既卒・第二新卒に特化した転職エージェント会社 UZUZ(ウズウズ)を取材!ブラック企業対策で93%の高い定着率を実現

ウズウズ取材

転職(就職)エージェントUZUZさんに直撃取材しました。UZUZは2012年に設立され、20代の第二新卒・既卒の求職者を中心に3つのサポートを展開されているベンチャー企業です。今回は第二新卒を対象にした個別サポートウズキャリ第二新卒(旧第二新卒ナビ)を中心に話をうかがいました。
⇒ ウズキャリ第二新卒の評判や特徴を知りたい方はこちらのページでまとめています

サポートする転職エージェントが全員既卒・第二新卒者で、利用者に共感性の高いサービスを提供し、ひとりひとりに平均20時間のサポートを明言しています。

UZUZ利用者の入社1年後の定着率は9割以上と高いマッチング率を誇り、内定率も8割と高水準です。UZUZが成果を出し続けられる取り組みを調べてきました(2017年2月の取材)。⇒ ウズキャリ第二新卒の登録はこちら


【強みと特徴】平均20時間かけたサポートと、エージェントと利用者の高い親和性が強み

ウズウズの転職エージェント三宮さん

今回の取材では、ウズキャリ第二新卒でキャリアカウンセラーや自社の人事を担当している三宮さんにお話をうかがいました。三宮さんは前職で人材総合サービス会社に務めており、人材業界の知識が深いです。

御社の強みとされていること、他社と差別化をはかっているポイントを教えてください。

20代のカウンセラーが多く、ほとんどが第二新卒・既卒出身なのでその経験が話せるところです。サポートに力を入れていて、面接対策を含め1人につき平均20時間のサポートをしています。

またカスタマーサポートにもかなり力をいれていますね。月に2,000件ぐらいの新規登録があり、カスタマーサポートチームから登録者全員に電話をします。そこで20分程度のヒアリングをしています。

登録から30秒ぐらいで電話があり、びっくりされる登録者の方も多いですね。UZUZを選んで頂ける理由も電話で親身に対応してくれたからという理由も多いです。

30秒は速いですね!
年齢が近いことでサポートを不安に感じる方はいませんか?

候補者の雰囲気をみて伝え方を変えています。僕らの特徴は20代を中心としたカウンセラーで距離感が近いところにある分、エージェントとしての価値を高めておかないと信用してもらえません。なので、就職・転職のプロの顔を見せるようにしています。

プロの顔というのは、専門知識や情報をしっかり伝えることです。僕たちは1人でカウンセラーと法人営業の両面を担当しているので、企業からの情報をダイレクトに求職者と共有することができますし、過去の候補者の方の話を伝えることもできます。あと実際の市場観を伝えるのは大事ですね。

近い距離の中でもバランスよく距離を取ってるんですね。
登録してから転職成功までの流れはどうなっていますか?

第二新卒・既卒の就職活動は選考期間や内定承諾期限が短いので、登録者の方に合っている会社から内定を獲得するために数を絞り込んでしっかりと準備してもらいます。

優先順位の高い企業から選考を受けていき、1社1社の企業研究や面接対策をしっかり行い、サポートします。

2社内定がとれたらベストですね。

登録してからの活動期間は最短、最長ではどのくらいの人がいましたか?

早い方で1週間の方もいましたね。ベンチャー企業で社長と意気投合し、即入社をすることを決められました。

長い方では6ヶ月掛かった方もいます。その方も受けた求人の中で一番納得する会社への入社でしたので、就職活動は縁とタイミングも大事だと思います。

ここがポイント
  • ・カウンセラーは20代が多く、ほとんどが第二新卒・既卒経験あり(2018年7月時点)
  • ・ひとりのサポートにかける時間は平均20時間
  • ・活動期間は数週間~6か月

【求人・採用】20代の採用意欲は増加中!ベンチャーだけでなく大手企業もニーズあり

ウズウズ取材風景

非公開求人の特徴は何かありますか?

この業界が多いなどは特にはありません。既卒・第二新卒向け求人が多く、ベンチャー企業から上場企業まで幅広い求人はあります。

求人内容は職種別にみるとどのような構成割合になりますか?年代別の割合はどうでしょうか?

営業職が4割、未経験エンジニアが4割、その他(総務・経理・人事・事務など)が2割になります。

未経験エンジニアが多い理由としては、インフラエンジニアは文系の方でもコミュニケーション能力を活かして活躍することができるからです。文系=営業ではなく、その方の思考性や適正に応じて求人をお薦めしています。

1人あたりどれくらいの求人を紹介していますか?その求人はどのように選択しているのでしょうか?

