ワークポート(workport) の評判と口コミ│リアルな体験レポートから徹底分析!‐リアコミ

ワークポートの会社受付 ワークポートロゴ
会社の評判

総合平均3.2点/5

  • 求人満足度評価3点3.4/5点
  • 経歴書の添削評判3点3.0/5点
  • エージェントの知識とサポート口コミ3点3.2/5点
  • 転職体験談36件。口コミをみる

ここがポイント 内川編集者

転職のプロがワークポートを斬る!元転職エージェントの考察

IT業界の方はもちろん、他業種の方も、より専門性の高いサポートが受けられる!

数ある転職エージェントの中から自分にあったエージェントを選ぶためには、特徴や口コミが大きな選択基準となります。今回は、「転職成功・失敗」「紹介求人数」に軸をおいて、ワークポートのサービスをみてみましょう。

転職成功・失敗│IT業界や中堅・リーダー層の転職実績多数

ワークポートの口コミからみる転職成功率は約20%となっており、同業他社と比較をするとやや低めな結果となりました。

転職成功事例の特徴としては、「20代後半〜30代の中堅・リーダー層」の「IT業界(特にシステムエンジニア職)」の転職成功実績が多いことがあげられます。口コミの中には、実務未経験者がエンジニア職へ転職成功をした実例もありました。

現在は総合人材会社として急成長中のエージェントですが、もともとIT系専門としてはじまった会社のため、その個性が強く活きている結果となりました。

    • 合計11点/15点
    • 求人満足度4点4点
    • 書類添削度3点3点
    • サポート力4点4点
    成りたかったポジションに立て、仕事内容も想定通りで非常に満足しています。

    欲しがっている人物像やポジション、受けが良いポイント等、企業毎にレポートを頂けたのが良かったです。求人サイトにも掲載されていない募集中の隠れ企業なども豊富にあり、じっくりと厳選して選べるのは良かったと思います。

    →口コミの詳細
    6人が参考になったと回答
    • 合計6点/15点
    • 求人満足度2点2点
    • 書類添削度2点2点
    • サポート力2点2点
    紹介された案件、6社のほとんどが応募終了になってしまっている時点で、サポートとは言えない。ホームページで紹介されている案件を確認もしたが、希望職種は1件もなかった。

    他の会社や業界を見ることで、自分に何ができるのかを改めて見直すことができ、今後どのように生きていけばいいのかを考える良い機会になった。

    →口コミの詳細
    6人が参考になったと回答

求人紹介数│紹介案件の平均数は約25社と量にこだわった紹介

紹介求人数 応募数
24 9

転職成功・失敗にかかわらず、求人紹介数の平均は「約25社」と、同業他社と比較してやや多めな結果となりました。

求人紹介数が10社未満の口コミが少なく、紹介数に不満を感じるコメントがほぼなかったことから、質を大事にしつつ紹介数にも強いこだわりのある会社だと言えます。

一方で、「紹介数は多かったが、希望職種や希望勤務地と異なった紹介も多かった」「コンシェルジュからの直接紹介と、システムのスキルマッチングの紹介があった。前者に関しては希望通りの条件を提示してきたので満足なのですが、後者はほぼマッチしなかった」といったような、求人の質に対する不満をもつコメントもいくつか見られました。

希望をすべて満たす求人だけではなく、「希望のいくつかを満たす求人」や「過去の経験・スキルを活かせる求人」なども紹介しているようです。希望をすべて満たす求人だけを紹介してほしい方はしっかりと要望を伝えるようにしましょう。また、たくさんの求人を紹介してほしい方や視野を幅広く持ちたい方にはとてもマッチしたサービスです。

    • 合計14点/15点
    • 求人満足度4点4点
    • 書類添削度5点5点
    • サポート力5点5点
    IT業界の求人が多く、評判通りだと思った。転職エージェントに任せた方が楽だし、よい企業に転職できると友人が言っていた通りで、自分自身の見せ方の勉強にもなった。

    現在は転職先でwebデザイナー以外の仕事をしていますが、非常に満足です。それぞれの社員に適した仕事や部署に柔軟に異動させてくれる良い企業でした。はじめて天職と思える仕事に巡りあえました

    →口コミの詳細
    0人が参考になったと回答
    • 合計8点/15点
    • 求人満足度3点3点
    • 書類添削度3点3点
    • サポート力2点2点
    たくさん紹介してもらえましたし、興味のある案件はどんどん応募できるシステムでよかったですが、口コミを見ると評判の悪い会社も中にはありました。

    レスポンスに関しては早く、担当者が不在でも代理の方がしっかりと対応してくれました

    →口コミの詳細
    5人が参考になったと回答

まとめ|IT業界への強みを活かしつつ多角的に展開中。今後に期待

ワークポートはIT業界専門としてはじまった転職エージェントなので、IT業界への転職希望者やエンジニア職を希望する方にはとても有益なエージェントと言えます。

他業界・他職種に関しては、口コミからは転職成功実績は少ない結果となりましたが、総合人材サービス会社として急成長中であり、今後に期待できるでしょう。営業職特化型の求人メディアを始めるなど、力を入れ始めています。

