綺麗にまとまり好印象を与えやすいですよ。

これはNG!注意するべき服装

男性の場合、転職エージェントの面談では

  • ・ビーチサンダル
  • ・ダメージデニム
  • ・派手な色やデザインのファッション
  • ・シワがある清潔感のないシャツ
  • ・清潔感のない頭髪(無精髭)
  • ・ピアス

などは避けましょう。これらは、第一印象で違和感を持たれやすいです。

転職エージェントは初対面の相手ですので、あなたの第一印象は重要な要素のひとつになります。第一印象で違和感をもった相手に職場を紹介するのは、抵抗を感じがちです。

とくに髪型・髭・ピアスなどは、起きてから鏡を見ればチェックできますよね。容姿に気を使えなければ清潔感は感じませんし、大雑把な印象をいだきやすいです。

面談前は、髪の毛に寝ぐせがないかをチェックしたり軽く櫛を通したりして整えたりすることをおすすめします。また、夏場はボディーシートで汗を拭きとり体臭を防ぐなどの対策も有効です。

女性は明るめの服装、カラーリングも可

女性は、オフィスカジュアルの幅が広いので、普段着で面談に行っても全く問題ありません。

普段からスーツを着る方は、もちろんそのままでもOKです。

とくに、下図のようなファッションなら、どれでも問題ありません。

面談に使える女性オフィスカジュアルの例 出典: ユニクロ https://www.uniqlo.com

ほとんどの職場では、ヘアカラーをしていても大丈夫です。ですが、金融系の転職を目指す方は、黒髪を指定されることがあります。

また、メイクは洋服に合わせて軽くするくらいが清潔さを感じさせやすいです。普段から化粧をしない人には、好感がもてるメイク法を教えてもらえるケースがあります。

好印象を与えるポイント

好印象を与えるポイントは、明るい色の洋服を選ぶこと。とくに白や黄色、ピンクなどの明るい色を選ぶと好印象を与えやすいです。

落ち着いた色合いのスラックスやスカートに清潔感のあるシャツを合わせ、ジャケットを羽織って行くとよいでしょう。

面談のイメージは、職場より少しオシャレをして転職エージェントとの会話を楽しむくらいの気楽さがべストですよ。

足元はパンプスを合わせ、ミュールやサンダルはできるだけ避けてください。また、アクセサリーやネイル類もあまり主張させず、過度に派手なものは自重しましょう。

女性の場合、明るい色の洋服を着るだけで、あなたが清潔で明るい人である印象を与えやすくなります

これはNG!注意するべき服装

転職エージェントの面談では、

  • ・露出が多い
  • ・派手すぎる服装、メイク
  • ・匂いの強い香水
  • ・ラフすぎるジーパン
  • ・大きいアクセサリー

など、常識の範囲を超えるものは避てください。

服装やファッションの制限は女性だと緩くなりますが、方向性を間違えると印象が悪くなってしまいますので注意しましょう。

とくにアイライナーで目をかこったり派手なつけまつげを付けたりするのは避けてください。

またピアスやネックレスなどをするのは問題ありませんが、存在感のある大きなものは控えましょう。

面談は、多少おしゃれをしていくほうがいいですが、おしゃれを披露するところではないという認識をしっかり持っておきましょう。

また、男女関係なく清潔感は重要です。清潔感も含めて、女性の面談の際のファッションについてジェイックの転職エージェントの関さんからコメントを頂いていますので紹介します。

『面接に落ちやすい方の特徴として、第一印象がひどい点があげられます。髪がもじゃもじゃして不衛生で、感受性が足りなかったりします。そういう方には、服装と身だしなみをチェックしていて、好印象に見られるためには、清潔で明るい印象に変えていきます。

