JACリクルートメントの面談内容と準備すべきこと|体験談(口コミ)を元に解説

jacの人材紹介会社のサービスとは

当サイトでは、人材紹介会社(転職エージェント)を利用した方の口コミを掲載しています。中でもJACリクルートメントの利用者は多く、現在28件(2018年1月)の体験談が集まっています。

実際にJACリクルートメントを利用した方の口コミを基に、面談の流れや雰囲気・アドバイス等をまとめています。また、面談時に関する疑問・質問にもお答えしています。これからJACリクルートメントに登録される方や、面談を控えている方は参考にしてみてください

JACリクルートメントは海外にも拠点をもっており、外資系求人の紹介に特化しています。また、案件ごとに担当のコンサルタント(転職エージェント)が異なっているため、求人に対しての知識と情報が豊富であることが特徴となっています。

JACで面談された方の口コミをみると、『HPに掲載されていない高品質な非公開求人が豊富だった』『現地の企業については英語での問答例がもらえた』など、好意的な意見が多く、安心して登録できる転職斡旋会社だとリアコミでは判断しています。
JACリクルートメントの公式サイトを確認する

転職エージェントの対面面談の流れ・内容|所要時間は60~90分。職歴や希望条件のヒアリングが中心

対面面談の流れ

JACリクルートメントに登録後、電話で面談日時の設定を行います。JACリクルートメントは在職中の方でも都合が合わせられるように、平日19時半まで面談を受付けています。場所は全支店・拠点で、所要時間はだいたい60~90分が目安です。

面談の主な内容は、転職活動の進め方の説明・転職活動状況の共有・転職市場の状況説明などで一連の説明を受けた後、求人紹介を受けることができます。

転職理由や職務経歴書は、あらかじめまとめておき、希望条件や意志を固めておくと、よりスムーズに話しを進めることができます。

JACリクルートメントを利用して対面面談をした方の口コミをいくつかご紹介します。

男性評価高い

個室に案内され、これまでの仕事内容や転職で望むこと、これからの流れなどを話した。→口コミの詳細 
(30代後半/男性/スーパー販売)

男性高評価自分の希望する条件などの確認と、これまでのキャリアやスキルの確認の後に求人の紹介を受けました。落ち着いた環境で話ができてやりやすかったです。

1時間ほどしっかり話を聞いてくれた後に、合っていそうな会社、入社できる可能性のある会社の求人票を示してくれた。

面談には、現職の不満と転職で実現したいことを漠然とでも良いので考えておくことが大切だと思います。また、譲っていい部分と譲れない部分は明確にしたほうがよいと思います。→口コミの詳細 
(30代前半/男性/ITシステムエンジニア)

男性好評全体としては1時間半程度の面談時間でした。会社の概要説明その他ヒアリング(なぜ転職しようと考えているのか、どの業界に転職したいのか等)と、案件の紹介という流れでした。

途中、何名がか転職エージェントが交互にやってきては、その転職エージェントが抱えている案件を提案するという形でした。

口コミの詳細 
(30代後半/男性/システムインテグレータ)

基本的には、JACリクルートメント本社・支社に行き、転職エージェントとの対面面談になります。電話面談も可能ですが、転職エージェントと直接会ってやり取りした方が、疑問もスムーズに解決しますし、エージェントもその場で求人紹介できるので対面での面談をおすすめします。


ここがポイント
  • ・面談場所はJACリクルートメント本社・支社の個室
  • ・面談時間は60分から90分程度
  • ・希望条件や優先順位を決めておく

電話面談の流れ・内容|主な内容は対面と変わらない。所要時間は20~30分

電話面談の流れ

電話面談の場合、所要時間は対面面談より短く、20~30分ほどです。時間に制限を設けられているわけではありませんが、手元に職務経歴書や今後の希望や転職で叶えたいことのメモを用意しておくと、内容を漏らすことなくシッカリと伝えることができます

JACリクルートメントで電話面談した方の口コミをご紹介します。

20代男性高評遠方であった為、スカイプでの面談でした。私の履歴書や職務経歴書を確認し、どのような職種への転職を希望しているか聞かれ、コンサルタントの方が、どのような職種を紹介したら私に合うのかを親身になって相談に乗ってくれました>。→口コミの詳細
(40代前半/男性/製造管理)