また、他の大手人材紹介会社は30代〜40代前半の転職に強みをもっていることが多いですが、ワークポートは20代後半の転職実績も多く、若手層の転職にも強いと言えます。「未経験でもIT業界へ転職をしたい」「初めての転職をサポートしてほしい」という方におすすめのエージェントです。



ここがポイント リアコミ編集長

リアコミ転職アドバイザー大森より

リアコミ直伝!転職エージェント選びで失敗しないための4つのポイント


転職エージェントと呼ばれる人材紹介サービスは、現在国内でも1万社を越える数の会社が展開しています。地域や職種だけで利用する会社を選ぼうとしても、ドコの会社が自分に合っているのか?実際のサポートはどういったものか?わかりかねますよね。

そこで大きな判断材料となるのが、"転職後満足度・求人・書類添削・サポート力"の4つのポイントです。これらのポイントをフォーカスして、ワークポートの特色やサービスのクオリティをみていきましょう。

昨今、ワークポートではカバーしている業界や職種の幅を広げつつありますが、やはり元々IT・Web系に特化している人材紹介会社のため、求職者の分野によって求人数や業界知識に偏りがみられました。しかし『求人数は少なかったが、質は高かった』と、マッチングの高さを評価する声も多くみられました

  • Point1.転職の満足度|密なカンセリングから叶うマッチング力の高さに定評

    IT・Web業界の転職支援に強みをもっているワークポートですが、昨今では様々な業種や多様なキャリアの人の支援にも力をいれているため、幅広いニーズを持っている人でも利用しやすくなっています

    主に"満足している"と回答された方は"キャリアアップやスキルチェンジを叶えることができた"という方がほとんどで、優先度の高い希望条件が満たされたことで高評価へ繋がったとのことでした。異業種への転職を希望される方にとっても有益な情報源といえます。
    以下、利用者の口コミを一部ご紹介します。

    • 20代後半男性高評価求めていたキャリア像の一歩を踏み出せた感じがしており、かなり満足しています。ワークライフバランスに特に満足しています。
      口コミの詳細
      (20代後半/男性/経営コンサルタント)

      4人が参考になったと回答
    • 20代後半女性満足5点中4点ぐらいです。理由は、仕事で一日中コードに触れていられるからです。マイナス1点を入れた理由は給与があと50万程度欲しかったからなのですが、勉強期間と割り切ります。登録して2週間で内定までいただけたことが想定外でした。
      口コミの詳細
      (20代後半/女性/IT業)

      0人が参考になったと回答
  • Point2.紹介求人の数・質への満足度3.4点|業種で求人数の偏りはあるものの、質の高い求人を多数保有&提案している

    ワークポートは現在、カバーしている業界を拡大しつつあるため、マーケティング系や管理・販売などといった幅広い分野の求人情報も保有しています。しかし、扱っている業界全ての求人量が等しく豊富というわけではないため、職種によって偏りがあるとのことです。

    ワークポートを利用した方々からは『条件の良い非公開求人を多く紹介してもらえた』といった喜びの声も多くみられる一方で『賃金の詳細が記載されていない不審な求人があった』『ブラック企業といわれている企業を複数社紹介された』といったコメントもあり、紹介された求人の情報を全て鵜呑みにするのではなく、自身でも情報を精査し取捨選択を行う必要があるということが、うかがえました。
    以下、利用者の口コミです。

    • 30代後半男性ポイント初めてだったこともあるが、転職サイトでは表示されない非公開案件が多く、また名前を聞いたことのある企業も数多く取り扱っており、質、量共に満足よい噂を聞かない企業もあった(但し有名企業であることも事実、ブラック企業かどうかは不明)。
      口コミの詳細
      (40代前半/男性/情報産業)

      13人が参考になったと回答
    • 20代後半男性満足度高い最初に希望をきちんと伝えたこともあり、希望に沿った求人を多く紹介してくださいました。ブラック企業の案件はありませんでした。最初の面談でしっかり担当エージェントに伝えることが大切だと思います。
      口コミの詳細
      (20代前半/女性/IT業界SIer)

      0人が参考になったと回答
  • Point3.書類添削の満足度は3.0点|自ら添削を促すことでブラッシュアップが可能

    書類通過数 企業面接
    3 2

    書類選考のフローは面接選考よりも厳しいといわれているため、多くの人材紹介会社が書類添削に力をいれていますが、ワークポートを利用された方の大半は他人材紹介会社の利用経験があるため『他社で添削してもらった書類で問題なかった』というコメントが多くみられました。

