【ワークポート/編集/男性の口コミ】一般的な書類添削はあったが、企業ごとの情報や対策がなかったのが残念

0人が参考になったと回答
口コミ評価
合計1015
  • 求人満足度4点4点
  • 書類添削度3点3点
  • サポート力3点3点

求人は中小企業やベンチャーが多かった。あっさりした対応だった

求人満足度4点4
書類添削度3点3
対応度3点3

ワークポートのリアコミワークポートのリアコミスマフォ用

前職の仕事内容・転職理由・選んだ決め手

前職と勤務歴 編集職を7年
転職回数 1回目

人物 <仕事内容>:情報誌、フリーペーパーなどの編集
主に紙媒体(フリーペーパー、情報誌、ポスター、SPツール、パンフレット)などの進行管理から原稿作成、入稿、校正、納品までの管理

<転職理由>拘束時間が長いこと(夜が遅い、土曜日に休めない)

<叶えたかった事>忙しくてもきちんと休みが取れること、広告媒体よりのものよりも、コンテンツに価値があって売れるものを作りたかったこと。

ワークポートを選んだ決め手
  1. 転職サイトに登録していて、ワークポートから何度かメールをもらっていたから
  2. たまたま応募してみたい企業を扱っていたから
  3. 気軽に相談できそうだったから

面談した感想とアドバイス

面談イラスト

担当者名・年代 本田さん・20代後半の男性
印象 コンサルタントとしての経験はそこまで多くはないのかな、という感じでした。

<面談の流れ>:最初に自分で作成した履歴書と職務経歴書を渡し、確認してもらっている間にいくつか用意してもらった求人情報を見て、次に応募をする企業を決める。最後に今後の進め方(システムを利用するなど)の説明を受けました。

<面談前後の気持ち>
(面談前)
応募先に紹介してもらえるのだろうか?
(面談後)
応募することができてよかった。他に気になる案件もあってよかった。

<アドバイス>:あまり難しく考えず、気軽に雑談をする感覚で良いと思います。相手は面接官ではないので、それぐらいの心構えで十分だと思います。

紹介求人数と応募状況

沢山の求人

紹介求人数 30社程度 応募数 4社 非公開求人 不明

質、量は大手のエージェントにはかないませんが(中小企業やベンチャーの案件がほとんどでした)、もともとそれほど良いものを求めているわけでもなかったので、私にとっては概ね満足でした。

また、条件面から判断できる範囲でブラック企業と思われるようなものはありませんでした。

履歴書・面接対策

書類通過数 1社 企業面接数 1社

<履歴書・職務経歴書添削>履歴書と職務経歴書は私の作ったもので問題ないと言われました。本当にそれでよかったのか、改善点など出してもらえたら良かったのですが。

<面接対策>今改めて思い返してみると、面接対策は特にありませんでした。一般的なマニュアルのようなものはありましたが、個別の情報は特にありませんでした。ただ、こちらからも聞かなかったと思います。

転職エージェントの対応

サポートの速さ 早かった
転職を無理にすすめられたかどうか NO

<サポートの速さ>連絡したり、何かアクションを起こすとすぐにレスポンスがあったので対応は待たされる感じはありませんでした

<知識とキャリア相談>特にキャリアの相談にはなりませんでした。というかあまり話題になりませんでした(聞かれなかったです)。ただ、あまり業界の知識などはそこまで専門という感じはしませんでした。

利用した人材紹介会社の評判

紹介斡旋会社一覧

登録した数 転職紹介会社2社/求人サイト3社
良かった会社 転職紹介会社:リクルートエージェント,ワークポート
求人サイト:リクナビネクスト,マイナビ転職,エン・ジャパン
悪かった会社 転職紹介会社:なし
求人サイト:なし
登録できなかった会社 なし
また利用したい? Yes

<評判や利用前のイメージとの比較>
期待していたのは非公開の求人と、低い倍率(選考に進みやい)ということだったので、大体は想像していた通りでした。ただ、もう少し個別具体的なアドバイスが欲しいとは思いました(こちらから聞かなかったからかもしれませんが)。

<良かった会社>
リクルートエージェント:非公開求人で、おそらく独自と思われるものもそれなりにあったからです。また、対応も早かったです。
ワークポート:システムが使いやすく、応募からスケジュール管理までできるので、面倒な電話やメールをすることがなく済みました。またある程度希望の条件にあったものが自動的にピックアップされてきたのも探す手間が省けました

<求人サイトを利用した感想>
自己応募サイト自分が応募したい企業があるかどうかがすべてだと思います。機能面は正直どこも似たり寄ったりだとは思いました。ただ、どの求人サイトでも非常に倍率が高いと感じました。1人の募集に対して100人の応募などは普通だと聞きました。

<ハローワークを利用しなかった理由>
ハローワークに掲載する企業はあまり良い条件のものがないというイメージがあったからです。

転職活動を振り返る

転職活動

履歴書で注意するポイント 修正点:なし
内容:履歴書はIllustratorで作成しました。詳しいことは職務経歴書の方を読んでいただきたかったので、汎用性があってどこに出しても良いようにシンプルなものにしました。(履歴書には所属していた部署と大まかな職種ぐらいで、詳しくは書いていませんでした。)
職務経歴書で注意するポイント 修正点:なし
内容:自分が携わった仕事をしたことで、どのような結果が出て、自分がどう変わったかも具体的に記載するよう心がけました。
面接で受けた質問と回答内容 修正点:特に気を付けるべきことや事前の情報などはいただけませんでした
内容:自分が応募先の会社で何をしたいかという点を明確に答えられるように考え、聞かれたら具体的な企画を出せるような準備をしておきました。

<苦労した点>多くのサイトや転職エージェントを利用するとたくさんの応募ができ、チャンスも広がると思いますが、スケジュール調整や連絡の手間が煩雑になり、時間の確保や整理などが難しくなってきてしまいました。特に在職中の転職活動ではあまり手を広げすぎるのが厳しいと思います。

<解決方法>本当に自分が行きたいと思える応募先かどうかをよく検討して応募することにしました。

転職満足度

転職の合否

転職有無 他社経由のサービスで成功(リクナビネクスト)
年収の増減 470万円から520万円に

<転職活動前後の気持ち>時間に余裕ができたのが大きいです。自分の時間を持てるようになりました

<現在の仕事の満足度>条件面も、仕事内容も概ね希望通りの仕事に就くことができました。

<前職に戻りたいですか?>特にありません。

<転職を考えている方へアドバイス>転職サイトだけだと応募倍率の高さに気が滅入る時があります。また、誰にも転職活動の話ができないということも孤独だと思います。例え有効なアドバイスがなくても、自身のことをコンサルタントに話すだけでも気分転換になりますし、改めて自分を見つめ直す機会になるので良いと思います。

貴重な口コミありがとうございました。


転職エージェントランキング2018年版スマフォ用