メイテックネクストの面談内容と準備すべきこと|体験談(口コミ)を元に解説

メイテックネクストの人材紹介会社のサービスとは

当サイトによせられた、人材紹介会社を利用された方の体験談(口コミ)7件(2018年1月)を基に、メイテックネクストの転職エージェントとの面談内容や、担当エージェントの印象などをまとめました。面談の流れや雰囲気・疑問などにもお答えしています。転職エージェント(アドバイザー)の利用を検討されている方や、これから面談をされる方は参考にしてみてください。

メイテックネクストは、製造業の技術者の転職サポートに特化しています。口コミからはエンジニア経験のあるエージェントがサポートを行ってくれるため、仕事で大変なこと・希望条件などの話が通じやすい、という点も満足度の高い理由であることが伺えます。このことから、リアコミではメイテックネクストは安心して利用することができる人材斡旋会社であると判断しています。

メイテックネクストの公式サイトを確認する

対面面談の流れ|所要時間は約1時間。リラックスした雰囲気でシッカリとしたヒアリング

対面面談の流れ

登録はWebサイトから11項目の必須事項を入力するだけなので、3分ほどで完了できます。そのご、担当者より連絡がきて面談日程を決めます。面談の所要時間は約1時間前後です。

メイテックネクストは、土日祝日休みの多い製造系エンジニア・技術者の方向けの転職支援サービスとなっているため、土・日・祝日にも面談も行っています。また、転職アドバイザー(転職エージェント)の半数以上がメーカーの技術系分野出身なので、技術者ならではの悩みやニーズにも理解が深く、柔軟なマッチングをおこなってもらうことができます。

ヒアリング以外には、希望条件と経歴が考慮された求人紹介や、サポート・業界の動向の説明、書類添削があります。

メイテックネクストを利用して対面面談をした方の口コミをいくつかご紹介します。

女性評価高い最初に会社についての説明を受け、簡単な自己紹介と前職での仕事内容・転職理由をお話しし、私の希望する条件を伝えました。

その後、事前に提出している自己資料(職務経歴書・スキル情報)について、お話しました。最後に、転職について前向きに検討するのかの確認がありました。→口コミの詳細 
(30代後半/男性/製造業)

電話面談も可能ですが、転職エージェントと直接会ってやり取りした方が、疑問もスムーズに解決しますし、エージェントもその場で求人紹介できるので対面での面談をおすすめします。


ここがポイント
  • ・面談時間は約1時間
  • ・土曜、日曜、祝日でも対応してもらえる
  • ・落ち着いた雰囲気に合わせてくれるので緊張しなくても大丈夫

電話面談の流れ|対面面談と同じ流れ、希望条件・職歴をまとめておく

電話面談の流れ

面談は土・日・祝日でも対応してもらえますが、時間が取れないという方や、遠方や地方に住んでいて会場に行けれないという方は、電話やメールで相談することもできます。面談の内容は、対面面談と大きく異なる点はありません。

スムーズで充実した面談を行うためには、電話面談でもご自身の転職理由や希望条件を話せる状態にしておくことが大切です。

メイテックネクストで電話面談した方の口コミをご紹介します。

20代男性高評メイテックネクストに登録→電話面談→履歴書の提出という流れでした。面談自体は履歴書にそって質問され、記載内容の詳細とどのようなことがしたいか、できるかを聞かれました。→口コミの詳細
(30代前半/男性/製造業)

20代男性高評電話で、1時間半程度の面談を行いました。転職したい理由と、職務経歴書の詳細、どのような会社に転職したいかについて話をして、面談後いくつかの求人を紹介してくれました。→口コミの詳細
(30代後半/男性/電気機器の開発・製造)

Webサイトで登録をするさいに、履歴書・職務経歴書のレジュメを添付して送付しておくと、よりスムーズに話を展開させることができるでしょう。

直接会うことなく、電話越しでの対話となるため、少し距離感を感じて遠慮してしまう方もいるかもしれません。しかし、人生の分岐点である転職に携わる話なわけですから、気になった事や疑問に感じたことは、都度シッカリ質疑応答を繰り返して不安点などは、払拭させておきましょう