40代男性評価高い私の場合は、住まいに近いエリアで同社の支社がありませんでしたので電話面談でした。メールで面談予約をいれ、予約時間に先方から連絡が入るという流れです。→口コミの詳細
(40代前半/男性/消費財メーカー)


ここがポイント
  • ・電話面談は、対面面談と聞かれる内容は一緒
  • ・対面面談と比べ、時間が半分の30分前後くらい。事前に、経歴・転職理由・希望条件をまとめておく

JACリクルートメントの面談、3つのポイント

面談前のポイント

JACリクルートメントを利用して転職をした方々から、これから面談を受ける方へのアドバイスをまとめました。代表的なものは3つで『正直に話す』『自分の経歴をきちと理解してもらう』『書類・希望を示したメモなどを用意しておく』です

以下、体験者からのアドバイスです。

20代男性好評正直に話せばいいと思います。不安な点や疑問点は遠慮なく聞き、聞かれたことに正直に答えることが大切だと思います。→口コミの詳細
(20代前半/男性/製造業) 

20代男性評価高いアドバイスとしては、自分の経歴について、担当の転職エージェントにきちんと理解してもらうのが要だと思う。経歴を理解されていないと、自分の経歴や希望にそぐわない案件を紹介される場合があるので。もし、担当の転職エージェントが業務や業界に対する知識が浅いと感じたら、担当者を変えてもらうのも手だと思う。→口コミの詳細
(30代前半/女性/アセット・マネジメント)

20代女性評価グッド人材紹介会社に面談に行くまでに、職務経歴書・履歴書・希望などきちんと用意しておくことが大切。1回目でどれだけたくさんの求人情報をもらえるかで、今後の転職活動状況が大きく左右されると思います。スタートダッシュがいいとスッと転職できる気がします。→口コミの詳細
(30代前半/女性/製造業)

真剣な姿勢を伝えることで、転職エージェント(アドバイザー)はパートナーとして親身にサポートをしてくれます。また、虚偽なく正直に希望や経歴を話すことで、自身の求めているビジョンを正確に伝えることができ、より適性やニーズにあった求人を探してもらうことができます。

逆に自分の情報や希望を伝えきれていないと、ミスマッチな案件を提案されてしまいます。もし、的外れな案件を紹介された場合は、必ず「何が合わないのか」しっかりとポイントを伝えて軌道修正をしましょう。


ここがポイント
  • ・不安や疑問は率先して聞く
  • ・転職エージェントに包み隠さず話す
  • ・希望条件や伝えたいことを忘れないようにメモしておく

担当の転職エージェントはどんな人?

人材紹介会社のサービスとは

担当となる転職エージェントがどんな人か、気になりますよね。そこで、体験者が感じたJACリクルートメントのキャリアコンサルタントの印象を一部ご紹介します。(※体験者が感じた個人的な意見です)

男性エージェント若め<担当者名・年代> 土肥さん・30代の男性

<印象>自分と同性・同年代・家族構成も同じだったので、色々と共感していただけました。転職エージェントによってはギラギラした担当者がいますが、JACリクルートメントの担当者の方は、非常に対応の柔らかい方で通話も全く苦になりませんでした。回答も的確でした。→口コミの詳細

男性エージェント<担当者名・年代>満尾さん・男性

<印象>全くの素人。応募者への思い入れは全く感じられなかった。→口コミの詳細

男性エージェント年配<担当者名・年代>大橋さん・20代の男性

<印象>紹介してもらった案件の知識は普通にありました。担当キャリアコンサルタントが若くて爽やかな感じの方だったのでとても良い印象だった。→口コミの詳細

転職エージェントの経験や性格によって、受けるサポートの手厚さや雰囲気は異なります。相性の合うエージェントとそうでないエージェントがいますが、もし自分に合わないエージェントが担当になった場合は、早めに担当変更をしてもらいましょう。