求人紹介数は1人あたり3~5社です。本人の希望や適正、今後の経済市場などを説明して企業を紹介しています。多く企業を紹介するのではなく、本気でその方に合っていると思う求人のみを紹介し、なぜその企業を受けてほしいのかを1社ずつ丁寧に説明します。

現在の20代の就職・転職の採用状況、企業採用意欲について教えてください。

採用意欲はかなり伸びてます。第二新卒の採用に意欲があったのはもともとベンチャーが中心でしたが、いまは誰もが知っているような大手からも問い合わせが来ています。第二新卒については理解が広まってきたと感じますね。

地方でも第二新卒の採用意欲が増しています。ちなみに弊社では、中国・四国・東北など地方の人材紹介会社と提携しているので、地方の第二新卒の採用枠を紹介することができます

企業が求めている人材の特徴を教えてください。

若さと、どのくらいのポテンシャルがあるかですね。素直で吸収力が高いと思われる方は内定を獲得されています。現状への危機感があり、今後しっかりと成長したいと考えているかも大事です。

今後の成長に期待されていますので、現状のスキルより考え方やマインドを重要視しています。

ここがポイント
  • ・求人の内訳はインフラエンジニアが5割、営業が3割、そのほかが企画事務,総務,経理など
  • ・第二新卒の採用意欲はかなり伸びている
  • ・第二新卒は、ポテンシャル・現状理解・マインド面が重要

【面談】厳しいことも伝えますが受け止めて活動できる方が内定をとられています

テレアポの様子

面談ではどのようなお話をされるんですか?

その方のご経歴や就職活動の希望がメインですが、僕らがやっている人材紹介のビジネスモデルを説明することもありますね。こういう仕事をしているからこそ「ミスマッチがない紹介をしたい」と伝えています。

カウンセリングでは厳しく指摘することもあります。もちろん信頼関係がある前提ですが、こちらが登録者の方のことを本気で考えて指摘すると、本人も改めて自身のキャリアについて考えてくれます。

例えば面談の際に、僕が「○○さんをサポートしたくない。なぜなら△△も××もやりたくないと言うからです。でも□□をやって頂けるなら全力で内定を取れるようにサポートしますよ!」と伝えることもあります。

あくまで登録者の方と良いパートナー関係を築いていきたいと思っています。上から目線になっちゃいますが(笑)

登録者のためにあえて厳しくするということですね。登録してからのやりとりはどのような流れでしょうか?

気軽に連絡が取れるようにLINEで候補者とやりとりを行っています。もちろん、電話やメールも使用しますが、細かい連絡はLINEですね。

確認する頻度が高く、気軽に返すこともできるので、スピーディに対応できるところがメリットです。

仲良くなってくると面談日程の確認の返事が「OK」のスタンプだったりすることもありますよ(笑)

登録者の服装についてですが、面談の際はスーツと私服のどちらを着ていけばよいですか?

選考や説明会はスーツですが、面談は私服で来て頂いて構いませんよ。

ここがポイント
  • ・面談では厳しいことをいうこともある
  • ・アドバイスを素直に聞く人は内定をとってくる
  • ・面談は私服でよい

【サポート体制】入社3か月もしっかりサポート!9割を超える定着率を実現

入社後も3ヶ月間サポートがあるということですが、サポート内容・頻度を教えてください。

入社する前日、入社日、1週間後、3ヶ月あたりなどで連絡を取っています

入社直後は色々と戸惑いを感じることも多いので、入社後にぶつかりやすい壁をお伝えして、「○○さんだけでなく、みなさん感じていますよ」と理解してもらいます。

そこでの悩みはあまり深刻に捉えておらず、入社して1ヶ月ぐらい経ってから感じた疑問点などが大事だと思っています。企業側と候補者の目線がズレていることもあるので、何か問題があれば双方に確認します。

ウズキャリ既卒の特徴

ウズキャリ第二新卒のホームページに入社後の定着率が93%というのを見たのですが、その数値を実現できる理由はなんでしょうか?

大きな理由としては、長く働ける会社と判断した会社としか契約を結ばないからです。ブラック企業と言われる会社を紹介しないように厳しくチェックしています。

企業側への営業で会社の考え方や雰囲気などを厳しくチェックするのはもちろんですが、紹介した方が退職した企業に対しては一度その企業への紹介をストップします。

何が原因かを調べ、企業側が改善するべき点があれば改善をお願いしています。安心して紹介出来る状態になれば再度紹介をスタートします。

信頼できる企業に良い人材を紹介するという好循環も出来ており、30名程度の会社で15名がUZUZ経由で入社しているところもあります。離職者を減らすことで企業満足度も高くなり、新しいオーダーも頂けています。

厳しいチェックから質の高いサポートが始まってるんですね。内定後は交流会をされていますが、理由はどのようなものがありますか?