    初めて人材紹介会社を利用した方の場合は『項目の順番や、アピールすべき部分・目立たせたい部分を分かりやすく書くよう指導してもらえた』と、ピンポイントに的確なアドバイスを受けたとのことでした。他社と比較するとワークポートを介して作成する書類は、"特色ある書類"というより、"スタンダードでシンプルな書類"の作成指導を行っている印象を受けました。
    以下、利用者のコメントです。

    • 20代女性満足度高いあらかじめ研究して自分なりに履歴書・職務履歴書を書いていったので、その場で確認してもらえた。おおむねこのような内容で問題ないとのアドバイスを頂くことができた。 →口コミの詳細
      (20代後半/女性/マーケティングリサーチ)

      0人が参考になったと回答
    • 20代後半男性ポイント内容について特にアドバイスは頂きませんでしたが、主要項目を網羅した、どこでも通用する内容のフォーマットを頂いたので、以降の転職活動を通して使っていました。 →口コミの詳細
      (20代後半/男性/サービス業)

      7人が参考になったと回答
  • Point4.転職エージェントのサポート力は3.2点/5点|迅速な対応と熱量の高いサポート力に高評価

    対応スピード 無理に転職をすすめられたか?
    満足4.1点/5点 進められなかった90.6%

    ワークポートは転職エージェントのことを"コンシェルジュ"と呼んでいることからも察せられる様に『些細なことでも丁寧に対応してもらえた』『面接先にもしっかりプッシュしてもらえた』といった、求職者の要望や不安を拭うサポートの手厚さに力をいれており、実際に利用された方からも好評なコメントが多く届きました。

    レスポンスなどの対応が迅速であることも特徴となっているため、短期での転職を望まれている方にとっても有益なエージェントといえるでしょう。また、エージェントの対応力に加えて、ワークポート独自の転職支援ツール"eコンシェル"に対する高評価もみられました

    • 30代前半女性喜び 紹介案件はWEB上で応募や進捗管理などを一元管理できるので、初回以降担当者と連絡を取る機会は減り、機械的な事務処理がなされていたので、しつこさはなく、その点ではライトでよかった
      口コミの詳細
      (30代前半/女性/専門職)

      7人が参考になったと回答
    • 20代後半女性ポイント事務所でお話する以外も、マイページやメール、お電話などで逐一書類審査通りましたよ。や、ここのエントリーどうされますか?など色々聞いてくださったので、助かりました。
      口コミの詳細
      (20代後半/女性/無職)

      1人が参考になったと回答

ワークポートの面談内容と評判|面談を行うことで今後の道や意志を明らかにすることができる

ワークポートでの対面面談の所要時間は、1時間前後が目安となっています。面談場所はワークポートの本社で実施されます。遠方にお住まいの方や、来社が難しい方の場合は電話面談となりますが、その場合は30分前後の面談となります。

転職を希望していても、不安で一歩を踏み出せずにいる人は少なくないでしょう。ワークポートで面談を受けた人も、面談前は不安や焦りを感じていたという人が多くみられました。しかし、面談後は『熱心にサポートしてくれると知り、安心感が得られた』『絶望していたが可能性が見えてきて期待が持てた』と、転職活動へのポテンシャルへ繋がる前向きなコメントをほとんどの方がされていました

ワークポートでの登録後に行われる面談の内容や、より良質な面談とするためのアドバイス等を下記ページに詳しくまとめています。

ワークポートの面談内容と準備すべきこと|体験者の声から面談の流れやポイントを解説!

  • 20代女性point電話にて事前連絡し、履歴書・職務経歴書を持参。担当者と一時間弱、個室で面談し、その内容をもとに現在ワークポートが所有している求人を見て、応募を検討した。
    口コミの詳細
    (20代後半/女性/事務職)

    5人が参考になったと回答
  • 20代後半男性ポイント最初の挨拶から軽く雑談などを交えて面談はスタートしました。自分自身の職務経歴の説明と転職を希望する理由の説明を受けて、転職エージェントからキャリアと転職市場に関するアドバイスを頂きました

    その後、転職エージェントからの承諾書の説明を受けてサインして求人票の紹介を受け、面接日程の設定をおこなって面談は終わりました。
    口コミの詳細
    (20代後半/男性/コンサルタント業界)

    14人が参考になったと回答

ワークポートの添削事例サポート|Webサイトのサンプルで概ねのカタチは自力でも作成できるが、一度は添削を申し出た方が万全

ワークポートの転職相談の中には、書類作成アドバイスももちろん含まれていますが、公式ページに記載があるよう、細かな書類添削指導は希望者へのみ提供されているサービスとのことです。概ねの作成方法は、同じく公式サイトにて履歴書・職務経歴書の書き方サンプルやポイントが記載されているため、自力でもある程度のレベルのものを作成することが可能です。

職種や職業ごとに充実したサンプルが用意されていますが、その中でもなかなか当てはまらない経歴の方や初めて応募書類等を作成される方は、面談までにあらかたでもよいので作成しておき、直接アドバイスや指導を仰ぐとより書類に自信をもつことができるでしょう。
以下、利用者のコメントとなります。

