ワークポート(workport) の評判と口コミ│リアルな体験レポートから徹底分析!‐リアコミ

ワークポートの会社受付 ワークポートロゴ
会社の評判

総合平均3.2点/5

  • 求人満足度評価3点3.4/5点
  • 経歴書の添削評判3点3.0/5点
  • エージェントの知識とサポート口コミ3点3.2/5点
  • 転職体験談17件。口コミをみる

ここがポイント

よりITエンジニア・地域に特化した転職支援が可能に

2017年4月からワークポートは、地域・職種に特化したサポートを提供しやすい体制に進化しました。

元より強みがあったエンジニアに特化した会社を設立。ソフト系エンジニア・クリエイターに強い「ワークポートTECH IT」とハード系エンジニアに強い「ワークポートTECH MONO」を立ち上げました。

また、大阪・福岡にあった支社を新会社として設立。新たに横浜・名古屋にも拠点を構えました

求人はIT中心から手を広げ、不動産・金融・建設・人材など幅広い業種を保有。

非公開求人をWebから見られるシステム「eコンシェル」があり、いつでも求人を確認することが可能です。

IT業界の方はもちろん、他業種の方も、より専門性の高いサポートが受けられるワークポートを利用してみる価値はあると思います。

⇒ワークポートに相談してみる


口コミまとめ│転職エージェントは技術に詳しく、eコンシェルが便利

転職エージェントのサポートは「業界の動向やこれから必要になる技術を知っていて、スムーズに話が進んだ」と高評価でした。

また、「メールの返信、面談から面接日程まで対応が迅速だった」という口コミも多数。「キャリア形成のアドバイスをもらった」など好意的な意見もありました。

求人満足度は、評価4以上の口コミが7割あり、質・量共に満足された方が多いです。ただ、その中には「ブラック企業」としてネット上で検索されている企業もあったという声もありました。

非公開求人がWebサイトで閲覧できるシステムのおかげで「求人がいつでも見られる」「自分で受けたい求人を探せる」と便利さを喜ぶ声がありました。

自分のペースで活動できるため、転職エージェントには情報提供を中心に利用したいという方にオススメです。


当サイトに寄せられたワークポートの体験談(リアコミ)

リアルな口コミを集めました「リアコミ」

ワークポートに登録した人の口コミです。求人の量、書類選考の通過数、転職エージェントのサポート、転職後の満足度など転職活動全体のことがわかる詳細な体験談を集めました。

評判が最も高かった/転職に成功した人の口コミ

市場価値やキャリア形成の客観的アドバイスを頂けた。転職活動は孤独なので相談相手としても良かった(20代男性・コンサルタント業界)

14人が参考になったと回答
口コミ評価
合計13/15点
  • 求人満足度5点5点
  • 書類添削度3点3点
  • サポート力5点5点

この口コミの続きをみる

最低評価の口コミ/転職に失敗した人の評判・意見

事務職では求人数が2社でした。他社は5社ほどあったので少ないと感じました。担当の転職コンシェルジュは対応の早い方で助かりました(39歳男性・事務職)

12人が参考になったと回答
口コミ評価
合計7/15点
  • 求人満足度3点3点
  • 書類添削度1点1点
  • サポート力3点3点

この口コミの続きをみる

平均値に最も近い点数の口コミ

最初の面談は対応が速くて。その後は遅くなっていきました。紹介求人も希望条件と離れるものが目立ちました

7人が参考になったと回答
口コミ評価
合計10/15点
  • 求人満足度4点4点
  • 書類添削度4点4点
  • サポート力2点2点

この口コミの続きをみる

上記の口コミは、代表的な口コミのポイントを抜粋したものです。

より詳細な内容や他の口コミをご覧になりたい方はこちらです。投稿者からのアドバイスや詳しいプロフィール、面談の雰囲気などがわかります。

⇒ ワークポートの口コミをもっとみる(参考順)


ワークポート大阪の評判┃迅速な対応が高評価

ワークポート大阪の体験談(リアコミ)をみてみると「迅速な対応だった」「面接で訊かれる質問を教えてもらえるのはありがたかった」など、転職エージェントサポートに関する記載が多く、東京本社と同じ傾向でした。

一方、評価の低い口コミには、「あまり望まない求人を紹介された」というものがありました。求人は、当たりはずれがあるかもしれません。自身に合う求人があるかどうか転職エージェントとの面談時に確認してみるといいでしょう。

ここがポイント

まとめ┃ITにしぼった方、転職初心者にオススメ!