入社後のフォローとしても行っておりますし、若手人材の交流の機会提供の意味もあります。

「UZUZアラムナイ」というイベントを2ヶ月に1回行っており、入社前の方、入社1ヶ月目の方、既に入社して1年以上経たれている方も参加してくれています。 様々な企画も用意しており、年齢が近い方と交流し、情報交換の場にもなっております。

お酒を飲み、ピザやお寿司を食べながらフランクな雰囲気で交流出来るようにしています。

ここがポイント
  • ・ 入社3か月定期的に様子をうかがってくれる
  • ・求人は、ブラック企業がないよう厳しいチェックをしてくれる
  • ・交流会では悩みを相談でき、情報交換もできる

【書類添削・面接対策】書類通過率は約8割!面接では逆質問でアピール

ウズウズの転職エージェントに直接聞き取り

職務経歴書でよくアドバイスしていることはありますか?

職務経歴書は過程だけでなく、結果をしっかり記載するようにアドバイスすることが多いです。

例えば営業だと営業成績、日々のテレアポ数などの数字としての結果を記載するようにお伝えしています。

ただUZUZのサービスの場合、ポテンシャル重視で書類選考を通過することも多く、ほとんど修正しなくても書類通過率は8割ぐらいです。

企業との信頼関係を築けていることや企業の採用ターゲットに適した方を紹介していますので、通過率は他社に比べて高いと思います。

ほとんど修正しないで8割は高いですね。
面接対策をおこなう際に見るポイント、気を付けてみているポイントは何でしょうか?

ちろん退職理由や志望動機もしっかりと準備していきますが、実は逆質問が大事だったりもします。自身の考えなどを発言できる最後の機会になりますので、そこで印象を変えることもできます。

例えば「協調性がないと思われた」と面接で感じた場合、逆質問で「前職では協調性を大事にし、日々のコミュニケーションを心がけておりましたが、御社では社員にどのようなことを重視して日々の業務に従事してほしいと考えられておりますか?」などを聞いて、自分をアピールします。

ただ「有給消化率はどれぐらいか」などと聞いてしまうのは良くなかったりします。もちろん有給消化率は働く上では大事ですが、あくまで自己アピールになるような質問をしてもらいたいです。

本音で気になることに関しては、僕達がしっかり確認します。

ウズウズの転職エージェントに直接聞き取り

企業面接の直前に求職者にコンタクトはとりますか? どのような内容を伝えていますか?

直前は電話もしくはLINEで連絡を取るようにしています。改めて今日の面接での一番重要なポイントをお伝えします。例えば「明るく元気よく頑張ってきてくださいね!」など候補者の方の一番のポイントを絞ってお伝えします。

面接でダメな人の特徴を教えてください。

他責傾向のある方だと思います。自分自身が向き合うべき問題から目をそらしており、転職先でも同じような理由で辞める可能性があるからです。

また雰囲気だけで仕事を決めてしまっている方も問題だと思います。

大切な事はしっかりと事業を理解し、なぜそこで働きたいのかを明確にすることです。面接官は候補者の3年後、5年後を見ていますので、自身の将来もしっかりと伝えてほしいです。

面接ではネガティブなことは言わない方がいいですか?

伝えてもらっても大丈夫です。取り繕っても面接官にバレてしまいますし、何か隠していると不信感に繋がる恐れもあります。

ネガティブなことに関して、現在はどのように考えているのか、正直どうしたいかを伝えていくことが大事だと思います。

ここがポイント
  • ・企業との信頼があるため、書類通過率は約8割
  • ・面接では逆質問でアピールする
  • ・転職エージェントが面接対策をしっかりやってくれる
  • ・面接ではネガティブな部分を隠さない

【転職エージェント・年収について】年収アップは約2割

ウズウズ個別サポートの画像

転職エージェントになられてからのご経験年数を教えてください。

新卒で入社した総合人材サービス会社で人材派遣の営業、スタッフ管理を3年間行っており、UZUZに入社して3年になりますので、人材業界での経験はトータル6年以上になります。今はリクルーティングアドバイザー、キャリアアドバイザー、UZUZの採用統括や新規事業の責任者などを行っています。

転職エージェントは何名おられますか? 三宮さんがこれまでに担当された人数、転職成功された人数は大体どのくらいでしょうか?

研修型就職支援事業(ウズウズカレッジ)に携わっているものも含めると20名以上のカウンセラーがいます。僕が入社して担当した人数は300名ぐらいだと思います。そのうちの3割程度の方がUZUZ経由で転職成功されていると思います。

転職に成功した方の中で、年収アップされた方はどのくらいいますか?