  • 30代後半男性高評価役職上、複数のプロジェクトを同時進行していたこともあり職務経歴が膨大となっていましたが『企業ごとに、アピールしたいポイントをマーキングする、もしくは新しい経歴から記述するのではなく自分が得意としていた業務を1ページ目に持っていき、アピールを集約させることが得策である』とアドバイス頂きました。実際、面接時の内容をシミュレーションする際、要点だけを伝えることが可能になり万全な準備が整えられました
    口コミの詳細
    (30代後半/男性/IT系)

    25人が参考になったと回答

ワークポートの面接対策|質問内容や面接官の雰囲気などを予めうかがい知ることができる

ワークポートで企業面接を行った人の多くは『面接対策は受けていない』と回答をしており『対策の実施がなかったのが残念』という声もみられました。しかし、模擬面接の実施はなくとも『事前に企業から出される質問内容をリストアップしてくれた』『転職理由を一緒に考えてもらった』と、何かしらのサポートを受けている人の声も同様に聞かれました

書類添削同様、自ら補足を求めることでエージェントも親身になって対応をしてくれるという印象に感じました。あまり前のめりになって支援を求めるのは難しく感じてしまうかもしれませんが、せっかく転職のプロが身近にいるのですから、もらえるアドバイスはしっかり受けておきましょう!

  • 40代前半男性喜び面接対策は同社に登録するときに想定される質問をしていただいたので、面接を受けるときの参考になりよかったです。まったく同じ質問をされる場面もありました
    口コミの詳細
    (40代前半/男性/通信業界)

    21人が参考になったと回答
ここがポイント

ワークポートで転職力を培うポイント

対面面談は本社で実施、電話面談も可能

面接対策や書類添削は自ら依頼する

質問内容などを予め教えてもらうことができる

転職後のサポートは?|エージェント側から連絡がくることは72.3%ない

来ない
72.3

人材紹介会社のなかには、転職後もフォローの連絡をいれる会社もありますが、ワークポートの場合は基本的にフォローの連絡をいれることはないとのことです。

ワークポートを利用して転職を行った場合は、自動的に活動休止となりますが、他社で転職した場合などは自ら登録の削除申請を行わないとデータは残った状態となり、その後も求人案内の連絡やその後の活動状況に関しての連絡が届きます

ワークポートの転職エージェントってどんな人?|ホスピタリティを意識した手厚いサポートが期待できる

人材紹介会社も社風によってエージェントのタイプに特色が表れたりするのですが、ワークポートの場合は、少々体育会系寄りのエージェントが多い傾向にあります。ただ穏やかなだけでなく、情熱や積極性をもったエージェントが多いと口コミから感じられました。

求職者にとって最も気になる情報は求人に関する内容だと思いますが、人材紹介会社を利用しての転職活動においては、転職エージェントとのマッチングも大切な要素となります。しっかりとコミュニケーションの取れるエージェントが担当になれば、利用者の気持ちを汲み取ったフォローや求人提案などを受けることができます。

Q.転職エージェントの印象は?

口コミからみたワークポートのエージェントは20~30代の比較的若い層のエージェントが多く、覇気のある快活な人が多いイメージを受けました。しかし、中には『親身とは思えなかった』『システマチックだった』という感想もみられ、些かなりとも担当者の当たりハズレは感じてしまう場合があるとのことです。

一見淡々としたエージェントであっても、主観よりも第三者目線で適性やアドバイスを用いてくれることがあるので、まずはしっかりとカウンセリングを行い意見を募ってみましょう。それでも関係の構築が難しい場合は、担当変更を申し出るとよいでしょう。
以下、利用者のコメントです。

  • 40代前半男性ポイントとても丁寧できめ細かい対応をしていただいた。ただ、その方ご自身が途中で退職(転職)されてしまい、その後任は対応があまり良くなかった。 →口コミの詳細
    (40代前半/男性/クリエイター)

    1人が参考になったと回答

Q.転職エージェントの知識は?

ワークポートのエージェントと面談を行った方のコメントからは『業界知識が浅かった』という声と『専門知識は十分だった』という2極化された意見が目立ちました。しかし、経験業界が完璧に重なっていなくても、求人の幅を広げて提案をしたり多角的な目線からアドバイスを受けることができます

  • 30代後半男性好評専門知識は高いと感じました。業界の求人の動向、他の業界と自身が希望している業界の年収の格差、自身のキャリアのメリットとデメリット等の情報を教えていただきました。 →口コミの詳細
    (30代後半/男性/WEBディレクター)

