ナース人材バンクの面談内容と準備すべきこと|体験談(口コミ)を元に解説

jacの人材紹介会社のサービスとは

当サイトによせられた、人材紹介会社を利用された方の体験談(口コミ)10件(2018年1月)を基に、ナース人材バンクの転職エージェントとの面談内容や、担当エージェントの印象などをまとめました。面談の流れや雰囲気・疑問などにもお答えしています。転職エージェント(アドバイザー)の利用を検討されている方や、これから面談をされる方は参考にしてみてください。

看護師の転職サポートに特化している人材紹介会社のなかでも、『ナース人材バンク』は特に業界トップの支援実績を積んでいます。全国に17ヵ所に拠点を置いており、地方の方のサポートにも強みをもっています

ナース人材バンクで面談をされた方によると、『新卒入社1年目で辞めて自信がなかったけど、優しさと頼りがいのあるサポートで内定獲得できた』『面接同行経験のないエージェントだったけど、人材紹介会社がもっている企業情報などの資料がシッカリしていたため安心できた』といった意見が多く、安心して利用することができる人材斡旋会社だと、リアコミでは判断しています。

ナース人材バンクの公式サイトを確認する

対面面談の流れ|所要時間は約1時間。リラックスした雰囲気でシッカリとしたヒアリング

対面面談の流れ

登録後、地域ごとの専任転職エージェントから連絡がきて、面談日時を設定します。面談開場は、ナース人材バンクの拠点や喫茶店など、求職者の希望に合わせて決めることができます

所要時間は約1時間。面談の内容は主にヒアリングとなっており、現職の条件や不満・不安などをここで伝えることができます。その後、経歴や転職で叶えたいことを求人条件と照らし合わせながら求人紹介を受けることが出来ます。

面接ではないので綿密にブラッシュアップしたような経歴書などは必要ありませんが、職務経歴書などは添削を受けることができます。また、伝え忘れや漏れを防ぐために『希望条件』『転職で叶えたいこと』を簡単にメモして持参すると、よりスムーズで有意義な面談を行うことができます。

ナース人材バンクを利用して対面面談をした方の口コミをいくつかご紹介します。

女性評価高い

仙台駅近くのナース人材バンクの事務所で面談がありました。希望する条件を元に求人をみつくろって頂き、詳しい内容を聞きながら検討しました。

面接のようなイメージで緊張しましたが、じっくりとこちらの話を聞いてくれたので最終的には落ち着いてお話ができました。→口コミの詳細 
(30代前半/女性/看護師)

女性高評価自分の希望する条件などの確認と、これまでのキャリアやスキルの確認の後に求人の紹介を受けました。落ち着いた環境で話ができてやりやすかったです。

面談場所は、私の希望で家の近くの飲食店でしていただきました。予め服装やカバンの特徴などを聞いていたので、待ち合わせ場所に行くとすぐに見つけることができ、座って1時間ほど相談に乗ってもらったり担当エージェントさんの体験談を聞かせてもらったり話をしていました。→口コミの詳細 
(20代前半/女性/看護師)

時間の都合がなかなかつかない方も多いとは思いますが、やはり疑問をスムーズに解決できたり、その場で直接求人紹介をしてもらうことができので、対面面談の方がオススメです


ここがポイント
  • ・面談場所はナース人材バンクの拠点や飲食店など求職者が選べられる
  • ・面談時間は60分程度
  • ・落ち着いた雰囲気に合わせてくれるので緊張しなくても大丈夫

電話面談の流れ|求職者の都合に合わせて、電話面談でのやり取りは最低限のみに

電話面談の流れ

看護師の転職支援に力をいれているナース人材バンクでは、拠点で行われる対面面談の他に電話面談も受け付けています。

電話面談の内容は対面面談とほとんど同じですが、余裕のある時間が少ない看護師に配慮し、最低限の内容を電話で行い、その後の求人紹介や応募意志の有無などのやり取りはメールで行われることも多いです。

