レバテックキャリアの面談内容と準備すべきこと|体験談(口コミ)を元に解説

レバテックキャリアの人材紹介会社のサービスとは

当サイトが集めている、人材紹介会社を利用された方の体験談(口コミ)6件(2018年1月)を基に、レバテックキャリアの転職エージェントとの面談内容や、担当エージェントの印象などをまとめました。面談の流れや雰囲気・疑問などにもお答えしています。転職エージェント(アドバイザー)の利用を検討されている方や、これから面談をされる方は参考にしてみてください。

レバテックキャリアは、採用企業の情報が豊富であることがウリとなっています。しかし、比較的新しい会社であるためか、転職エージェントのサポート力には少々ムラがあるように感じました。求人数は求職者のキャリアによって上下するようですが、ニーズにあてはまれば力強い味方となってくれる人材斡旋会社だと言えます。

レバテックキャリア公式サイトを確認する

対面面談の流れ|所要時間の目安は約1時間。内容の大半はキャリアプランなどのヒアリング

対面面談の流れ

Webサイトから7項目を入力するだけで、簡単に登録をすることができます。登録後、担当者より連絡がきて、面談(カウンセリング)の日程を決めます。対面面談の所要時間は1時間ほどで、内容のほとんどがスキルの棚卸やキャリアプランの検討といったキャリア相談となります。その後、条件にマッチする求人があるかどうか、提案をしてもらうことができます。

レバテックキャリアを利用して対面面談をした方の口コミをいくつかご紹介します。

男性評価高い

担当者から電話連絡があり、面談の日時を決定。当日伺います。受付を済ませ、面談用の部屋に通されます。 担当転職エージェントが来てからは、簡単に挨拶をすませ、本題に入ります。

まずは、どうして転職しようと考えているか等をヒアリングされ、その後、目指したい業界、会社の条件等を話します。そして、それに合った条件の求人案件をいくつか提案され、後日、気になる求人を応募する、といった流れです。→口コミの詳細 
(30代前半/男性/システムインテグレータ)

男性高評価自分の希望する条件などの確認と、これまでのキャリアやスキルの確認の後に求人の紹介を受けました。落ち着いた環境で話ができてやりやすかったです。

希望している領域の求職状況を説明した後、キャリア相談が30分ほど、その後求人紹介があり、トータル60分ほどの時間を頂戴致しました。

業界の知識は非常に豊富のようだった。キャリア相談を含め知識面では頼れると感じた。→口コミの詳細 
(20代後半/男性/サービス業)

キャリアカンセリングを行うことで、自分自身では図ることができなかったスキルの市場価値などを知ることもできます。自身のスキルがどういった方向にニーズがあるのかを理解することで、よりキャリアプランを描きやすくすることができます。

レバテックキャリアでは、平日の夜や土曜日、ランチタイムなどにもカウンセリングを設定することができます。不規則な時間になりがちな方や、まとまった時間がとりづらいという方でも相談ベースから利用することが可能です。


ここがポイント
  • ・土曜日やランチタイムなど、時間は柔軟に合わせてもらえる/li>
  • ・面談時間は60分程度
  • ・落ち着いた雰囲気に合わせてくれるので緊張しなくても大丈夫

電話面談の流れ|あらかじめ書類を送付しておくと迅速な対応が受けられる

電話面談の流れ

口コミの投稿者には現在電話面談を行った人がいないようです。しかし、レバテックキャリアでは多忙な方にも利用しやすいよう、電話でのサポートも受け付けています。Webで登録際に、スキルシート・ポートフォリオを送付しておくと、迅速な紹介を受けることが可能となります。

電話面談の内容は一般的に対面面談と大きく異なりません。しかし、直接会わないぶん、緊張や遠慮をしてしまう方もなかにはいるそうなので、聞き忘れなどをしてしまわないよう、疑問や知りたい事がある場合は、あらかじめメモなどにして伝え忘れがないよう、準備をしておきましょう。

面談前に準備しておきたいポイント|希望条件や自分の情報をまとめておくこと

面談前のポイント

レバテックキャリアを利用した方からの面談アドバイスをまとめました。体験者のアドバイスは『リラックスして言えるようにしておけば充分』『自分の希望は伝えきること』『条件をきちんと整理すること』など、主に自己の主張したいポイントを抑えておくことやハッキリ主張することに関する内容が多かったです。

希望条件や自分の情報をまとめておくことは転職活動の結果を左右します。その場で考えて話していると、伝え忘れや漏れが出て希望外の求人を紹介されることや、エージェントに「あまり転職する気がないのかな」と思われることもあります。また、条件に優先順位をつけると求人を探すさいの判断材料になります。気軽な気持ちで、でも準備はしっかりして面談に臨みましょう。

以下、体験者からのアドバイスです。

30代男性好評リラックスして、自分の仕事内容や希望の職場を言えるようにしておけば十分だと思う。→口コミの詳細
(30代前半/男性/IT業界) 

20代男性評価高い自分の希望を伝えきりましょう。転職エージェントは非常にフランクで話やすいです。自分の意向を伝えきることで、現職の会社を紹介してもらいました。希望を伝えきれず別の会社に転職していたら、「もう少しいい会社があったのではないか」と後悔していたかもしれません。→口コミの詳細
(20代後半/男性/IT業界)

30代男性評価グッド転職について、自分が考えている条件をきちんと整理しておくことです。また、その条件の中でも、ここだけはゆずれない、という条件を選んでおくことです。→口コミの詳細
(30代前半/男性/システムインテグレータ)

100%自分の求める求人に出会うのは難しいですが、後々後悔しないためにも"妥協"だけは避けましょう。もし相違のある求人を提示された場合は、自身の中の優先順位を尊重してもらえるかどうかを検討してもらいましょう。


ここがポイント
  • ・落ち着いてリラックスすること
  • ・自分の希望は余すことなく伝える
  • ・条件をきちんと整理して話をする

担当の転職エージェントはどんな人?