    25人が参考になったと回答
ここがポイント

ワークポートの特徴

・担当エージェントとのコミュニケーションを図ることも大事

・積極的なエージェントが多いが、ゴリ押しはしてこない

同業界経験者が担当になるとは限らない

ワークポートで転職してみてどうだった?|行動を起こすことで学ぶことが多数ある。という感想が多数

ワークポートに対する評価は全体的に良し悪しの2極化がハッキリしていますが、転職の成否に関わらず、"転職活動を行ったことで得られるものがあった"というようなコメントも散見されました。また、なかにはワークポートで学んだ書類作成方法で個人応募を行い、転職を遂げた方もみられました。

このことから、ワークポートは転職力を身につけるためにも、とても有用な人材紹介会社であるといえます。

  • 20代後半女性満足度高い1社のみの企業面接でしたが、約2時間の面接となりました。過去に例が無いほど長時間だったらしく、会話も弾みました。自分の力不足で採用には至りませんでしたが、長時間に及ぶ面接と、先方の慎重な選考は、ワークポート様からの紹介だったからだと、感謝しております。大変良い経験をさせて頂きました
    口コミの詳細
    (30代後半/男性/IT系)

    25人が参考になったと回答
  • 20代女性満足度高い人材紹介会社からの応募は書類選考からの落選でしたが、求人案件の傾向や業界についてうかがい知ることが出来ました。また、自身のキャリア感や希望する年収、スキルなどを包み隠さずお伝えすることになりますが、別の会社で登録をする際などに活用できますし、自身を知る上でも有用だったと感じています。
    口コミの詳細
    (20代前半/女性/無職)

    11人が参考になったと回答

ワークポートで転職活動した人からのアドバイス|カウンセリングには何か1つでも目的をもって赴くこと!

人材紹介会社は在職中の方の利用がほとんどのため、在職中の方でも気兼ねなく利用することができます。また、転職時期が決まっていなくても『業界情報収集』『自分の市場価値』を知るためにはとても有益な存在です。しかし、いくら転職を考えていても消極的であったり、条件が定まっていないと担当者のモチベーションも上がらず後回しにされてしまう可能性があります。

相談ベースで登録・面談を行うことは問題ありませんが、先述の『自分の市場価値が知りたい』など、1つでも明確な目的をもって臨まれることをオススメします。

  • 30代前半女性ポイント大手+自身が希望する業界特化型の両方を利用するのが良いかなと思いました。また転職意向が低い段階でエージェントに登録すると、エージェントとの温度感が違うため足並みが揃いにくいのかもしれません
    口コミの詳細
    (30代前半/女性/人材業界)

    5人が参考になったと回答
  • 30代男性ポイント転職サイトだけだと応募倍率の高さに気が滅入る時があります。また、誰にも転職活動の話ができないということも孤独だと思います。例え有効なアドバイスがなくても、自身のことをコンサルタントに話すだけでも気分転換になりますし、改めて自分を見つめ直す機会になるので良いと思います。
    口コミの詳細
    (30代前半/男性/広告業)

    1人が参考になったと回答
ここがポイント

ワークポートを利用する際に心がけたいこと

・転職に対してもつ不安も面談で払拭することができる

・面談では少なくても1つはハッキリとした意志を伝える

人材紹介会社の利用で、初めて知ることや再認識することがある


eコンシェルのサポートが至れり尽くせりだった!

ワークポートの転職サポートに登録して面談をした後からはワークポートのホームページ内で「eコンシェル」というサービスを利用できるようになります

転職サポートツール「eコンシェルジュ」
eコンシェルにログインすると、面接予定の日時など現在の予定が一目で分かります。


eコンシェルの凄いところは、自分の希望した条件の求人が全てみられることです。もし転職エージェントが紹介し忘れた求人があってもeコンシェルで見つけることができます。もちろんエントリーすることも可能。利用者からの支持が最も高い機能です。

eコンシェルの良い口コミ・悪い口コミ

eコンシェルを利用した方の口コミをまとめました。利用者の声からは「時間場所問わず使える」「非公開求人でも自分が応募したい求人に応募できる」「応募状況が確認できるから、選考の難易度がわかる」「選考辞退者の数も確認できるから、よくない企業か判断することもできる」と好意的な意見が多かったです。

一方「自動マッチングの精度はいまいち」という意見もありました。マッチング面では、人間の方が柔軟に対応できるので、細かいところはエージェントを利用しましょう

eコンシェルを利用した方の口コミをご紹介します。

30代男性高評価¥転職先を探すWEBの仕組みは、時間、場所問わず行えたので非常に重宝しました。→口コミの詳細 
(30代後半/男性/IT・システム系)

20代女性ここに注意たくさん紹介してもらえましたし、興味のある案件はどんどん応募できるシステムでよかったですが、口コミを見ると評判の悪い会社も中にはありました。

例えば、ホームページの印象とは違いかなり体育会系で、ほとんどの人が選考を途中で辞退していました。 →口コミの詳細 
(20代後半/女性/接客)

30代男性いまいちコンシェルジュからの直接紹介は希望通りの条件を提示してきたので満足なのですが、システムのスキルマッチングの紹介はほぼマッチしなかった。→口コミの詳細 
(30代前半/男性/システムエンジニア)


ここがポイント

まとめ┃使いこなすことが重要

マッチング面の難やエージェントとのコミュニケーションが減るおそれもありますが、eコンシェルはメリットが大きいです。エージェントとeコンシェル、どちらも積極的に利用しましょう。


ワークレポートレポ|本社と面談ブースの様子をご紹介!転職エージェントに取材も行ってきました

東京都品川区大崎にあるワークポート本社に行ってきました!