ナース人材バンクで電話面談した方の口コミをご紹介します。

20代女性高評電話とメールのやり取りだったので面談はありませんでした。電話では、いつまでに転職をしたいか、希望する条件、何科が良いかの確認をしました。病院見学&面接の日に初めて顔を合わせました。→口コミの詳細
(20代前半/女性/正看護師)

20代女性評価高いこちらから電話をかけて、希望をお伝えした後に、紹介できる職場を連絡いただきました。少し検討してから、紹介していただいた職場に面接に行きたい旨をお伝えし、面接に行きたい日時の希望も聞いて頂いたと思います。面接の日が決定してからは、メールで日時や場所・持ち物・面接のコツなど、細かく教えていただきました。→口コミの詳細
(20代後半/女性/訪問看護)


ここがポイント
  • ・電話面談は、対面面談と聞かれる内容は一緒
  • ・対面面談と比べ、時間は短い。事前に、経歴・転職理由・希望条件をまとめおき、伝え忘れ防止に

面談前に準備しておきたいポイント|転職意志やビジョンを伝える気持ちと考えが大切

面談前のポイント

ナース人材バンクを利用した方からの面談のアドバイスをまとめました。主なアドバイスは『ビジョンを堅いものとし、転職エージェントにぶつける』『今後の見通しを考えた上で行動する』『面接の時点で妥協しないこと』というものでした。

自分が好条件と思っている求人と、担当エージェントが良しと思って提示してくれる求人条件が一致しているとは限りません。『こうなりたいから支援の整っている施設がいい』と、自身が求めている条件を具体的に伝えることは、自分にとって1番合った求人を見つけるために、とても大切なプロセスです。

以下、体験者からのアドバイスです。

20代女性好評目標や働きたい自分のビジョンを堅いものとし、それを担当の転職エージェントにぶつけてください。そうすることで、より自分に合った好条件の求人を見つけることが出来ます。→口コミの詳細
(20代後半/女性/医療サービス業) 

30代女性評価高い既卒で、ある程度経験のある場合「今後の見通し」を考えた上で転職活動されたほうがよいかと思います。私の場合は、「認定看護師になりたい」という目標があり、病院のある場所と教育に対する支援が手厚かったことから選びました。ただ、やみくもに探しても、いい転職はできないと思います。→口コミの詳細
(30代前半/女性/医療)

20代女性評価グッド自分の希望を叶えて、転職後に満足できるようにするためにも、面接の時点で妥協しないことをお勧めします。→口コミの詳細
(20代後半/女性/訪問看護)

100%自分の求める求人に出会うのは難しいですが、後々後悔しないためにも"妥協"だけは避けましょう。また、見栄をはったような虚偽もいけません。もし相違のある求人を提示された場合は、自身の中の優先順位を尊重してもらえるかどうかを検討してもらいましょう。


ここがポイント
  • ・ビジョンを堅いものとし、転職エージェントにぶつけること
  • ・今後の見通しを考えた上で転職活動をするべき
  • ・気になることは小さなことでも伝える

担当の転職エージェントはどんな人?

人材紹介会社のサービスとは

転職エージェントを利用するさいに転職サポートの内容と同様で、どういった人が担当者にいるのか気になりますよね。ここでは体験者が感じたエージェントの雰囲気をご紹介します。(※体験者の個人的な印象です)

男性エージェント<年代>50代くらいの男性

<印象>何事にも動じない落ち着きがあり、面接時の私の緊張を振り払ってくれるような愉快なお話をして下さいました。看護の面接や現場の知識をもっているのはもちろん、元はサラリーマンをされていた方だったので、社会人としての心得や選定側の立場に立って私の態度や雰囲気なども客観的に見た感想なども伝えていただき、とても参考になりました。→口コミの詳細

男性エージェント<年代>30代後半・男性

<印象>新卒で入社した職場での人間関係に疲れ切っていましたが、とても優しく話しかけてくださり「(私)さんが4月から笑顔でお仕事できるように、僕が全力でサポートします!」といってくださったことが本当に嬉しく、思わず泣いてしまいました。→口コミの詳細