ただ、利用者側の態度が消極的であったり受け身であったりすると、エージェントが見切りをつけてしまうこともあります。転職エージェントを利用する際には、自分自身の言動にも注意をして積極的な姿勢を示しましょう。

JACリクルートメント本社の面談ブース

JACリクルートメントの面談に使用されるブースです。通路側のガラスにはスモークがかかっているため、外からは見えません。全て個室となっているため、プライバシーにも配慮されたつくりとなっています。

JACリクルートメント面談ブース通路
(面談ブース入口・通路)
面談ブース
(面談ブース)

面談する前によく聞かれる質問と回答

面談前の質問

JACリクルートメントの面談前によく寄せられる質問と回答をまとめました。

サポート期間は決まっている?

JACリクルート目とのサポート期限は3ヵ月です。期限切れ後は、再登録をすることで改めて利用することができます。

土日も面談できる?

JACリクルートメントは、在職中の方向けのサポートに力を入れているため、場合によっては土日祝日でも面談を行ってもらうことができます。なかなかまとまった時間が取れない方は、面談の日程調整を相談してみるとよいでしょう。

東京と大阪 地域によって面談の流れは違う?

全国に8ヵ所拠点がありますが、地域で面談の流れが違うことはありません。

面談に名刺はあった方がいい?

なくてもよいです。連絡先などの内容は登録したものが、担当者に伝えられています。

服装、準備、必要なものは?

服装は私服やスーツ・職場に通っている服装でも構いません。スーツの方がしっかりサポートをしてもらえるということもないので、面談当日に行きやすい格好で大丈夫です。しかし、常識の範囲内で清潔感のある服装で赴きましょう。
転職エージェントの面談で服装は私服?スーツ?7人の現役エージェントに回答してもらいました

準備では、質問・不安なこと・希望する条件をまとめておきましょう。あらかじめ内容をまとめておくことで、スムーズで綿密な面談を行うことができます。

持ち物は、面談で聞いたことをメモできるものや、職務経歴書・履歴書を持参しましょう。
転職エージェントとの面談は怖くない!準備から服装など気になる質問18個をまとめました

転職エージェントを複数社利用するメリット

転職エージェントを利用して転職活動をする場合、最も重要なのは「どこの転職エージェントを利用するか?」です。

同時に複数の会社に登録することは、転職エージェントに失礼な事だと思っている方も多いようですが、理想的な転職を叶えるためには、より多くの情報を収集し、的確な取捨選択を行うことが大切です。

実際、当サイトで転職エージェントを利用した方にアンケート調査した結果、平均2~3社の人材紹介会社に登録をしていました。

多くの転職エージェントを利用することには『求人の幅が広がる』『業界知識が得られる』『自分に合ったエージェントを見つけられる』『多くの視点からアドバイスを受ける事ができる』といった様々なメリットがあります。

もちろん、ただ闇雲に複数登録をすれば良いというわけでもありません。各人材紹介会社のサポート体制や得意分野を把握して、自分に合うタイプを見つけて利用しましょう。

始めから人材紹介会社を1社に絞って自身に制限をつけるのではなく、複数の人材紹介会社を上手く利用して情報や活動 範囲を広げることが、転職成功への道です。

下記では転職エージェントを選択する際に目安となる、タイプや特徴をまとめています。
転職エージェントは複数社利用してリスクヘッジ!理由と選び方をまとめました

まとめ

面談前は、転職エージェントや転職に対して不安を感じている方が多いそうです。しかし、経験豊富な転職エージェントに会って話をすると、転職活動に対してポジティブな気持ちになったり、より鮮明なビジョンをもつ方がほとんどです。JACリクルートメントの評判と口コミ

転職エージェント個々もよって、サポートの手厚さに違いを感じるものの、エージェントに対してマイナスな印象を受けている方は、他の人材紹介会社と比べると比較的少ないです。初めて転職活動をされる方にとって、利用しやすい人材紹介といえます。

面談を有意義で円滑なものにするためには、自分自身も書類や転職に対する気持ちの整理などもシッカリと行っておくことが大切です。必ず面談までに必要最低限の準備をしておきましょう。