ワークポートの求人はIT以外の業界にも広がっていますが、IT系の求人の豊富さは健在です。IT業界を希望する方、転職初心者で手厚いサポートを受けたい方におすすめです。


eコンシェルのサポートが至れり尽くせりだった!

ワークポートの転職サポートに登録して面談をした後からはワークポートのホームページ内で「eコンシェル」というサービスを利用できるようになります

転職サポートツール「eコンシェルジュ」
eコンシェルにログインすると、面接予定の日時など現在の予定が一目で分かります。


eコンシェルの凄いところは、自分の希望した条件の求人が全てみられることです。もし転職エージェントが紹介し忘れた求人があってもeコンシェルで見つけることができます。もちろんエントリーすることも可能。利用者からの支持が最も高い機能です。

eコンシェルの良い口コミ・悪い口コミ

eコンシェルを利用した方の口コミをまとめました。利用者の声からは「時間場所問わず使える」「非公開求人でも自分が応募したい求人に応募できる」「応募状況が確認できるから、選考の難易度がわかる」「選考辞退者の数も確認できるから、よくない企業か判断することもできる」と好意的な意見が多かったです。

一方「自動マッチングの精度はいまいち」という意見もありました。マッチング面では、人間の方が柔軟に対応できるので、細かいところはエージェントを利用しましょう

eコンシェルを利用した方の口コミをご紹介します。

30代男性高評価¥転職先を探すWEBの仕組みは、時間、場所問わず行えたので非常に重宝しました。→口コミの詳細 
(30代後半/男性/IT・システム系)

20代女性ここに注意たくさん紹介してもらえましたし、興味のある案件はどんどん応募できるシステムでよかったですが、口コミを見ると評判の悪い会社も中にはありました。

例えば、ホームページの印象とは違いかなり体育会系で、ほとんどの人が選考を途中で辞退していました。 →口コミの詳細 
(20代後半/女性/接客)

30代男性いまいちコンシェルジュからの直接紹介は希望通りの条件を提示してきたので満足なのですが、システムのスキルマッチングの紹介はほぼマッチしなかった。→口コミの詳細 
(30代前半/男性/システムエンジニア)


ここがポイント

まとめ┃使いこなすことが重要

マッチング面の難やエージェントとのコミュニケーションが減るおそれもありますが、eコンシェルはメリットが大きいです。エージェントとeコンシェル、どちらも積極的に利用しましょう。


ワークポートレポ|本社(大崎)と面談ブースの様子

東京都品川区大崎にあるワークポート本社に行ってきました!

ワークポート本社のあるアートヴィレッジ大崎セントラルタワー

本社があるアートヴィレッジ大崎セントラルタワー。JR大崎駅のすぐそばにあるビルで、駅から徒歩5分ほどで到着します。大崎駅の東口を出ると大崎セントラルタワーが見えるので、分かりやすかったです。

ワークポートのエントランス
受付は9階です。高級ホテルのような上品な雰囲気で、清潔感がありました。
エントランスの電話
エントランスの奥側にある電話で、担当の方に電話をしましょう。
面談ブースのある廊下
担当の方と一緒に面談ブースに向かいます。廊下は静かで落ち着いた雰囲気。面談ブースは全て個室になっていて、安心して話ができる環境でした。
ワークポートの面談ブース
面談ブースの写真。面談ブースは整理されていて片付いています。他の部屋からの声が聞こえなかったので、防音も良さそうでした。

ワークポート(workport)登録前に最低限おさえておくべき5つの項目

公開求人数 17,257件 (2016年12月現在)
非公開求人数 約17,000件(2016年12月現在)
業種 ソフト開発・システムエンジニア/デザイナー・ディレクター/ネットワーク系/サポート・運用保守/ゲーム関連/営業/事務・管理系/その他
求人地域 全国対応(東京が多い)
拠点エリア 東京本社、福岡支社、大阪拠点
ここがポイント

プランナー・ディレクターなどの求人が8,000件以上!

ワークポートのFACEBOOKをみると求人を募集する企業が訪問している様子が紹介されています。企業側の認知度はかなり高いですね。

ワークポートのFacebookページ
(2013年12月17日の記事より)
特に、クリエイター・エンジニア(SE/PG)・ゲーム業界に力をいれています。(参考 ⇒ ITエンジニア部門のランキングでワークポートが第4位) webの求人と聞くと、技術系の仕事内容だと思われがちですが、IT企業の営業や事務、管理職の求人もあります。エンジニアやデザイナーじゃなくても、IT企業の仕事に興味のある方はおすすめです。