男性エージェント<担当者名・年代>山本さん・20代前半の男性

<印象>明るい話やすい人でした。人材派遣の会社で就業をして、別な事業をしたいと考えている人だったので、色んな話ができて、派遣会社の人というよりは、一人の人間として魅力のある人でした。→口コミの詳細

転職エージェント個々のスキルやテンションに多少のバラつきはありますが、口コミから印象の悪い人はみつからず、頼りがいのあるエージェントが多いように感じる口コミがほとんどでした。

一見頼りがいのなさそうなエージェントでも、質疑応答にしっかり対応してくれるなど、シッカリとヒアリングを行うことで転職エージェントとの相性を測ることができます。転職エージェントとの相性も、より良い転職を行ううえで大切な要素となってきますので、頼っても大丈夫なエージェントかどうかを早い段階で見極めておきましょう。


面談する前によく聞かれる質問と回答

面談前の質問

ナース人材バンクの面談前によく寄せられる質問と回答をまとめました。

対面面談と電話面談は、自分で決められる?

時間がとりづらい看護師のライフスタイルに合わせたサービスとなっているため、対面・電話いずれかを自分で選ぶことが出来ます。電話面談が主な連絡ツールだとしても、企業面接の際には同行してもらうことができるので、本番にも安心して挑むことができます。

東京・大阪 地域が別でも支援内容や面談内容は同じ?

ナース人材バンクは全国に17拠点ありますが、サポートや面談の内容は異なりません。

面談に名刺はあった方がいい?

なくてもよいです。連絡先などの内容は登録したものが、担当者に伝えられています。

服装、準備、持ち物は?

服装は私服やスーツ・職場に通っている服装でも構いません。スーツの方がしっかりサポートをしてもらえるということもないので、面談当日に行きやすい格好で大丈夫です。しかし、常識の範囲内で清潔感のある服装で赴きましょう。
転職エージェントの面談で服装は私服?スーツ?7人の現役エージェントに回答してもらいました

質問したいことや優先順位をつけた希望条件をメモしておけば、当日スムーズに話を進めることができます。

持ち物は筆記用具と上記をまとめたメモです。履歴書と職務経歴書を作成して持っていくと、添削をしてもらうこともでき、より有意義な面談を行うことができます。
転職エージェントとの面談は怖くない!準備から服装など気になる質問18個をまとめました

転職エージェントを複数社利用するメリット

転職エージェントを利用して転職活動をする場合、最も重要なのは「どこの転職エージェントを利用するか?」です。

同時に複数の会社に登録することは、転職エージェントに失礼な事だと思っている方も多いようですが、理想的な転職を叶えるためには、より多くの情報を収集し、的確な取捨選択を行うことが大切です。

実際、当サイトで転職エージェントを利用した方にアンケート調査した結果、平均2~3社の人材紹介会社に登録をしていました。

多くの転職エージェントを利用することには『求人の幅が広がる』『業界知識が得られる』『自分に合ったエージェントを見つけられる』『多くの視点からアドバイスを受ける事ができる』といった様々なメリットがあります。

もちろん、ただ闇雲に複数登録をすれば良いというわけでもありません。各人材紹介会社のサポート体制や得意分野を把握して、自分に合うタイプを見つけて利用しましょう。

始めから人材紹介会社を1社に絞って自身に制限をつけるのではなく、複数の人材紹介会社を上手く利用して情報や活動 範囲を広げることが、転職成功への道です。

下記では転職エージェントを選択する際に目安となる、タイプや特徴をまとめています。
転職エージェントは複数社利用してリスクヘッジ!理由と選び方をまとめました

まとめ|どんなことでも意志はハッキリ伝えること!

ナース人材バンクは時間に余裕の少ない看護師に向けてつくられた転職サポートとなっているため、主な連絡ツールを電話やメールにしてもらうことができるといった面談対応も、利用者の満足度につながっています。ナース人材バンクの評判と口コミ

しかし、ハッキリと『転職活動を辞める』と伝えないと、その後も連絡がきて煩わしく感じる方もいたので、転職の有無の意志はシッカリ確実に伝えるべきです。時間に余裕はないけど、転職の意志や目的が固まっている方には特におススメの人材紹介会社です。