ワークポート本社のあるアートヴィレッジ大崎セントラルタワー

本社があるアートヴィレッジ大崎セントラルタワー。JR大崎駅のすぐそばにあるビルで、駅から徒歩5分ほどで到着します。大崎駅の東口を出ると大崎セントラルタワーが見えるので、分かりやすかったです。

ワークポートのエントランス
受付は9階です。高級ホテルのような上品な雰囲気で、清潔感がありました。
エントランスの電話
エントランスの奥側にある電話で、担当の方に電話をしましょう。
面談ブースのある廊下
担当の方と一緒に面談ブースに向かいます。廊下は静かで落ち着いた雰囲気。面談ブースは全て個室になっていて、安心して話ができる環境でした。
ワークポートの面談ブース
面談ブースの写真。面談ブースは整理されていて片付いています。他の部屋からの声が聞こえなかったので、防音も良さそうでした。

IT・ゲーム・金融・不動産、幅広い業界やサポート内容の充実力を入れているワークポートに取材してきました

元々IT・ゲーム・Web業界の転職支援に特化しているワークポートですが、さらに不動産・金融・建設といった業界を開拓し、幅広い業種の転職支援に力をいれています。また、eコンシェルを始めとしたサポート内容やツールを充実させることにも積極的に取り組んでいるとのことです。それぞれの分野を担当している転職エージェント3人に各々の業界の特徴やサービスの特色について伺ってきました。

ワークポート大阪

前回に伺ったときから、IT・ゲーム・Web業界にどのような変化があったのか、会社自体はどのように変わっているのかを聞いてきました!現在はホスピタリティ委員会を発足し、求職者に対するサービス向上に取り組まれているそうです。また、もともと強みとしていたIT ・Web・ゲーム業界以外にも、新たに3業界も開拓されているとのことでした。
サポートを強化したワークポートを再取材!eコンシェルサービスや証明写真機など1年前からの変化ついて

IT/ゲーム業界での転職に関する動向や特徴・面接対策に関するお話をIT業界とゲーム業界、それぞれを担当されている現役転職エージェント(コンシェルジュ)のお二人に伺ってきました。
『IT・ゲーム業界の転職事情について』ワークポートの転職エージェントに直接取材!

ワークポートでは新たに『建設・金融・不動産』の3業界が開拓されました。新たに展開されている業界の、求人傾向や人材に対するニーズ・面接対策に関するお話を伺ってきました!
ワークポートで新たに開拓を進めている金融・不動産・建設業界の求人傾向を質問!

ワークポート(workport)登録前に最低限おさえておくべき5つの項目

公開求人数 21,979件 (2018年7月現在)
非公開求人数 非公表(全体求人の約70~95%)
業種 ソフト開発・システムエンジニア/デザイナー・ディレクター/ネットワーク系/サポート・運用保守/ゲーム関連/営業/事務・管理系/その他
求人地域 全国対応(東京が多い)
拠点エリア 東京本社・五反田・大阪・福岡・横浜・名古屋・仙台・埼玉・神戸
ここがポイント

プランナー・ディレクターなどの求人が8,000件以上!

ワークポートのFACEBOOKをみると求人を募集する企業が訪問している様子が紹介されています。企業側の認知度はかなり高いですね。

ワークポートのFacebookページ
(2013年12月17日の記事より)
特に、クリエイター・エンジニア(SE/PG)・ゲーム業界に力をいれています。(参考 ⇒ ITエンジニア部門のランキングでワークポートが第4位) webの求人と聞くと、技術系の仕事内容だと思われがちですが、IT企業の営業や事務、管理職の求人もあります。エンジニアやデザイナーじゃなくても、IT企業の仕事に興味のある方はおすすめです。

東京,一都三県の求人が多く、福岡(九州)と関西の求人が伸びている

IT会社は東京中心の求人が多くワークポートも全体の8割くらいは関東圏(一都三県)の求人です。ただ福岡市と提携をして福岡の求人を多数もっていたり、関西(大阪)エリアの求人にも力をいれています。

ワークポートは福岡市長から評価されている
(ワークポート福岡市長のメッセージ)

履歴書・職務経歴書の対策セミナーを開催中

ワークポートでは、定期的に職務経歴書の書き方、面接対策のポイントを紹介するセミナーを開催しています。実際に参加してみましたが、転職エージェントが今までにサポートした経験をもとに技術者目線にたった内容でタメになりました。