人材紹介会社のサービスとは

転職エージェントを利用するさいに転職サポートの内容と同様で、どういった人が担当者にいるのか気になりますよね。ここでは体験者が感じたエージェントの雰囲気をご紹介します。(※体験者の個人的な印象です)

女性エージェント<担当者名・年代>高橋亜矢さん・20代女性

<印象>清潔感はありましたが、業界の知識が乏しく基本的に求人案件のデータを見せるだけで、特にパイプも独自の情報ルートも無く、頼りにならなかったです。→口コミの詳細

男性エージェント<担当者名・年代>佐藤様・30代前半~中盤の男性

<印象>かなり技術に詳しい印象があります。機械学習の話をした際にも話が通じ、好印象がありました。→口コミの詳細

女性エージェント<担当者名・年代>Aさん・30代前半女性

<印象>気軽に相談できて、企業の情報が細かく、頼もしかった。近所のおばちゃんのように感じた。→口コミの詳細

その他の口コミを見てみても、レバテックキャリアの転職エージェントのスキルやテンションにはムラがあるようでした。比較的新しく始められたサービスのためかもしれませんが、元々転職サポートの会社としては強みをもっている人材紹介会社なので、もし、「魅力的な求人案件はあるが担当エージェントがイマイチ...」と感じた場合は、遠慮せず担当者の変更を申し入れましょう。


面談する前によく聞かれる質問と回答

面談前の質問

レバテックキャリアの面談前によく寄せられる質問と回答をまとめました。

対面面談と電話面談は、自分で決められる?

時間がとりづらいエンジニアに合わせたサービスとなっているため、対面・電話いずれかを自分で選択してカウンセリングを行うことができます。

土日も面談してもらえる?

レバテックキャリアでは、土曜日の面談も対応しています

東京・大阪 地域が別でも支援内容や面談内容は同じ?

面談会場は東京本社と大阪支社になりますが、サポートや面談の内容は異なりません。

面談に名刺はあった方がいい?

なくてもよいです。連絡先などの内容は登録したものが、担当者に伝えられています。

服装、準備、持ち物は?

服装は私服やスーツ・職場に通っている服装でも構いません。スーツの方がしっかりサポートをしてもらえるということもないので、面談当日に行きやすい格好で大丈夫です。しかし、常識の範囲内で清潔感のある服装で赴きましょう。
転職エージェントの面談で服装は私服?スーツ?7人の現役エージェントに回答してもらいました

質問したいことや優先順位をつけた希望条件をメモしておけば、当日スムーズに話を進めることができます。

持ち物は筆記用具と上記をまとめたメモです。履歴書と職務経歴書を作成して持っていくと、添削をしてもらうこともでき、より有意義な面談を行うことができます。
転職エージェントとの面談は怖くない!準備から服装など気になる質問18個をまとめました

転職エージェントを複数社利用するメリット

転職エージェントを利用して転職活動をする場合、最も重要なのは「どこの転職エージェントを利用するか?」です。

同時に複数の会社に登録することは、転職エージェントに失礼な事だと思っている方も多いようですが、理想的な転職を叶えるためには、より多くの情報を収集し、的確な取捨選択を行うことが大切です。

実際、当サイトで転職エージェントを利用した方にアンケート調査した結果、平均2~3社の人材紹介会社に登録をしていました。

多くの転職エージェントを利用することには『求人の幅が広がる』『業界知識が得られる』『自分に合ったエージェントを見つけられる』『多くの視点からアドバイスを受ける事ができる』といった様々なメリットがあります。

もちろん、ただ闇雲に複数登録をすれば良いというわけでもありません。各人材紹介会社のサポート体制や得意分野を把握して、自分に合うタイプを見つけて利用しましょう。

始めから人材紹介会社を1社に絞って自身に制限をつけるのではなく、複数の人材紹介会社を上手く利用して情報や活動 範囲を広げることが、転職成功への道です。

下記では転職エージェントを選択する際に目安となる、タイプや特徴をまとめています。
転職エージェントは複数社利用してリスクヘッジ!理由と選び方をまとめました

まとめ|面談は転職活動において、大切なファーストステップ

面談前に、履歴書などの書類を提出しておくとスムーズに求人紹介などを受けることができますが、レバテックキャリアでは書類作成が苦手な人のために、『一緒に書類作成』をしてくれます。また、企業ごと・求職者ごとにカスタマイズしながら書類作成&面接指導を行ってくれるため、とても心強いパートナーとなります。レバテックキャリアの評判と口コミ

レバテックキャリアには元々エンジニア出身の転職エージェント(キャリアアドバイザー)も多いため、転職理由や業界での悩みも共感してもらうことができ、そのうえでのアドバイスが受けられます。

多くの方が、始めは面談の過程が面倒だと思っていたそうですが、面談後は『面談によって自分の市場価値を知ることができた』『これからの方向性が見つかった』と、"受けて良かった"と、回答をしています。まずは相談ベースで面談だけでも受けてみてはいかがでしょうか。