ここがポイント
  • ・電話面談は、対面面談と聞かれる内容は一緒
  • ・事前に、経歴・転職理由・希望条件をまとめおき、伝え忘れ防止に

面談前に準備しておきたいポイント|転職エージェントには遠慮せず何でも話してみること

面談前のポイント

メイテックネクストを利用した方からの面談アドバイスをまとめました。主なアドバイスは『気になったことは、なんでも相談』『隠し事はしない』『条件の希望は遠慮せずに話す』とのことでした。

初めての転職活動や初めて転職エージェントを利用される方は、多くの疑問や悩みを抱えているはずです。出会ってすぐの転職エージェントに心を開くのは容易いことではありませんが、今後の将来も関わってくる話なので、不安に思っていることや疑問は遠慮なくぶつけましょう。後悔のない転職を行うためにも、大切なポイントとなります。

転職エージェントはより良い転職を叶えるためのパートナーです。そのため、隠し事や遠慮は不要です。認識に食い違いが生じてしまうと、紹介される案件が希望に沿わないものになったり、意見に対してのレスポンスが的外れなものになってしまったりします。面談はそういった意識やスタンスの統一化も目的のひとつとなっているため、しっかりとした意志をもって臨みましょう。

以下、体験者からのアドバイスです。

30代男性好評気になったこと、不安に思っていること、なんでもいいから相談をしてみてください。思ってみたより的確な返事やアドバイスがいただけます。→口コミの詳細
(30代前半/男性/技術総合職) 

30代男性評価高い隠し事をせずに正直に、全てを打ち明けた方がいいです。→口コミの詳細
(30代前半/男性/製造業)

20代男性評価グッド転職の条件の希望は遠慮せずに話したほうがいい。自身ができるスキルを、スキルシートとしてまとめておく。→口コミの詳細
(30代後半/男性/製造業)


ここがポイント
  • ・気になったこと、不安に思っていること、なんでも相談
  • ・隠し事をせずに正直に、全てを打ち明ける
  • ・条件の希望は遠慮せずに話したほうがいい

担当の転職エージェントはどんな人?

人材紹介会社のサービスとは

担当の転職エージェントがどんな人になるのか、どういった人がいるのか、気になると思います。ここでは体験者が感じたエージェントの雰囲気をご紹介します。(※あくまで体験者個人の感想です)

男性エージェント<担当者名・年代>内藤さん・30代男性

<印象>物腰が低く、とても丁寧で、本当に求職者のためになることを教えてくださる信頼できる方。話しやすい方なので、心の奥底にあるものまで伝えてもそれに対する的確なアドバイスを頂ける信頼できる方です。。→口コミの詳細

男性エージェント<担当者名・年代>有城さん・30代男性

<印象>丁寧な対応と、メールや電話の問い合わせに対するレスポンスが非常に速いという印象でした。またアドバイザーは元エンジニアということで、エンジニアの私の気持ちをよく理解・共感してくれたことにも、満足しています。→口コミの詳細

男性エージェント<担当者名・年代>新田大介さん・20代後半の男性

<印象>冗談を交えながら真剣に相談にのってくれる頼れる存在でした。この人も転職をして「転職エージェントになって転職する際のサポートに力をいれたい」と、やりがいを話してくれるほど熱い人でした。→口コミの詳細

女性エージェント<担当者名・年代>新美優子さん・女性

<印象>人柄がとてもよく、担当していただいて100%を遥かに超えるほど大満足しています。 何も文句の言いようがない転職で、感謝しています。収入も破格のUP、世界をまたにかける業務ができ、毎日が楽しいです。担当の転職エージェントも素晴らしく、運が良かったと思っています。 →口コミの詳細

転職エージェント個々のスキルやテンションに多少のバラつきはありますが、口コミから印象の悪い人はみつからず、頼りがいのあるエージェントが多いように感じる口コミがほとんどでした。

一見頼りがいのなさそうなエージェントでも、質疑応答にしっかり対応してくれるなど、シッカリとヒアリングを行うことで転職エージェントとの相性を測ることができます。転職エージェントとの相性も、より良い転職を行ううえで大切な要素となってきますので、頼っても大丈夫なエージェントかどうかを早い段階で見極めておきましょう。


面談する前によく聞かれる質問と回答

面談前の質問

メイテックネクストの面談前によく寄せられる質問と回答をまとめました。

サポート期間は決まっている?