技術者が転職の場合に相談したくても専門知識や用語がなかなか伝わらないことがありますが、ITに特化したワークポートでは、前職の経験者が転職エージェントとしてサポートしていて、各分野のエキスパートの転職エージェントがアサイン(担当)する体制ができていました。安心して相談することができると思います。

シェアハウス入居者に転職支援サービスを提供

ワークポートは、コンセプト型シェアハウス(起業家シェアハウスや英会話シェアハウスなど)の事業を展開している株式会社彩ファクトリーと業務提携を始めました。

彩ファクトリーは、東京・横浜・福岡・京都に17棟400室(2017年6月現在)を運営し、キャリアアップ志向の強いビジネスパーソンが数百人入居しています。ワークポートはシェアハウス入居者に転職支援サービスやキャリア相談のサービスを提供。入居者の自己実現をよりサポートする形を整えました。

成約よりも、情報提供やマッチングの満足度を重視するとのこと。

新しく、幅広く、柔軟にキャリアをサポートする姿勢にやる気の高さを感じます。

ワークポート大阪の評判と情報│選考対策の無料セミナーや1デイ選考会も開催

ワークポート大阪

ワークポート大阪の体験談(リアコミ)をみてみると「迅速な対応だった」「面接で訊かれる質問を教えてもらえるのはありがたかった」などがありました。

一方、評価の低い口コミには、「あまり望まない求人を紹介された」というものがありました。自身に合う求人があるかどうか転職エージェントとの面談時に確認してみるといいでしょう。

公開求人を見たところ、ワークポート大阪は営業や販売・サービス、バックオフィス、飲食業界を得意分野としています。全体の求人数は約2,000件で、大阪に1,000件以上が集中していました。

非公開求人を含めると約4,000件の案件があります。新規開拓にも力を入れているので、新しい求人も随時追加。

他にも面接対策や書類添削の無料セミナーを開催したり、企業の1デイ選考会もやっています。

2018年より今まで、2拠点に分かれていたワークポート大阪とワークポートTECH大阪が1拠点にまとめられ利用しやすくなりました。また、連携力が高まることでさらなるサービスの向上に期待がもてます。

ワークポート大阪の詳細はこちら
⇒ ワークポート大阪の情報と寄せられた評判を紹介│大阪でオススメの転職エージェントも

ワークポート名古屋│面談から入社後まで手厚くサポート

ワークポート名古屋

徹底したサポートを強みとしています。書類添削・面接対策はもちろん、入社前後のサポートも提供。スピード感のある対応で、面談から11日で内定をもらった方もいました。

また、エージェント全員が企業と求職者の担当を兼ねているので、企業から得た情報を直接求職者に伝えることが可能です。そのためマッチング精度の高い転職が可能になります。

求人の職種の傾向としては、ものづくり系エンジニア・システム/開発エンジニアが多いです。未経験・第二新卒の求人も一定数募集しており、フリーターの方でも利用できます。他の職種でも幅広く求人がありました。

ワークポート名古屋の詳細はこちら
⇒ワークポート名古屋の情報まとめ│徹底したサポートで最速11日で内定

ワークポート福岡│求職者目線のサポートが得意!UIターンの実績もあり

ワークポート福岡の画像

ワークポート福岡の転職エージェントは、全員転職経験があるため、求職者目線でアドバイス・サポートができます

また、面談数に制限がなく、何度も会って話し合うことが可能。転職する気がなくてもキャリア相談に利用し、転職したくなれば利用するという使い方もできますね。

求人では、九州エリアの求人を常時1000件以上保有。近年、福岡に支店・支社を構えたり、本社を移転したりする企業が増えてきているため、求人数も増加傾向です。

独自の営業力で求人エリアを拡大しています。福岡以外の九州エリアの求人情報を多数保有し、山口県の求人にも手を広げています。

UIターン転職支援も得意としていて、グループ会社が東京・横浜・大阪・名古屋と主要都市にあるので、相互に求人を紹介することもできます。過去に福岡市役所とUIターン転職セミナーをやっていた実績があり、ノウハウもあります。

面接対策では、企業担当が模擬面接してくれます。企業のほしい人材像を理解している企業担当が模擬面接をしてくれるため、より企業の人事に近い目線で模擬面接が可能です。

九州での転職を考えている方や九州から別地域への転職を考えている方は、ワークポートを利用してみてはいかがでしょうか?

ワークポート福岡の詳細はこちら
⇒ ワークポート福岡の情報まとめ│転職経験のある転職エージェントがしっかりサポート

ワークポートの登録や退会方法などよくある質問まとめ

ワークポートで、過去によく質問された内容をまとめました

在職中でも登録できますか?