オフィスカジュアルなら女性の場合服の色は黄色やピンクにかえます。化粧していない子にはメイクをすることもありますね。好感がもてるメイクの仕方の講習もしています。』

⇒ ジェイックの評判・口コミはこちら

転職エージェントが女性の場合、ファッションについてアドバイスをもらえる場合があるので、気になるときは担当に女性をお願いできるか確認してみるのもいいでしょう。


ここまでで、転職エージェントとの面談で着るべき服がおわかりいただけたかと思います。緊張せずに話せてキレイ見えするファッションがよさそうですね。続いては、持ち物編。どんなバッグを持っていったら良いのか解説していきます。

転職エージェントとの面談に必須のアイテムは「トートバッグ」

転職エージェントとの面談に必須のアイテムは、トートバッグです。面談のときに、転職エージェントから書類を渡されることがあります

もらったのものをそのまま持ち替えるのは失礼ですし、ビジネスマナーに反します。そのため、A4サイズの紙が入るトートバックを持っていくようにしてください。

ただトートバックとはいっても、書類を曲げずに入るプラスチックケースやプラスチックバッグ、リュックなどでも問題ありません。

プラスチックケースやプラスチックバッグは、100~1000円と安く買えますし男性でも持ちやすいので安心ですよ。

企業面接、さらにその先の転職後の仕事にも使える鞄を探している場合はこちらを参考にしてみるといいでしょう。

服装、持ち物と、転職エージェントの面談時のファッションについて見てきましたが、服装はあくまで良い面談をするための手段です。転職成功のために重要な、良い面談を実現するために注意しておきたいファッション以外のポイントについてお伝えします。

転職エージェントが面談時にチェックする3つのポイント

面談時に服装以上に気を付けてほしい点があります。下記の3点です。

  • ・経歴やスキルは正直に答える
  • ・面談に遅刻する場合は連絡する
  • ・最低限のビジネスマナーを守る

それぞれ詳しくみていきましょう。

経歴やスキルは正直に答える

面談で経歴やスキルについて聞かれたときは、偽らずにありのままの情報を伝えましょう。偽った情報はすぐにバレます。その結果、限られた企業しか紹介してもらえません。あなたにピッタリの職場を見つけるためにも、聞かれたことは正直に伝えましょう。

ワークポートの光山さん

ITに強い人材紹介会社ワークポートの光山さんより

求職者とエージェントの情報・発言に差があると、整合性が取れなくなってしまい、求職者もエージェントも企業に信用されなくなってしまいます。こちらとしてもフォローしにくい状態になるので、すべてお話してほしいです。

サポートを強化したワークポートを再取材しました!

面談に遅刻する場合は連絡する

面談に遅刻する場合は、エージェントに必ず連絡をしましょう。エージェントは、あなたのために時間を確保しています。開始時間が過ぎても訪れず連絡もないのと、遅刻連絡した上でいつ頃到着するか伝えているのでは、転職エージェントがあなたに抱く印象が随分変わってきます。遅刻によるダメージをかなり軽減できますので、遅刻することがわかった段階で、指定の連絡先に到着する時間を伝えましょう。

最低限のビジネスマナーを守る

転職エージェントは、人をみるプロです。最低限のビジネスマナーは守りましょう。特に、あいさつや質疑応答の姿勢には気をつけましょう。初対面なので挨拶するのは当然ですし、質問中に足を組んだり肘を付いたりするのは失礼です。最低限のマナーを守りつつ、リラックスしながら会話を楽しみましょう。

まとめ 転職エージェントの面談はリラックスできて自信の持てる服装で

今回の記事では、転職エージェントと面談するときの服装についてご紹介しました。

転職エージェントと面談するときは、あなたがリラックスできる服装を選びましょう。とくに、清潔で明るい印象を与えやすいオフィスカジュアルがおすすめです。もちろん、普段からスーツを着ている人はそのままでも心配いりません。

大切なのは、リラックスした状態で面談にのぞむことです。自信を持って話ができるようなリラックスできる服装の方が、充実した面談ができますし効率よく転職活動を進めます。

とはいえ、当日は転職エージェントを恐れずに会話を楽しむイメージで問題ありません。転職の不安を解決できる理想の職場への就職を目指しましょう。頑張ってください!