転職は情報戦!求人ひとつ1つの情報を細密に把握しているtype転職エージェントに取材してきました

typeの受付けtype転職エージェントは、特にITエンジニアやコンサルティングの求人に強みをもった人材紹介会社です。

求人内容や企業情報の把握につとめており、希望に沿った求人紹介や企業が求めている能力についての情報提供が受けられることから、利用者から高い評価を得ています。

今回は、キャリアアドバイザー局長の大西さん、現役転職エージェントの星野さん、人材紹介事業部部長の藤本さんの3名にお話を伺いました。

コンサルタント(転職エージェント)の特徴やサポート力向上につながる取り組みといったtype転職エージェントに関するお話や、最近の求人案件の内容や求められる人材などについて教えてくださいました。


⇒ type転職エージェントの評判と口コミはこちら

【type転職エージェントの特徴】1つあたりの企業情報を細密に把握している

type転職エージェントに相談する

type転職エージェントが他の転職エージェント会社との差別化を試みていることはありますか?

【星野】求人ごとの企業情報を細密にすることに力をいれています。人材紹介と転職サイトのそれぞれに営業担当がおりますので、企業の情報は2つの部署から集まってきます。【星野】求人ごとの企業情報を細密にすることに力をいれています。人材紹介と転職サイトのそれぞれに営業担当がおりますので、企業の情報は2つの部署から集まってきます。

企業への営業と、転職希望者へのコンサルタント業務は、同じエージェントが担当しているのですか?それとも別々で担当されているのですか?

【藤本】企業への営業と転職希望者へのコンサルタントは、分業という形で行っています。一人で両方を担当すると、求人や企業情報への理解力は深まりますが、一人で理解できる案件数が限られてしまいます。また、一人で案件を抱えてしまうと、転職希望者の方へ提案できる求人情報の量や幅が下がってしまうので分業としています。

【星野】また、転職エージェントが採用企業側のクライアントと馴れ合ってしまうと、求職者に対しての客観的なアドバイスに支障をきたす可能性があります。そのため、分業の方がいいと思っています。

なるほど、確かにそうですね。求人情報や企業の情報はどうやって共有していますか?

【星野】情報の共有方法は、社内システムに情報を入れており、登録している転職エージェントのみ閲覧できるようにしています。旬な案件は、少し時間が経つと倍率が上がってしまうため、できるだけ早く共有するようにしています。

毎朝営業とアドバイザー(コンサルタント)が共有する時間を作り、求人情報だけではなく、どういった企業なのか企業の規模や社風にいたるまでを共有しています。これは転職希望者の方に、正確な企業情報を伝達できるようにするためです。

転職エージェントとしての経歴や面談経験数といった経験値の差は、どのようにフォローされあっていますか?また、それはどういった方法で用いられていますか?

【星野】情報の共有を心掛けています。2週間に1回共有するメールをスタッフ全員で確認できるようにしています。

方法はメーリングリストのようなものなのですか?

【星野】アドバイザー共有のメールで保存されており、いつでも閲覧することができます。また、情報共有のできるサイトがあります。経験の差というものはありますが、新しいエージェントは特に長所を取り入れて、さまざまな意見を共有するようにしています。

ここがポイント
  • ・求人や企業情報を密に把握することに力を入れている
  • ・転職エージェント同士の情報共有につとめている
  • ・求人内容だけでなく企業の規模や社風にいたるまでを共有している

【求人の特徴】職種はWeb系アプリ開発が多い。コミュニケーション能力も重要視傾向

type求人

type転職エージェントが扱っている求人の特徴を教えてください。

【藤本】首都圏に特化した求人をそろえています

職種としては、エンジニア系の案件を多く使っている転職サイト"@type"というサイトを運営していることもあり、エンジニア系の求人案件が多いです。それに付随する営業にかかわる求人も多く扱っています。15年ほど@typeをやってきた実績から、弊社のみで扱わせていただいている非公開求人も豊富です。

具体的には、どんな仕事内容が多いですか?また、どういった人が採用に有利になりますか?

【藤本】Web系のアプリ開発が多いですね。増員による求人件数が伸びています

Web系のアプリ開発では、LAMP環境での開発経験者が比較的有利です。しかし、そういった人材を求められている企業が多く、"必ずそのスキルをもっている人"という条件では紹介が難しいため、条件は少しゆるくなってきています。

企業側は求人の掲載を、転職サイトと人材紹介会社の2つから選べますが、どちらでお願いされることが多いですか?

【藤本】採用人数によって異なりますが、少人数の募集でしたら人材紹介会社に頼む企業は増加傾向にあります。そのなかでも特に、公に求人を出したくないという採用企業は、非公開求人として出されています。

採用企業側はどういった人材を求めている傾向がありますか?

【大西】コミュニケーション能力や問題解決能力の高い人が求められています

ここ数年で増えているのが、一次面接で通過した方が最終面接で落とされてしまうケースです。落ちた理由を採用企業側に聞いてみると、スキル不足が原因とのことでした。一次面接では通ったスキルが、なぜ最終面接で落とされたのか最初不思議だったんです。 しかし、よくよく伺ってみると、ここでいうスキルとは、専門性のある知識・経験の部分ではなく、コミュニケーション能力などのスキルだったということが分かりました。

1対1や複数の人を相手にしたときなど、臨機応変に相手に教えたり、情報を引き出したりしながらゴール(目的)へ導いていく能力、すなわち問題解決力が求められていたのです。また、問題を見つけ出す能力などもみられているとのことでした。

営業職の場合、年齢とか条件はありますか?