在職中でも登録できます。   
現職の段階から転職活動をされる方は多くいらっしゃいます。在職中でもスムーズな転職活動が行えるように、日程調整などもエージェントがサポートをします。

転職活動中の途中退会は可能ですか?

可能です。無料でサポートしてもらった分少し言い出しづらいところもあるかもしれませんが、問題ありません。

退会をスムーズにすすめるポイントとしては担当のエージェントに退会する理由と感謝の気持ちを伝えましょう。転職エージェントの退会方法はこちらにまとめています。
⇒メール例文付・大手転職エージェントの退会方法を解説!

サポートの利用に期限などはありますか?

期限はありません。そのため、「転職を悩んでいる」「希望にあった完璧な求人を見つけたい」など、時間をかけてでも納得のいく転職を望む方にもおすすめの転職エージェントです。

どうやって利用するんですか?

下記のワークポートのホームページからお名前や経歴情報などの情報を入力して登録するとメール連絡がきます。平日であれば1営業日程度で専任のエージェントより連絡があります。

その後、届いた案内にしたがって面談の日時を設定します。 面談では転職エージェントがヒアリングするので、希望条件や経歴、転職理由を伝えましょう。"面接"ではなく"面談"ですので、相談なども気軽に行えます。
⇒ワークポートへの登録はこちら

既卒者は対応していますか?

対応しています。20代向けの案件が増え、第二新卒から既卒向けの求人まで幅が広がってきています。ワークポートでは業界未経験の方を対象とした相談室なども設けていますので、専門的な業界に就職をされたことがない方でも挑戦しやすいでしょう。

高卒者もサポートしてくれますか?

高校卒業や大検をとられた方もサポートしています。未経験OKの求人や職歴・スキルを重視してくれるところもあるので、学歴に関係なくサポートしてくれます。

新卒で就活を行っています。在学中でも登録・利用はできますか?
    

新卒・就活生向けのサービスはワークポートでは用意されていません。

     
40代や50代でも利用することはできますか?

年齢制限などは設けていないため、利用できます。
また、多くの40代・50代の方の転職成功実績が報告されています。

実際にワークポートを利用した40代の方の口コミをご紹介します。

40代男性の評価自力の転職活動では書類審査で落ちることが多かったですが、ワークポートを利用して1週間で内定獲得できました。

自力では求人を探すのも大変ですが、ワークポートでは25社以上紹介してもらえて驚きました。一つのエージェントを利用してダメだったら、別のエージェントを利用して応募できる選択肢を広げていくと良いですね。(40代後半/男性/情報通信業)
口コミの詳細


ワークポート(workport)に登録するメリットがある人・ない人

メリットがあまりない人・他社をおすすめしたい人

  • IT業界以外の職種で転職を希望されている方
  • 自分に合った業種が分からない方

ワークポートはこんな人におすすめ

  • IT業界、インターネット分野での転職を希望している方
  • クリエイター・エンジニア・ゲーム業界に興味がある方
  • 専門知識のある転職エージェントさんに転職サポートしてもらいたい方
  • 求人数の豊富な転職サイトを利用したい方
  • 非公開求人の多い転職支援サービスを受けたい方
  • 転職活動の時間がとれず、効率の良い転職サポートを受けたい方
ここがポイント

まとめ|2017年4月よりワークポートは、地域・職種のサポートに特化した体制に進化してきています

元より強みがあったエンジニアに特化した会社を設立。ソフト系エンジニア・クリエイターに強い「ワークポートTECH IT」とハード系エンジニアに強い「ワークポートTECH MONO」を立ち上げました。また、大阪・福岡にあった支社を新会社として設立し、横浜・名古屋にも拠点を構えました

2018年1月4日より新たに『仙台支社』を新設しました。宮城県の有効求人倍率は1.65倍と過去最高を更新し、今後も雇用が活発化していくことが予測されています。同年7月2日からは、埼玉と神戸にオフィスを新設し、サポート範囲を確実に拡大しつつあります。

現在仙台オフィスで扱われている求人は、宮城県エリアを中心としていて、営業系・IT系・モノづくり系の職種がメインとなっていますが、将来的には東北エリア全域のサポートを目標としています。また、仙台市は大手IT企業の誘致が盛んに行われているエリアのため、今後も求人が強化されていく期待がもてます。東北地域の転職を検討されている方にとって、身近で頼れる転職エージェントとなるでしょう。

ワークポートで利用できる「eコンシェルシステム」は、転職活動のスケジュール管理や、求人チェック、情報収集など多方面に使い勝手が良かったです。効率的に転職活動を進めることができると思います!

ワークポートの転職エージェント村上さんからメッセージ

転職エージェントの村上さん

今の自分がどうしたいのか、数年後、数十年後の自分がどうしていたいのか、ビジョンを持つことが転職を成功させる鍵になります。

最初はまだ漠然としたイメージかもしれませんが、お話していく中で、まずは一緒に具体的なビジョンを描いていきましょう。それがスタートになります。