東京,一都三県の求人が多く、福岡(九州)と関西の求人が伸びている

IT会社は東京中心の求人が多くワークポートも全体の8割くらいは関東圏(一都三県)の求人です。ただ福岡市と提携をして福岡の求人を多数もっていたり、関西(大阪)エリアの求人にも力をいれています。

ワークポートは福岡市長から評価されている
(ワークポート福岡市長のメッセージ)

履歴書・職務経歴書の対策セミナーを開催中

ワークポートでは、定期的に職務経歴書の書き方、面接対策のポイントを紹介するセミナーを開催しています。実際に参加してみましたが、転職エージェントが今までにサポートした経験をもとに技術者目線にたった内容でタメになりました。

技術者が転職の場合に相談したくても専門知識や用語がなかなか伝わらないことがありますが、ITに特化したワークポートでは、前職の経験者が転職エージェントとしてサポートしていて、各分野のエキスパートの転職エージェントがアサイン(担当)する体制ができていました。安心して相談することができると思います。

シェアハウス入居者に転職支援サービスを提供

ワークポートは、コンセプト型シェアハウス(起業家シェアハウスや英会話シェアハウスなど)の事業を展開している株式会社彩ファクトリーと業務提携を始めました。

彩ファクトリーは、東京・横浜・福岡・京都に17棟400室(2017年6月現在)を運営し、キャリアアップ志向の強いビジネスパーソンが数百人入居しています。ワークポートはシェアハウス入居者に転職支援サービスやキャリア相談のサービスを提供。入居者の自己実現をよりサポートする形を整えました。

成約よりも、情報提供やマッチングの満足度を重視するとのこと。

新しく、幅広く、柔軟にキャリアをサポートする姿勢にやる気の高さを感じます。

ワークポート福岡│九州からの転職に強い

ワークポート福岡の画像

ワークポート福岡は独自の営業力で求人エリアを拡大しています。福岡だけでなく佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県といった九州エリアの求人情報を多数保有。中国地方の山口県の転職サポートにも手を広げています。

九州エリアの求人を常時1000件以上保有しています。近年、福岡に支店・支社を構えたり、本社を移転したりする企業が増えてきています。そのため求人数も増加傾向。

転職経験のあるエージェントを揃え、転職サポートを強化!

ワークポート福岡の転職エージェントは、全員転職経験があるところも強み。求職者目線でアドバイス・サポートができます

面談数に制限がなく、何度も会って話し合うことが可能。転職する気がなくてもキャリア相談に利用し、転職したくなれば利用するという使い方もできますね。

UIターン転職支援も得意としていて、グループ会社が東京・横浜・大阪・名古屋と主要都市にあるので、相互に求人を紹介することもできます。過去に福岡市役所とUIターン転職セミナーをやっていた実績があり、ノウハウもあります。

面接対策では、企業担当が模擬面接してくれます
ワークポートは、ほしい人材を企業にヒアリングしている企業担当と、求職者のサポート担当に分かれています。企業のほしい人材像を理解している企業担当が模擬面接をしてくれるため、より企業の人事に近い目線で模擬面接が可能です。

九州での転職を考えている方は、ワークポートを利用してみてはいかがでしょうか?

ワークポート(workport)に登録するメリットがある人・ない人

メリットがあまりない人・他社をおすすめしたい人

  • IT業界以外の職種で転職を希望されている方
  • 自分に合った業種が分からない方

ワークポートはこんな人におすすめ

  • IT業界、インターネット分野での転職を希望している方
  • クリエイター・エンジニア・ゲーム業界に興味がある方
  • 専門知識のある転職エージェントさんに転職サポートしてもらいたい方
  • 求人数の豊富な転職サイトを利用したい方
  • 非公開求人の多い転職支援サービスを受けたい方
  • 転職活動の時間がとれず、効率の良い転職サポートを受けたい方
ここがポイント

まとめ

IT関連の求人数、サポート実績でワークポートは他社より抜き出ています。転職エージェントは企業情報に熟知しているので、業界のことを広く知ることができるでしょう。

ワークポートで利用できる「eコンシェルシステム」は、転職活動のスケジュール管理や、求人チェック、情報収集など多方面に使い勝手が良かったです。効率的に転職活動を進めることができると思います!

プログラマーやSE、デザイナー関連の仕事で転職を考えている方にワークポートはおすすめです。

ワークポートの転職エージェント村上さんからメッセージ

転職エージェントの村上さん

今の自分がどうしたいのか、数年後、数十年後の自分がどうしていたいのか、ビジョンを持つことが転職を成功させる鍵になります。

最初はまだ漠然としたイメージかもしれませんが、お話していく中で、まずは一緒に具体的なビジョンを描いていきましょう。それがスタートになります。