メイテックネクストのサポート期限は無期限(1回の面談で入職先を決める方から、2年越しで入念に検討の上、転職を決められた方まで、様々な方がいらっしゃいます)

土日も面談できる?

面談は、土曜日・日曜日・祝日でも対応可能です。

対面面談と電話面談は、自分で決められる?

なるべくなら直接会って話をした方が、細かい気持ちが伝わりやすいので対面面談の方がオススメですが、遠方の方やなかなか時間の都合が合わないという方の場合は電話面談を選択することもできます。Webから登録を行った後、面談日程の相談連絡がくるので、その際に可能な面談方法を伝えるとよいでしょう。

東京・大阪 地域が別でも支援内容や面談内容は同じ?

サポートや面談の内容に大きな差はありません。

面談に名刺はあった方がいい?

なくてもよいです。連絡先などの内容は登録したものが、担当者に伝えられています。

服装、準備、持ち物は?

服装は私服やスーツ・職場に通っている服装でも構いません。スーツの方がしっかりサポートをしてもらえるということもないので、面談当日に行きやすい格好で大丈夫です。しかし、常識の範囲内で清潔感のある服装で赴きましょう。
転職エージェントの面談で服装は私服?スーツ?7人の現役エージェントに回答してもらいました

質問したいことや優先順位をつけた希望条件をメモしておけば、当日スムーズに話を進めることができます。

持ち物は筆記用具と上記をまとめたメモです。履歴書と職務経歴書を作成して持っていくと、添削をしてもらうこともでき、より有意義な面談を行うことができます。
転職エージェントとの面談は怖くない!準備から服装など気になる質問18個をまとめました

転職エージェントを複数社利用するメリット

転職エージェントを利用して転職活動をする場合、最も重要なのは「どこの転職エージェントを利用するか?」です。

同時に複数の会社に登録することは、転職エージェントに失礼な事だと思っている方も多いようですが、理想的な転職を叶えるためには、より多くの情報を収集し、的確な取捨選択を行うことが大切です。

実際、当サイトで転職エージェントを利用した方にアンケート調査した結果、平均2~3社の人材紹介会社に登録をしていました。

多くの転職エージェントを利用することには『求人の幅が広がる』『業界知識が得られる』『自分に合ったエージェントを見つけられる』『多くの視点からアドバイスを受ける事ができる』といった様々なメリットがあります。

もちろん、ただ闇雲に複数登録をすれば良いというわけでもありません。各人材紹介会社のサポート体制や得意分野を把握して、自分に合うタイプを見つけて利用しましょう。

始めから人材紹介会社を1社に絞って自身に制限をつけるのではなく、複数の人材紹介会社を上手く利用して情報や活動 範囲を広げることが、転職成功への道です。

下記では転職エージェントを選択する際に目安となる、タイプや特徴をまとめています。
転職エージェントは複数社利用してリスクヘッジ!理由と選び方をまとめました

まとめ|面談は理想的な転職をするためにはかかせないステップです

メイテックネクストのアドバイザー(エージェント)の半数以上は、元々技術系エンジニア出身のため、求職者の気持ちや考えを理解してくれる人が多いそうです。また、サポート期間に制限が設けられていないため、相談ベースで登録・面談をすることも可能となっています。メイテックネクストの評判と口コミ

面談は転職活動のファーストステップです。初めての転職活動だと不安になる方も多いと思いますが、メイテックネクストの口コミからは「自分が世の中に必要とされているという風に考えるようになれました。」といった、前向きな気持ちになる方がほとんどでした。

転職活動のパートナーであり、プロでもあるエージェントの力を利用して、よりよいキャリアを実現しましょう。