若者正社員チャレンジ事業の評判と口コミ│ニート・フリーター・派遣など社会経験が浅い人のための就職支援事業

若者正社員チャレンジの会社 若者正社員チャレンジのロゴ
会社の評判

総合平均3.8点/5

  • 求人満足度評価4点3.3/5点
  • 経歴書の添削評判4点4.0/5点
  • エージェントの知識とサポート口コミ3点4.0/5点

ここがポイント

入社前に希望企業先で実習が受けられ企業を知ることができる

若者正社員チャレンジ事業は、正社員としての実務経験等がない又は、少ないニートやフリーター・派遣の若者を対象とした就職支援サービスです。対象者は29歳以下の求職者で、高校・短大・4年制大学・大学院の卒業後3年以上経過した人となります。

支援内容は一般的な就活エージェントのマンツーマンサポートとは少々異なり、カウンセリングや合同企業説明会・実習前セミナー・15~20日間の企業内実習を経て「正社員」を目指すプログラムとなります。

3年間で約1,000人が参加し700人以上が就職に成功

参加者全体の約60%はアルバイトや契約社員といった非正規雇用者で、約10%は就業経験ナシ、正社員経験者は約30%と大半が正規雇用未経験者です。2014年に開始されたサービスのため比較的若い事業ですが、これまでに約1,000人が参加し7割以上の人が就職を成功させています。

参加者の80%以上は「参加して良かった」と評価。担当アドバイザーはカウンセリング時だけでなく、実習期間中も訪問してくれるので、そういった安心感が高評価へ繋がったものだと考えられます。

実習に参加すると最大10万円の奨励金も!

実習期間に応じて最大10万円の奨励金が支給されるので、「実習期間中バイトができないのは困る」という方でも安心して臨むことができます。

若者正社員チャレンジ事業は、公益財団法人東京しごと財団(東京しごとセンター)より委託を受けたパーソルキャリアが運営しています。パーソルキャリアは、転職支援や派遣事業といった人材紹介サービスを行っていて、就職支援の実績やノウハウに富んだ会社なので、的確なアドバイスやフォローが受けられる期待がもてます。

"民間の支援会社に断れた経験のある人"や、"働く感覚を身に着けてから就職先を選びたいという人"にオススメです。


若者正社員チャレンジの登録前に最低限おさえておくべき5つの項目

公開求人数 非公表(取引企業数は100社以上)
非公開求人数 非公表
職種 営業・事務・製造・販売など多種
求人地域 東京都
拠点エリア 東京都
公開求人数 非公表
非公開求人数 非公表
職種 営業・事務・製造・販売など多種
求人地域 東京都
拠点エリア 東京都
ここがポイント

実習先は東京都限定、育成意欲の高い中小企業が中心

紹介される実習先は13業種、10職種以上です。いずれの実習先も東京都内にあり、若手の育成に力を入れている中小企業です。IT/インターネットや不動産・出版・金融/保険・広告・出版/マスコミと、他業種の企業が参加しているため、さまざまな可能性から希望職種へチャレンジができます。

実習期間は企業によって異なりますが、大体15~20日となっています。離職率の高い会社はブラック企業が多い傾向にありますが、若者正社員チャレンジを通して実習で入った人の約70%の人は継続して企業で勤務しています。継続率の高さから、優良企業の多さが伺えます。

実習先は都内に限定されていますが、セミナーなどに参加できる方であれば、在住地に関係なく利用可能となっています。

若者正社員チャレンジに登録するメリットがある人・ない人

若者正社員チャレンジはこんな人におすすめ

  • 東京都内の企業を探している
  • 社会人マナーなどを身に着けてから活動したい
  • 企業の内部を実習で感じてから入社を考えたい
  • ニートや非正規雇用の経験しかない
  • 未経験から正社員を目指したい

メリットがあまりない人・他社をおすすめしたい人

  • ・東京都以外のエリアの就職先を探している方
  • ・ひとりで就活を完結したい方
  • ・30代以上の方

ここがポイント

社会人経験の乏しい20代のニート・フリーターにおすすめ若者正社員チャレンジ事業

これまでに正社員として働いたことがない人や、正規雇用経験の浅い人は「正規雇用に憧れるけど自分が成れる自信がない」と思い込みがち。

しかし、若者正社員チャレンジには様々な経歴をもった人が参加していて、「就職が決まらないまま卒業し、その後もフリーターを続けている」「正社員で働いたことがない」「正社員として入社したが1年経たずに辞めてしまった」など、一歩が踏み出しきれない人のための支援事業です。

この事業は東京都がバックアップしている支援事業のため、安心して利用することができます。大切なのは『早く就職先を決めること』ではなく『自分に合った企業を見つけること』です。カウンセリングから自分の適性を見出し、実習を通してキャリアをイメージしながら進路を定めていきましょう。

勤務先体験もできる至れり尽せりのサポートです。卒業後になかなか定職につけられなかった20代の方は、得られるものが多くあるでしょう。受ける価値があります。