【星野】営業はどこの業種でも求められています。異業種を希望する場合、20代だと求人も多いです。30代になると同業種内での案件が多くなっています。業種の営業転職で、好まれるのは、無形のサービスを扱う分野です。その場合は、経験や成果などやってきたことをアピールすると採用されやすいです。

面接では商品が変わっても実力を出すことができるかどうか、再現性があるかどうかをアピールできるといいわけですね。

【星野】そうなります。ただ、実積を出している方でも、相手にうまく伝えられない方が多いです。売れた!ということを言える人は多いのですが(笑)

実際に詳しく話を聞き、独自に工夫していたことを企業に伝えたことで採用にいたったこともあります

1つの組織にいると自分のしてきたことが、どこまで外に通用するのかが分からなくなってしまいます。誇れるものかどうかが分からないようです。そういったものを一緒に探し見つけることが、転職エージェントの役割だと思っています。

ここがポイント
  • ・首都圏に特化した求人をそろえています
  • ・Web系のアプリ開発の求人が多く増員による求人件数が伸びている
  • ・コミュニケーション能力や問題解決能力といったスキルが求められている

【求職者の特徴】転職理由は『現状への不安』が多い

転職希望者の転職の動機はどのようなものが多いですか?

【星野】リーマンショックの頃は、会社の倒産で就職せざるおえない環境になり、転職エージェント会社に登録して来る人も多かったです。2010年になると、こうした理由から現状の会社の経営に不安を感じて転職を希望される人が増えています。

応募される方の年齢はどのくらいですか?

【星野】現在の求人内容が影響しておりますが、20代後半から30代前半(35くらい)までの方が多いです。

ここがポイント
  • ・会社の現状への不安から転職を希望する人が増えている
  • ・転職希望者は20代後半から30代前半までが多い

【登録後・面談】面談時間は90~120分、面談前の電話でのヒアリングも大切にしている

typeのキャリアアドバイザー

面談のとき、エージェントが心掛けていることは何かありますか?

【星野】転職希望者の方の話を聞くことを心掛けています

他の人材紹介会社でどんな話をしてきたかを聞くと、一方的に指導されて終わってしまった、という不満を聞くことが度々ありました。自分たちはそうならないようにどういった状況でどんなことを考えているのかをまずはお聞きして、価値観を共有してどうすればいいのか戦略をたてていきます

しっかりと聞くところから始められているのですね。面談時間はどのくらいですか?

【星野】大体90分から120分です。

登録をして面談をするまでの間に求職者にしておいてほしいことはありますか?

【星野】『どうして転職しようと思ったのか』また、『転職エージェントに聞いてみたいこと』を考えて、目的をもって面談にきていただけると、良い面談ができると思います。

我々も、事前にできるだけしっかりと電話でヒアリングを行い、面談の時にすぐ求人や企業情報を出せるように準備することを心がけていきたいです。折角時間をとって来てもらっているので「来てよかった」と思って帰っていただきたいと思っています。

ここがポイント
  • ・価値観を共有し戦略をたてるためにもヒアリングに力をいれている
  • ・面談時間は約90分~120分
  • ・電話でのヒアリングをしっかり行い、目的をもって面談に臨むことで効率的でより良い面談ができる



type転職エージェントを取材して感じたこと


IT業界に強いtype転職エージェントの方々に質問をさせていただきました。

専門知識や言語能力だけでなくコミュニケーション能力が採否にまで影響するとは、正直驚きでした。近年ではグローバル化や複数の業界が一緒になって事業に取り組むことが増えてきていることから、柔軟に対応できる人材が求めているのかもしれませんね。

type転職エージェントは求人数が多いだけでなく、1つの求人に対する知識や企業情報を共有・把握することに努めており、人材紹介会社としてできることを業界全体の目線で考えていらっしゃるように感じました。

type転職エージェント大西さんからのメッセージ

type転職エージェントの山浦さんにインタビュー転職を希望されている方に一番強く出していきたいメッセージは、転職と転職活動は明確に違うということです。転職活動は自分が行きたい会社にいくための活動です。 私たちは転職活動によって、より大きく発揮できる価値をサポートしたいと思っています。

自分がもっている知識と経験(キャリア)は、会社に属しているときは会社のものです。そして、会社も社会全体の中の一つのものなので、大きくみると社会のものと考えることができます。つまり、自分のキャリアは社会全体のものであり、その社会に対してできること、発揮できる価値を、大きくすることが私たちの目指す転職活動だと思っています。

転職希望者の方が、さまざまな会社がある中で、より価値を発揮できるところを見つけてサポートをしていきたいと思っています。そして、来ていただいた方には、転職活動の中で進化していただきたいです。それが人材紹介会社としての役割だと思っています。業界としても大事なことだと思います。


type転職エージェントの事業所の様子

type転職エージェントの所在ビル
(東京の本社ビル)
type転職エージェントの入り口
(入り口)

東京メトロ丸ノ内線・銀座線「赤坂見附駅」より徒歩1分の赤坂ロングビーチビル9階にtype転職エージェントの本社があります。

今回取材に伺ったtype転職エージェントの所在地

住所 〒107-0052 東京都港区赤坂3-21-20 赤坂ロングビーチビル 9F

エレベーター前
(実際に使われる面談ブース)
type転職エージェントの廊下
(明るい廊下)

シンプルで圧迫感のない空間です