アパレル転職は語学と才能がカギ!本部と販売店で異なるキャリアに注意

スタッフブリッジの転職エージェント関さんと面談

最近、活気をみせているアパレル業界。大きなアウトレットモールができ出店ラッシュです。人材・転職に関してはどうでしょうか?

最新のアパレル業界の転職事情を聞くため、アパレル専門で転職サポートをしているスタッフブリッジ本社に行ってきました!転職エージェントの松枝さんにアパレル業界の人材について聞いてみました。

アパレル業界は店舗拡大に伴い人材が不足しているとのこと。転職を考えている方にはチャンスですね。ただ、転職に必要な条件として才能や語学をあげていました。本部と販売店の間にはキャリアの隔たりがあり、キャリアアップをしていくには、それなりの計画が必要になってきそうです。業界の裏話を聞かせてもらいました(笑)

(2013年7月の取材内容となります)

アパレル業界の転職の動きと求められる人材像は?

-アパレル業界は出店ラッシュ-

まだまだ出店が続いています。パルコの横に百貨店を作るような施設の横に施設を作る事もあります。若年層と富裕層を一緒に集客したりですね。

アパレル業界、不動産業界もそうですが、新しい施設の立ち上げにはかなり力を入れますので、足りていない状況が多いと思います。

-アパレル業界は人材不足!|問われる才能-

アパレル業界ではファーストファッション、例えばユニクロさんなどがあり人手は足りていません。ただ誰でもいいわけではないですね。

アパレル本社や、物づくり関連は、中国や海外でやっていますので、本社職では基本的に語学は問われます。本社職での語学ですとか、企画・デザインに関しましては才能職になりますので、メーカーさんに合った絵が描けるかどうかにつきます。メーカーさんは成長するために、次の経営戦略の一手として常に求めていますね。

3、4年もすると、どこかに大きな施設ができます。首都圏、東京の方でもどんどん変化していますので、変化する所には人材が必要になりますね。

- 人材は流動的|ポストを探すためのキャリアアップ転職 -

アパレル業界は、いろいろな所に異動される方が多いです。外資系が多いので、企業異動も盛んに行われていますね。私たちがお取り引きしているクライアントの担当者さんは、また違う取引先のクライアントとして一緒に仕事をしたりとかありますね。

転職が多い理由としては、現場からのキャリアアップは難しいからです。販売職で店長を5年やりました、10年やりましたで、内部で新しい企画をやらせてもらえる事はないんです。

現場は店長、その上はマネージャーで終了してしまいます。もちろんメーカーさんによっては違いますけれど。

現場でやりたいけど、上に上がれない方が多いので、そこに対してのキャリアアップとして、店長職、SV職を目指して店舗に入りたい方に登録してい頂いて、ご紹介もさせていただいています。

外から入ってきた外資系企業がかなり給料を上げてきているので、そちらに行きたい方もいますし、現場の店長クラス以上、内部の人事であったり、プレス、パタンナー、デザイナー、生産管理ですとかどうしても語学力が問われますので、スペックが高い人材が求められていますね。

- 販売職と本部のキャリアアップの壁 -

アパレル業界は現場と本部の年収が全然違うんです。普通のMD(マーチャンダイジング)で1000万、その人が作ったブランドで販売職の店長をやっていても1/3くらいです。それくらい違うんですよ。

店長からのキャリアアップはトップ争いになります。会社にいる5、6人の店長の中で次のポストにつくのは難しいですね。

能力的なところに壁があり、店長の仕事は、お店の販売員さんたちをマネージメントコントロールする事は出来ると思いますが、その先々の戦略であったり、企画・流通案などは弱いです。

仕事内容がガラッと変わってくる中で、いままで培ってきたブランドの固定概念をアパレルメーカーさんは常に変化していかなければならないので、言い方が悪いかもしれませんが、新しい風を入れたいのでしょうね。

スタッフブリッジでは、店長職でやっている方のキャリアアップとして新しく店舗開発ですとか、スーパーバイザー職の紹介するのがいちばんキャリアアップに近いのかなと思い提案しています。

- 人材は転職支援会社に任せてコストと時間を抑える流れに -

今は、出店ラッシュで、出店はしたいけど広告をかけて人を集めると、お金と時間が掛かるから弊社のような人材サポート会社に依頼して、違う所にコストと労力を掛けたい所が多いですね。

地方エリアに出店したいときに、人を採用したいけれど、そっちまで行く労力や経費が高くなってしまうとか、地方に出店する時に店長がいない、異動させられない状況が慢性的に起こっているのがアパレル業界です。

たとえばITですとか、技術職に関するところは、単価は高くなりリスクバックでないですが、業績が残せますよね。

販売職は販売員一人がどれだけ頑張ったとしても、それが目に見える形として、売上をキャッシュバックとして出ているのかと言うとそうでもありません。

そこのエリア、施設、ブランドにもよりますし、いろいろな所がからみ合ってくるので、なかなか高単価で雇うのは難しいです。

でも、販売員を希望する方は高時給で働きたい方が多いですね。反比例しています。なおかつ派遣の業界での水準単価は上がってきています。1、2年前までは時間給1200円とすごく高く思われていましたが、今は1400円が普通ですからね(笑)

そうなってくると、アパレル会社さんが、時給900円のアルバイトで募集しても集まりませんから、派遣を使わざる得なくなります。

派遣で集まらない仕事もあります。店長の仕事は、派遣で店長集めるのも難しいですね。80万~90万の広告を出しても来なかったり、来てもいっさい分からない方ばかりだったりしますね。そこで人材紹介会社に有能な店長が欲しいという依頼がきます。