場合によりけりですが、年収交渉をする機会は少ないと思います。先程述べた理由が大半ではありますが、条件よりキャリアップ等をしっかり確認するようにしています。

もちろん、企業側には他社選考の状況をお伝えし、提示年収がネックになる可能性があることも伝えます。まずは企業が採用成功できる方法を第一に考えています。

ここがポイント
  • ・年収アップするのは利用者の2割ほど
  • ・キャリアチェンジを希望する人が多い

【サポートで意識していること】求職者を理解して、一緒に20年後を考える

転職サポートをする際に意識していることがあれば教えてください

僕が意識していることは、候補者が求める働き方をしっかりと理解することです。

新卒時は好き嫌いや興味関心で仕事を選んでしまうこともありますが、目の前のことより将来どのようなキャリアを築きたいかをしっかりと摺り合わせをしています。

20年後になりたい状況をイメージしてもらい、そのために20代でやるべきことを一緒に考えていきます。そして、やるべきことができる会社を紹介しています。

20年後というとかなり先のように感じるのですが、具体的にはどのようにその人に合ったキャリアを考えていくのでしょうか?

現実ベースで将来のことを一緒に考えています。無理に将来の目標を見つける必要はないと思います。

例えば、20年後は年収がいくらぐらいほしいとか、子どもは何人欲しいとかなど現実ベースで考えます。

このような状況になるためにいかに自身の市場価値を上げるかを考えてもらいます。「営業でしっかりと数字にコミットする」「エンジニアで難関資格を取る」など行動ベースを大事にしてもらいます。

ここがポイント
  • ・会社選びに好き嫌いは関係ない
  • ・将来どうありたいか、理想を実現するためのプランを考えることが大切
  • ・エージェントは意思を尊重してくれる

【困った・苦労したこと】求職者は現状を理解することが重要

ウズウズの転職エージェントに取材

サポートをしてきた中で、対応やサポートに困った希望者の言動や対応を教えてください。

現状を理解できていない言動には困るかもしれません。もちろん、全ての要望を叶えられる企業はなく、仕事をする以上はステップアップしてその仕事に挑戦することが求められます。

特に若手人材はすぐにやりたい仕事に挑戦出来る機会は少なく、現状から逆算することが求められます

求職者が人材紹介会社を上手に活用するアドバイスを教えてください。

様々な人材紹介会社を活用してみたら良いと思います。自分の人生を決める重要な機会になるので、色々話を聞いてみて一番合う人材紹介会社を使えば良いと思います。

また、人材紹介会社は様々な情報を持っているので、人材紹介会社にたくさん質問することも大事だと思います。

ここがポイント
  • ・やりたいことをすぐできるとは限らないので、まずは現状を理解することが大切
  • ・自分に合う人材紹介会社を使ったほうがよい

ウズウズを取材して感じたこと


面談時間が平均20時間など、もともと独自性が高いサービスだと感じていましたが、取材したことでよりその考えが深まりました。内定者交流会や入社後のサポートもあることで、先行きが不安な20代の方でも安心して利用できそうです。

転職エージェントのサービス自体によくわからない方もいるため、不信感が強まってしまうかもしれませんが、ブラック企業を紹介しないという姿勢が徹底されていました。質にこだわっていますね。

どうしても20代は経験や知識が不足してしまうので、信頼できる誰かと二人三脚で活動していったほうがよいと思います。就職活動中・内定後・入社後としっかり向き合ってくれるUZUZさんのサポートは心強いでしょう。

ウズウズ三宮さんからのメッセージ

ウズウズの転職エージェント三宮さん

第二新卒・既卒の採用市場はこれからどんどん伸びていくと思います。

「どのようなキャリアを築いていきたいのか」「どのような理想の将来があり、そのために何をしないといけないのか」を考えることができていれば、どんな会社に入っても理想のキャリアを築いていけると思います。

まずは自分自身をしっかりと理解することが、前に踏み出すきっかけになります。ひとりで考えるより誰かに相談する方が絶対に良いと、僕は思います。

僕達が持っている知識などは面談で全部提供しますので、もしキャリアについて悩んでいたら気軽に相談してくださいね。

株式会社UZUZの事業所の様子┃カジュアルで落ち着いた雰囲気

株式会社ウズウズ
(コンビニが1階に入ったビルの3階・4階)
ビルエントランスにある表札
(表札)

ウズウズのオフィスは新宿にあります。ベージュ色のビルの3・4階がオフィスで、1階にあるコンビニが目印です。

受付
(受付)
オフィス内
(ウズウズオフィス内)
オフィス内
(休憩・セミナールームの壁には書籍がずらり)
看板犬
(スタッフルームには可愛いトイプードルが♪)

カジュアルなオフィスで、本棚にはビジネス書・技術書・マンガもあり、フランクな社風が感じられます。社内で飼っているトイプードルに取材中とても癒されました♪

面談ブース

ウズキャリ第二新卒面談ブース
(面談ブース)
ウズキャリ第二新卒面談ルーム
(個室)

面談ブースは簡易的で、仕切りがついています。

今回取材に伺った株式会社UZUZの所在地

住所:UZUZ本社オフィス
〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-11-20 オフィススクエアビル新宿3・4F